グータラおばさんの日常日記

秋が好き。夜中に降る雨も好き。
人生の晩秋を迎えて、風に吹かれて
ゆるりとした毎日を過ごしていきたい。

「怒り」を観て。。

2016-09-29 | 映画鑑賞

 

ーyahooさんの画像お借りしました

 

やっと今日映画「怒り」を観に行きました。

久々にうたた寝しないで2時間22分の長尺映画に見入ってしまった。

渡辺謙さん他、松山ケンイチさん、妻夫木くん、綾野剛くん他豪華キャストで

音楽は坂本龍一さん。

 

ストーリーは細かくは言えませんが、一つの殺人事件をめぐる、犯人探しのストーリー

なんだけど、とにかく、皆さんの演技が素晴らしい。

 

たらこ的には綾野剛くんが大好きなんだけど、今回の映画においては妻夫木くんが

素晴らしかった。

 

観た後、夫は結局どういうこと?なんて、とぼけたコメントしていたけどね。ブブブーー

 

見終えた後、どこかで観たような。。。。と記憶の奥にある物語と類似してるような。。。。

よーく思い出したら、2−3年前外国の女性を殺して整形しながら逃げ回った、実際にあった殺人事件、

市橋受刑者の事件に似ている。

 

この事件が映画の基になっているのかも。。。

 

好き嫌いはあるでしょうが、私は「悪人」と同等くらいのめり込む事が出来た映画でした。

 

ちょっと、ハードな部分が多くやや疲れたので、次回はさらーりとした映画を観ようかな

 

ー妻夫木くんと綾野剛くんの絡みはあまり見たくなかった  ー

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

病は気から

2016-09-27 | 自己啓発

朝夕涼しくなり、やっと私の大好きな秋がやってきた〜〜〜

が、今日のたら子地方の暑さといったら夏に戻ったよう。。。

これじゃ、体の方がついていけませんね。

 

 

でね、映画の「怒」を早く観に行きたいのに。。。

2−3日前から夫が風邪で寝込んでいます。

 

長女も行きたいって言うから、二人で行ってもいいんだけどね、

珍しく夫が「後妻業」観に行った後、この次は「怒」を観ようと言ってたから、

やはり夫を残しては行かれないなー

 

還暦過ぎから、夫も私も体力が落ちたなーって思う。

風邪ひくと、まあ長引く。。。。

 

喉の痛みから始まり、微熱、咳。。。。とにかくフルコース辿らないと治らない。

で、やっと治ったと思ったら又ぶり返す。。。。。ふーっ

 

歳のせいで体力の減退ってのは認めざるをえませんが、仕事をしていないって事が原因の一つかな?

 

毎日が日曜日生活は現役の時に比べ、気持ちに張りがないから。

現役の時は、少々の風邪くらいで仕事休めないから、

で仕事に行くと、いつの間にやら治ってたもんね。 

 

ホント、病は気からだと思いまする。

 

気合いだー気合いだー!! 

 

ーワンコとお散歩ー 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怒り

2016-09-26 | 野球観戦

映画「怒」の話ではありませぬ。

先週の金曜日、プロ野球のCS(クライマックスシリーズ)のチケット販売に

伴う争奪合戦のことです。

 

我が家の男子達、夫、娘たちの婿殿2人は大のカープファンです。

今は笑い話にされていますが、夫が5月に心筋梗塞で倒れた時の原因、、、、

 

孫達を家まで、車で送る際、TVで野球中継を観ながら運転してたんだけど、

家を出る時は勝っていたのかな?それが、へぼい負け方(夫の言い方をすると)を

したので、カッとなり心臓が苦しくなったのだそうです。

 

その後は以前、ブログにも載せた通り娘の家で倒れ、救急車で運ばれ緊急手術と

なった訳でして・・・・

 

後々、友人達に病気のことを話すと、「カープが負けたからじゃないの?」

って言われ、「その通り!」と答える私。

大事にならなかったから、皆んな笑い事のように話すので、何ともはや

冗談のように答える私、やや複雑な気持ちでした(笑)

 

話が逸れました。

「怒り」の内容ですが、そのCSチケットをゲットするにあたり、

家族総出でネット、固定電話、携帯電話、

横浜在住の次女夫婦はコンビニに並んでやっと3枚ゲットできました。

 本当は家族全員分の6枚欲しかったのですが、、、、

 

私たちは家で電話とパソコン2台を駆使して頑張ったけど、10分後には

「チケット完売いたしました」とPCの画面に表示されました。

 

次女の婿殿は半日有給までとって頑張ったのに、、、

 

まあ、争奪合戦になるのは分かってはいた事ではありますが、、、、、

 

で、完売発表後すぐ、pcのオークッションにCSチケットが売りに出ていました。

それも良い席なんて1席が5万、10万とか、、、、ヒエーーーーだわさ

 

これって、法律的にどうなんでしょうね。

昔、球場の前で高いチケットを売りさばく「ダフ屋」と同じじゃないでしょうか?

 

25年ぶりに優勝し歓喜に震え最後に頑張った選手達の勇姿を素直に見に行きたいファン

の気持ちを踏みにじって、お金儲けをする心ない人達がいることに。。。。。。

 

 

「怒り」を感じました。

 

又、夫が倒れたらどうしてくれるんじゃーーー(笑)

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

癌告知に思うこと

2016-09-25 | 病気

大切な人が癌で入院したとの事を聞き、昨日、夫と病院へお見舞いに行ってきました。

45年来の付き合いの主人の先輩で、会社独立の時のメンバー、というより

リーダーで、彼なしでは、会社は成り立っていない。

いや業界でも彼なしでは存続しなかっただろうと言える程の人です。

会社が倒産の危機に直面した時も一緒に頑張った戦友のような存在の人でもある。

 

癌だと聞き、お見舞に行くのも気が重たかったが、行かないわけにはいかないよね、と

夫と市内の総合病院へ行き、病室を聞き部屋へ訪れると、

西日が射す病室でコーヒーを飲みながら、リラックスした様子で先輩は座っていた。

 

最初、何と言葉をかけていいか、、、躊躇しながら、「お元気そうで・・・」と、

的外れな言葉をかけると、微笑みながら、

「いやー、来なくって良いって言ったのに、お前たち律儀だなー」と、、、

 

顔のツヤも良く、痩せてもいないので、癌って誤報だったのか、と思った程でした。

すると、彼は治療計画のような書類を見せてくれ、

「ここに書いてあるように、肺癌のステージⅣでもう手術も出来んらしいよ」

「治療方法は抗がん剤で延命治療のみらしい、余命1年半くらいだと言われたよ」

「まあ、来年の春までは、生きられるそうだから、これから忙しくなるなー。

やることがいっぱいあるよ。」、、、、と

 

私と夫は。。。。。。。言葉が出ない。

泣いたらダメだと必死で頑張りました。

そうしたら、彼は「たら子、なんて顔してる、まだ半年ほど時間はあるから、よろしくな!」と

 

まだ半年? ??。。。

私は、あと半年でしょって思った

 

なんてハートが強い人なんだろう、カラ元気出してるにしても、私たちに辛い思いさせないよう

あえて、普通に接してくれ「お前たちは検査をマメにして長生きしてくれよ」と、、

 

最近は、担当医が「詳しい病状やこれからの治療方法を説明しますが本人も含めて聞きますか?」

と、意向を聞くらしい。

 

彼は「妻と子供達を呼ぶので、ここで全て正直に説明して下さい」と、答えたらしい。

そして「まあ、聞いたときは、少々へこんだが、余命も聞いていないと、それまでの準備も

色々しなくてはいかんから、すべて教えて貰ってよかった」と、、、

 

私たちが病院を出る時、微笑みながら、「気をつけて帰れよー」と手を振ってくれた。

宗教に傾倒してる人ではないのに、なぜそこまで自分の「死」に立ち向えるんだろう。。。

さて、私だったら、その時どう考え、どう対処するかしら?

 

本人への告知、余命宣告、しっかり聞いておくべきかどうか、、、、

今の私には、どちらを選ぶべきか見当もつきませんーーーー 

 

帰りの車の中で、夫は静かに泣いていました

 

ー近くの公園ー 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽で心が若き日にタイムスリップ。

2016-09-19 | 趣味

今日も、たら子地方は朝から雨

出かける予定もなくTV三昧でして。。。。

 

昼からは、「Mステ」の特別番組をずっと観ています。

音楽に全く興味のない夫は勿論、別室で野球放送を観ておられますがね。。。

 

音楽って聴くだけで、当時の情景とか、その頃想っていた感情が蘇ってくるから

不思議です。

 

私達の青春時代はグループサウンドからフォークへと移行する時代でした。

中学時代はラジオで深夜放送の「オールナイトニッポン」を朝方まで聞き

パーソナリティーの方へ葉書を出し、読んで貰うと、次の日、学校で大騒ぎ。。。

(単純だったな)

 

あの頃は、フォーククルセダーズ全盛期でした

後々、京都の学校へ進学した時、普通の格好で京都の市電に乗っていて

府立医科大学生(インターンだったかな?)になった北山修さんに会った事が

ありました。

背が高くて素敵な医学生って感じでした。

私と友人はストーカーのように大学の周りをウロウロした懐かしい思い出、、、

若かったし、暇人だったな私。


今、北山氏は精神科医になられているとか・・・ やはりすごい!

できたら、私の心を見てほしいなーーー (冗談です。)

 

あの当時私が一番好きだった曲はALICEの「今はもう誰も・・・」でした。

何故って、、

当時、お付き合いしていた彼氏とギター弾きながら二人でいつも歌っていた曲

だからね。。。。

 

2−3年前たら子の住む地方都市でALICEのコンサートが開催された時、

嫌がる旦那を無理やり(笑)連れて行きました。

そして、この「今はもう誰も」の曲が始まった時、当時を思い出し

涙が止まらなかった。

勿論、旦那には分からないよう、そっと涙を拭いたけどね。


40年以上たった今でも当時のドキドキとワクワクが蘇り

久しぶりに青春時代の淡い気持ちを感じることができました。

現実は隣にいるのは63になった白髪のおっさんだけどね。  

 ちなみに谷村さんもかなりお年を召されていましたが、当時と変わらず素敵なお声でしたーーー

昔、親がTVの懐かしのメロディーなんて観てる時、なんだかなーーなんて思ってたけど

この歳になって、やっと理解できました。

ごめんね。お母さんにも輝く若い時があったんだよね。

 

還暦過ぎてから、懐メロ的な番組に釘付けになってる私。

年取ったなーーーートホホ

でも、たまに青春時代に見た映画を観たり音楽を聴くことは細胞の活性化も

よくなり、お肌と心の若返りに良いことなのでは。。。と思い(勝手に)

宝塚ばかりでなく、懐メロコンサートに行くのもアリかな。。と

 

うむうむ、これからは、どんどん行くぞ!!

 

 

 ー手帳のイラストと同じ形のアラレちゃん的メガネ、最近買ったのーかなり可愛いよー

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日もおヒマな1日でした。

2016-09-18 | 日記

最近、夏バテなのか体調イマイチ

で、どこも出かけず、いつものダラダラたらこ。。。です。

連休はどこも人。人。。。それだけで疲れてしまうしねー

 

夕方、夫が買い物がてらワンコの散歩に行こうかと誘うので、

(きっと、一日中ダラダラ寝てばかりの私の精神状態を心配してくれたのでしょう。。。

 

家の近くはご近所さんに笑顔で挨拶しなくちゃいけないから嫌なのです。

相当病んでるな私

 

で、車にワンコ乗せて15分ほどの公園へ行きました。

近くに住んでる長女一家は婿殿の実家(関西)へ行ってしまったので、

孫連れて散歩もできないし。

夫と二人じゃ話もなく、黙々歩くのみ。。。

 

運動公園では高校生の陸上の県大会をやっていました。

男女共、日焼けした肌がピチピチで何が面白いのか皆んなで大声で笑いころげていました。

フーーー若いっていいなーー。うらやましいよー

 

私たち(夫とは同い年です)も高校生の時、初めて文化祭であった頃は、二人とも若かったよねーー

45年前にタイムスリップしたいなーーー

なんて、話しながら公園を1周しました。

今は、1周するだけで、2人と1匹(暑さに異常に弱いフレンチブル8才)はヒーハーだよ。

お互い、年取ったなー

 

でも、こんな風に昔話しながらテレテレのんびり散歩するのも悪くない。。。。

なんて、少しだけほっこりした気持ちになった土曜日の午後でした。

 

ー運動公園の雀のオブジェ?ー

 

 

 

ー白い曼珠沙華と柿の木ー

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親友の死

2016-09-17 | 友人のこと

毎日更新しようと決めたものの、今日は1日家から一歩も出ず、食事も夫が作ってくれるので

今日の晩ご飯的な写真もないし。。。

困ったな〜書くことが何もない、、、

 

なので、数少ない友人について語ってみようかと。。。

友人は、幼馴染、学生時代、仕事仲間、結婚してからは、ママ友、

家を建ててからはご近所友達。。。。。

それぞれ、その時々で、友人はすぐ出来、毎日のように遊んでいたが、学校が

変わったり、就職先を辞めたり、結婚したり、引っ越し、したりすると

最初のうちは連絡取り合って食事したり旅行したりもしていたけど、

そのうち、新しい友人が出来たり、子供ができ、お互いの環境の違いとか、

経済的にも微妙な差が出来、何となくお互いに気軽に誘い会えなくなってくるものだ。

 

その友人の中に今も忘れられない人がいる。

約10年前膵臓ガンで亡くなったのだが、私の中では一番の親友と思える人だった。

歳は私より3歳上だが対等に話し、言葉はきついが相手のことを常にさりげなく気を使ってくれる人で、

強くて、実行力もあり、今までの人生であった友人の中では一番素晴らしく、尊敬できる人だった。

 

ある日、いつものように会社で仕事をしていると、珍しく彼女の旦那さんから電話がかかってきた。

彼からかかることは、あまりなかったので、何か不吉なものを感じた。

旦那さん(E君)「あー、たらこ?Eだけど。。。。(沈黙)。。。Y子が今朝亡くなったんだよ。。。」

 

「えーーー!!!嘘でしょ。この前会った時、私に、体には気をつけなよ」って元気そうで、逆に私のこと心配してくれたよ。

それに仕事(アパレル関係の店を経営していた)先でもいつもの優しい笑顔で、

「今度韓国へエステに行こうよー 私が連れてってあげるからさーって言ってたよ」と

E君に言ったら、「それはさ、すぐ落ち込む、たら子を心配させないよう、精一杯のカラ元気だったんだよ」と

「だから、たら子が心配するから、病気のことは絶対言っちゃダメだ!と、口止めされてたんだよ。」

本人は、癌の末期だったので辛くて、痛くてキツイ時だったはず。私のことなんか心配してくれなくても、、、

 Y子は亡くなる2日前まで、お店に立ち、にこやかに接客していたらしい。

仕事大好き人間だったから。。。。

 

なんで言ってくれなかったのーーー1番の親友だったのに。

嘘つき。。。と会社の電話の前で大泣きしました。

 

E君「Y子がさ、もし私が死んだら一番にたらこに電話して。そしてたら子が一番好きだったよって伝えてね」

って言われてたんだよ。。。と。

ひどいよーー

なんで病気のこと隠してたん。それに自分の事で精一杯だった私は

Y子が病気だったってことにさえ気づかず自分の悩みや愚痴ばかり話していた自分自身も情けなくて。。。。

 

通夜も葬式も主人が車で連れて行ってくれました。

今の私の精神状態じゃ一人で運転するのが心配だから。。。と。

 

あれから10年経ちましたが、それ以来親友と呼べる友人はできません。

でも一生のうち、一人でも親友と呼ぶことができる人がいたこと。

それだけで満足です

 

しんどくなった時は、いつもY子ならなんて言うかな。。。と想いを巡らせ、

きっと、「そんなことで悩んでるんじゃないよ。がんばんなよ!」って笑いながら言うんだろうな・・・

って、未だに、Y子の強くて優しい言葉に励まされながら、どうにか前に進んでいける

たら子63歳です

 

 

ー近くの公園にてー 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中秋の名月なのに。。。

2016-09-15 | 自己啓発

娘の家のテラスでお月見のセッティングしていたんだけど、お月様は見えなかった。

残念!!

会社を定年ではないが不定期出勤になり、気楽でいいや、、、って思ったのは

1ヶ月位?いや1週間?いやはや3日くらいかな。。。。

自由になったら、家の中の片付けして、なかなか会えなかった友人とランチや旅行とかして、

孫たちの洋服とか手作りを頑張って。。。。

それから、それから。。。と

いーっぱいやりたいことがあったはずなのに、何一つ出来ていない

時間がありすぎて、まあ後でしようとか、まっ部屋が汚くてもいいや。。。

などと楽な方に流される日々。

 

今は、娘たちが誘ってくれる買い物とかカフェ巡りについて回るのみ。

時々夫と映画見に行ったり美術館へ誘われて行くくらい。。。

私の自主性が全くない。ない。なーい

 

これって定年鬱なのかなあ?

自慢してるわけではないのですが、他人から見たら、多分何の不自由もなく幸せな生活を

送っている、のんきな奥さんに見えるらしい。

だけど、心の中にいつもスースーと虚しい風が流れている。

 

季節のせい?ノンストレスだからかなあ?

なんか、つまらない文章だわ。

でも、とりあえずブログは毎日更新しようと決めた以上

もう少し頑張ってみるかな。。。

 

暗いブログ、何が言いたいんだか?

ねえ??

 

 

ー白い彼岸花が咲いていたー

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬眠ならぬ夏眠から覚めなければ。。。

2016-09-15 | 自己啓発

夏が大嫌いな私です。

外に出ると暑くてクラクラするし、夕方少し涼しくなった頃庭に出て

お花に水をやろうとすると、蚊が待ってましたの如く寄ってくるから5分も立っていられないのです。

そんで結局一日中クーラーの効いた部屋でTV見ながらウトウト、ダラダラ一日過ごしてしまう。

で、こんなだらしない生活を送っている自分に自己嫌悪 これが毎年の私の夏なのです。

 

でも、もう9月。。。。。。

そろそろ目を覚まさねば、外に出ねば、習い事も真面目にやらねば。。。。

気持ちは、ねばねば、、、でいっぱい。だけど夏の間デレデレした体と心はなかなか、思うように

動いてくれません フーーーつ

 


体と心のリハビリのため本屋さんをぶらついていたら、、、

本屋さんで、私にぴーーーーったりの本、みーつけー

 

そう、この本前から気になっていたのです。

ごちゃごちゃの部屋をすっきり片付け、必要ないものは捨てるか売る!

そして、人間関係もすっきり捨てる、、、のはちょい、すぐには難しいが、

モヤモヤする友達関係は徐々に切っていくこと。

余計なものを捨てることによって本当に必要なものが見えてくる。

 

そうなんですね。今まで、こうしなきゃ・・・と思っていたこと、つい囚われてしまっていた

考え方の癖、それらを止めることができたら少しずつ生きるのが楽になっていくかも・・・・

 

この本、漫画ですから分かりやすくあっという間に読み終えました。

オススメの一冊ですぞ

 

 

ー 稲穂が揺れる田舎の風景 ー 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

50年ぶりに平和記念館へ行きました

2016-09-14 | 思うこと

 

 

 

資料館行くのは小学校の修学旅行以降だから51−2年になるかな。

平和公園は、散歩に来たりと何度も訪れたのですが、

資料館へは怖くて行かれなかった。

小学生の時みた、暗い資料館のあまりにリアルでひどい状態の人形や焼き焦げた服、

それは現実のものと思えず、泣きそうになる友人と下を向いて震えながら出口へと向かった。

 

しかし、あれから50年、夫と、たまたま平和公園の前にあるレストランで昼食を食べている時夫に

私「資料館、行って見る?」というと、 夫「いつも行こうかと誘うと、ぜーッタイ行かない!って

言ってたのに、大丈夫なんか?」

私「うん。なんか、子供の時はお化け屋敷に入るような感覚で、原爆のことも知らずちゃんと見なかったから、

死ぬまでには一回ちゃんと目を開けて現実を見ておかなければって気持ちになったんよ」と。。。

 

ちょっとドキドキしたけど、50年前と異なり館内は清潔で変なにおいもしなくて、美術館のようになっていた。

外国の方も英語で書かれている説明書きを悲しそうな顔をして真剣に見ていました。

 

オバマさんが折られた折鶴も飾ってありました。

8月6日の原爆の日、テレビでオバマさんが広島へ来られ広島の被爆者の方と抱き合っている姿に感動を覚え、

オバマさんがどんな気持ちであの折り鶴を折ったのだろうと思い、もう一度訪れようと心に決めたのです。

 

 

 

これで私の中で原爆に対して、目をそらしていて、すっきりしない罪悪感のようなものから解放された気がしました。

とても暑い日でしたが、心に爽やかな風が吹き抜けた気がしました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加