魔女の気まぐれ

修行中の魔女と、愛犬メル、ピノのほんわかハッピーライフ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

wow!

2007-04-30 20:44:47 | Weblog
 
東風ライヴではなかったけれど、だーさん、とうとう踊ってくれました。
かなり照れながらのカチャーシー


東風の「秘密の歌」のような気分。

 ただの紙切れに君が僕への想い書いてくれたね
 すごくうれしくて、何度も読んだよ
 大事なものってそんなものだろう ♪


たったこれだけで、特別なことなんだよね~


この曲、ハッピーな気分になれる、お気に入りの1つです。


この歌知りたい?
まだ、ライヴかDVDでしか聴けないんだな~~



             ジラシ屋majoでした 
コメント (4)

踊ろうよ! 2

2007-04-27 12:17:28 | 音楽
 
昨夜は、大好きな東風が川口で初ライヴでした。
帰りは終電になること確実。

今、夫が心身ともに疲れているんですよね。
でも、私もリハビリしたい。
東風は気になるけれど、早めに帰れる近場でライブに行こう!

またまた、ゆうなんぎい「琉」さんの歌を聴きに行きました。
イベントで一度聴いただけど、心にすっと入ってきて、その場でCDを買ったmajo注目のアーチスト。

実は、琉さんも、東風を通じて知ったのです。
私の心と眠りの回復に、どれだけ東風が力を与えてくれているのでしょうね。


オリジナル曲をあまり聴けなかったのは残念でしたが、
逆に、知っている曲ばかりだったので、また弾けましたよ!


  オリジナルばかり歌う東風はスゴイな!



昨日は古いつきあいの友人と2人で行ったのですが、独りで来ていた女性たちと合流し、
最後は4人で飲んでいました。
一人の方とは、次の東風ライヴもご一緒できることになりました~ 




  



  荒れる海をも知っている 暗い空さえあるけれど
  花は紅く染まって待つ 君のまた来るいつかの日

  白い砂浜拾ってよ
  小さな星の形した星砂の話しを聞かすから
  いつでもまたおいで

  悲しい事も切ない事も たくさん多くもあったのに
  胸に込めた明日への 希望を抱いて今踊る

  空にかざせ手を振り上げて
  刻むステップ踏みながら
  忘れない仰いだ空と
  肝(心)に響いたあの歌を

    「ティダヌファ『太陽の子』」琉 より抜粋


 琉さんの声は、優しく、胸に響きました。


だーさんを心配しつつ・・・
また、もっと知りたいアーチストが増えちゃった

ナント、ゆうなんぎいには、29日にも行きます。
高根さんが来るそうなんで
休日出勤になってしまった夫とお店で待ち合わせ。
ライヴに間にあうといいんだけれど。
たまには、一緒に弾けて、発散してくれるといいな~
このあいだの東風ライヴでは、いい感じだったから、今度こそ・・ 

歌は、私より、夫の方がずっとずっと上手なんですよ。



だーさん、今度こそ、一緒に弾けようよ、踊ろうよ! 


  ムル ティアギティ スラ カチャーセヨ!
 (皆 手上げて 天をかき回すように踊ろう!)「太陽の子」から






コメント (4)

楽園

2007-04-25 08:24:15 | Weblog

小さなバーやクラブの入ったビルが並ぶ銀座の横丁を入っていくと、大きな重い鉄の扉がある。
おし開けると一瞬ふわりとした感覚に襲われ、もうっとした霧につつまれる。
軽いめまいがして、目を開くとそこに公園が・・・。

スーツの上着を脱ぎ、ネクタイをはずした男たちが、声は出さずに遊んでいる。
しかし、笑顔だ。

誰も、滑り台は欲しがらない。
懸命に登って、力を抜いてするすると降りる登り棒などは、見たくもないのだろう。
あるのは、ブランコ、回旋塔、シーソー、ジャングルジム。
なんとなく人生をあらわすような遊具が多い。

比較的若い男たちは、自分の力で登って、自分の足で降りるジャングルジムを好む。
ここを訪れる予定は、ジムと手帳に書き込んでいるそうだ。

そろそろ定年が視野に入ってくる世代に人気があるのはブランコだという。
彼らは、銀ブラと呼ぶ。

ここの遊具は、すべて、はだかの鉄がむき出しだ。
ダークスーツのズボンと、白いワイシャツ。
色はほとんどなく、白黒の濃淡だけの暗い空間。
しかし、家族を背負って働く男たちには、夢を見る遊び場らしい。


Billy Joel "Allentown"


   *     *     *     *     *   

これは、東風の高根さんのMCをもとに私がイメージした大人の公園。
お嬢さんと2人で公園に行き、ブランコに揺られながら、
「大人の遊ぶ公園があってもいいんじゃないか?」と思ったそうです。
鉄がむきだしというのは高根さんの描いたイメージ。
あとは、どんな感じだったのでしょうね?

大企業にしばらく勤めていた私が、これをヒントに考えついたのは、こんな感じでした。


さて、実は、今日も東風ライヴに行きます。
何度同じ曲を聴いても、私のコンディションや、周囲の人々の出す音も色も違います。
東風の2人のその日の感覚が加わり、毎回違う選曲ですから、同じライヴは2度とありません。
今日は、どんな夜になるかな? 
コメント (8)

季節到来

2007-04-24 10:33:03 | Weblog
 
  

   今朝の掘りたてです

小さいけれど、2人でちょうどの大きさ♪
私は下手っぴ~なので、先輩わんこママに掘ってもらいました。

今日は休肝日にしようと思ったけど、 無理だな・・・。
掘りたてって、ホントに美味しいんですよ。 


あいにく、カメラを持たずに散歩に行ったので、ワンコたちの写真はありません。
ピノは、遊ぶのに夢中で、全く興味示さず、走りまわっていました。

また、あんな光景 、こんな姿 が見れるかな?

さて、次回、ピノは食いつくでしょうか?
メルは、もう味を覚えてしまっているから、教えるのかな・・・
コメント (4)

ウフフな顔・顔

2007-04-23 09:09:28 | Weblog
昨日も東風ライヴ。
ゆっくり聴ける近所のお店だったので、夫と二人で行きました。

デート気分を味わうために、わざわざ別々に出かけて行きました。
でも、夫は自分が〇〇バシカメラに行きたかったからで、
私がそんな気分でいたなんて知らなかったご様子。
後で教えたら、ニヤニヤしていました・・・? 


待ち合わせの場所に行く途中、老夫婦に道を尋ねられました。
同じ方向だったから、一緒に行ったので、ゆっくり歩いちゃった。
そんなこんなで、上手く会えなかったのだけど、いいことした気分で、
私は最初から、御機嫌。 


そして、こんなところで、またもや強運が・・・
手を伸ばしたら、高根さんに触れそうな間近の席。 

ギター弾く手が目の前。
奥さん、旦那さん放ってまた自分の世界に入り込んでいますよ!!
と言われそう。 


そのうえ、弾けた姿を、久しぶりに夫に見せちゃった。 

ここで、「WO!KINAWAダンス」やると思わなかったわよ・・・。
前奏が流れてくると、立ち上がらずにはいらません。
主に傍にいる子供たちに向かって踊っていたんだけど、

ときどき夫に目をやると・・
WOW! 立ち上がっていないものの、振り付けまねてくれています。
やったね~! 
しっかりチェックしてたよ。 



またもや、奥さん、大失敗か・・・
と、思ったら、元気そうな私を見て、ホッとしてくれたようでした。



夫の好きなアーチストのライヴにつきあって行くのって、私は好きなんだ。
彼の好きなもの、時間を分けてもらっている気がします。
これも伝えておけばよかったな・・・


夫は、日本人アーチストだと、仕事人の頭になっちゃうことがあります。
冷静に聴いてしまった時間もあったみたい。
私が全く気づきもしなかった、お客さんとの会話まで聞いていたそうです。

最近、また、お疲れ気味で心配だったのだけど、
ギター弾きたい気分になったそうです。
よかった、よかった。

高根さんのギターをしきりに見る目、音楽少年だった顔が少し出てきていました。
仕事人と夫である以外、あまり見せない顔を持っているんだよね。


みんな、いろんな経験してきて、いろんな面をもって、その人ができているのね。
「私はこんな人」「〇〇さんはこんな人」って決めつけないで。


帰り道、
「あんまり、アーチストさんにわがまま言っちゃだめだ。
 そっとしておいてあげなさい」
と注意は受けたものの、スキップしそうな夜でした。 

離れていたけれど、気分は一緒に踊っていたし、コレももらっちゃったんだもの。


     
東風のお友達ハッピーゴリラかなめさんが来ていて、パフォーマンス見せてくれたの。

パンダは手を挙げてもらったけれど、
黒のプードルは、ライブ後にお願いして、わざわざ作ってもらいました。



  
    コンニチハ 

  
あ、やっぱり、ワガママでしたね。 


いいんです!
そんなところも、弾けやすいままの部分も、主婦であることも全部、私なんだから。




追記

昨夜書いたものは、もっとネガティブな表現で全面的に書き直しました。
鈴木ヒロミツさんのインタビュー記事を読んで、うれしいこと、楽しいことから、まず感じようと思いました。



コメント (9)