魔女の気まぐれ

修行中の魔女と、愛犬メル、ピノのほんわかハッピーライフ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

21才

2014-07-05 13:24:50 | 病気のこと

今日で脳出血起こしてからちょうど21年です。
体内年齢も21才でいい感じ。

もう検査も必要ありません。

いろんなことに感謝する日です。


今日の一皿

2014-06-28 23:25:28 | 作る


今日も夫は休日出勤で帰りも遅く、10時過ぎに夕食。

かわいそうなので、リクエストに応えて焼きなすと生ハムの冷製パスタです。

もうずいぶん前に俗にいう規則正しい生活はあきらめました。
じゃないと夫に会えないんだもの。
主治医も公認。 

コメント (2)

きらきらひかる

2014-06-26 21:10:02 | 読書

Billy Joel - She's Got A Way (HQ with lyrics)

 

ラジオからなつかしい曲が流れてきた。ビリー・ジョエルだ。僕は、なぜだか泣きたいような気持ちになった。不安定で、いきあたりばったりで、いつすとんと破綻するかわからない生活、お互いの愛情だけで成り立っている生活。~ あしたもあさってもその次も、僕たちはこうやって暮らしていくのだ。
  「きらきらひかる」江國香織より 



アル中で情緒不安定の笑子と、ゲイで恋人がいる睦月はすべてを許しあって結婚して、睦月の恋人の紺と笑子はとても仲がいい。ことは複雑そうですが、皆不器用ながら愛し合っていて、思いやっています。

 

 

何か感じるものがあると思うからと、夫が私に買ってきてくれました。 

私と笑子の危うさを重ねていたようです。

そのころの私は夫の友達の家でびゃあびゃあ泣き出して、人だけでなくその家の愛犬までも困らせたこともあったし、妄想じみたことを言い出して姉を怒らせ、夫になだめられたこともあったのですから、情緒不安定もはなはだしかったのです。

でもきっと、こんな私を許してくれていると伝えようとしてくれたのでしょう。 

ワーカホリックの夫(本人は違うというだろうけれど)と慢性的なうつ病の妻、こんな夫婦がいたっていいですよね。 


愛読書

2014-06-25 21:52:40 | 読書



好きな作品は何度も読み返します。
だから、ボロボロ。

不安定なときは新しい本は読めないのだけれど、この4冊はいつでも大丈夫。


「やっぱりおおかみ」を読んだ後は少し勇気がでます。

「きらきらひかる」はミントジュレップが飲みたくなるし、夫に会いたくなります(夫が留守のとき)。

「リトル・チルドレン」は誰かを抱きしめたくなります。

「西の魔女が死んだ」はやわらかなラベンダーの香りに包まれて眠りたくなります。



レビューを書くのはあまり得意ではないのだけど、読書というカテゴリーを作ってみました。
そのうち書いてみようかな。


久しぶりに病気の話

2014-06-24 20:49:27 | 病気のこと

昨日、15年使っている換気扇を掃除していたら、重曹でこすりすぎたのか、塗装がはがれてきた。

なんか、私に似てる。
くたびれているものに、頑張れって磨いても、もうぽろぽろと身が削れていくだけだ。
 

私の鬱は重度ではないけれど完全に慢性化している。
気合いを入れれば大抵のことはこなせるので、他人からみると、私のどこがうつ病なんだろうと思うようだ。
ときどきであれば、友達と出かけることもできるし。

でも、頑張った翌日はほぼ使い物にならない状態。
毎日予定が入っていると憂鬱になってしまうひきこもり。
本格的にエンジンがかかるのは夜の8時頃から12時ごろまでの短時間。 

これが現実の私だ。

夫にたくさん手伝ってもらっているので、家事がまわらないわけではないし。
夜は動けるので夕食も凝ったものでなければ用意はできる。

私もなんとか動けている換気扇状態だけど、買い替えるわけにはいかない。
なら、このままでいいかな? という開きなおりが出てきた。


活動的だった私にもどらなくてもいいじゃないか。
働けなくなった自分を責め続けているけれど、もう諦めてもいいころだ。
SNSで活躍する友達を見てあせるのはやめよう。 

 

今を受け入れて(夫には協力をしてもらわなければいけないけれど)闘病をやめようかと思いはじめました。

今日、病院でこの話をしたのですが、主治医も開き直りも一つの手段だと認めてくれました。

危険なので通院も服薬もやめはしませんが、明日から一種薬を減らして様子をみることにしました。

 

身の程を知って、ハードルを思い切り下げてみようかと思います。