負けてらんにぇ ! みんなでなんとかすっぺ !!

南相馬市から新潟県三条市へ集団避難→同市内の雇用促進宅に→2015.2~同市内の戸建に転居 妻と二人暮らし。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

難しい春風 2

2018-05-02 18:30:13 | 原発震災避難者




単純に決めてかかると

世の中を見誤ります



事実は

その裏で予想しない展開に

なっていることがあります


                (3につづく)






コメント

難しい春風 1

2018-05-02 15:38:08 | 原発震災避難者




一樹春風有両般

南枝向暖北枝寒

(いちじゅのしゅうんぷうりょうはんあり

なんしはだんにむかいほくしはかん)



一本の樹に春風が吹いた


南の枝には暖かく感じても

北の枝には届きません

同じことが起きても

違う育ちをする二つの枝


だから

「春風が吹いて よかったよかった

これでもう花が咲く」と

もろ手をあげて

喜んでいるわけにもいきません


                 (2につづく)






コメント

いい話と記憶 2

2018-05-02 11:52:13 | 原発震災避難者




誰かと一緒に囲んだ食事


食べた料理とその時の会話が

同じ記憶の中に残ります



幼い時に食べた干し柿の味は


亡兄の戦争体験の話を思い出させ

お寺でいただく白粥の湯気は

すがすがしい心と

修行の決心の象徴となって

記憶に残ります



引き継がれたおふくろの味噌汁の味は

忘れていたやさしい語り口を

蘇らせてくれます






コメント