クラシック金沢 Classicalmusic&Concert Kanazawa

ヤギヤ店主の日常を綴ります。クラシックライブ、バイク、日本酒、金沢の工芸など趣味と仕事の毎日(笑)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コンサート 内藤晃の音楽探訪vol.1 ~作曲家たちの最後の日々~

2018年05月25日 11時41分56秒 | コンサート

2018年4月15日

さて、今回は内藤晃さんを中心に、クラリネット奏者の竹内久力さん、ヴァイオリン・ヴィオラ奏者の亀本侑次さん、フルートや歌の松本佐智子さんの四人での演奏会でした。

ピアノの内藤晃さんは主に関東で活動しています。

おんがくしつトリオというユニットのメンバーでもありますが、このおんがくしつトリオは名前から想像できないくらいハイレベルな演奏をするユニットなんですよ。

以前、ヤギヤにも出演していただきましたがその演奏と会場を盛り上げるパフォーマンス(?)には驚きました。やはり演奏会は演奏技術はもちろんですが、その時間をいかに楽しく、お客様を引き付けるかが大切だと感じた次第です、はい。

今回は四人の作曲家の晩年の作品を通じて、作曲家のこれまでの曲作りという仕事やそれに対する想い、そして私生活と音楽との関りなどの解説を交えての演奏会となりました。

歴史に名を残す作曲家といえども一人の人間ですからね。いろいろあったと思います。

今となっては謎の部分もたくさんありますが、残された資料や楽譜から想像していくと曲やその人の捉え方がどんどん変わっていきます。

そんな思いを重ねながら演奏される曲を聴いていくのもクラシック音楽の楽しみのひとつじゃないかな~なんて。

偉そうなことは言えませんが、それは個人の自由なのでみなさんもいろいろと妄想してお聴きください(笑) 

内藤晃さんのピアノはとてもダイナミックで音楽性に溢れていますし、小さな音から大きな音まできっちりと聴かせてくれます。

初出演の竹内久力さんのクラリネットは音色が綺麗でうっとりしますね~

実は最近初めてクラリネットを吹かせてもらったんですが、音がなかなか出ないんですよ(^^;

やっと出た音もなんだか「プホ~」って感じで変な音しかしません。。。どうやったらあんな音色が出せるんだろう。

簡単そうに演奏していますがすごくたいへんなんだなー ということが体験してみて初めて実感として理解できましたよ。

音楽ができるって素晴らしいですね。

これからのみなさんのご活躍がますます楽しみになりました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ティータイムコンサート 川... | トップ | 立見一 ソロ・ギターコンサート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コンサート」カテゴリの最新記事