こんにちは!年金者組合南大津支部です。

高齢者が安心して暮らせる社会を!

7月の行事予定

2011-06-30 | 他団体取組み

                          7月の行事予定

 

7月4日(月)   グランドゴルフ      於・リバーヒル大石    10時集合

7月12日(火)  はじめませんか?川柳     於  吉田宅    10時

           組合員さんの要望で一度集まって川柳を作ってみようか・ということになりました。     

             興味ある方 ぜひお出でください。作ったことないけれどサラリーマン川柳は面白い                                                                                       なあと思われている方もいらっしゃるのでは?そんな方もどうぞ!

7月19日(火)   パソコンであそぼう      於・小林宅      10時

7月28日(木)   県本部定期大会     

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パソコン教室

2011-06-30 | 他団体取組み

28日はパソコン教室の日でしたが集まった人数はいつもより少なくて5名でした。

暑いのかなかなか調子がでなくて他の話になってしまうことも多かったのですが、Hさんは講師のサポートを受けて、写真入りの名刺つくりに挑戦しておられました。

パソコン教室の中では70代後半の人もおられますが、インターネットやブログにも挑戦されておられます。

参加者の方はそれぞれ水準が違うので、各自のやりたいことを目的をもってやり、わからない所を講師の方に教えてもらいながら

徐々に力をつけていっています。

唯、月一回ではなかなか覚えにくいということもあり今後どうしていくか考えていく必要がありそうです。

この日は講師の方が年金者組合に加入してくださいました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彦根・愛犬支部ブログ

2011-06-27 | ニュース

彦根・愛犬支部のブログはブックマークにも載せていますが、毎日 更新されていて、消費税、年金のことなども、とてもわかりやすく書かれています。是非 お読みください。

又、愛荘町の村西町長さんが平和行進の時に歓迎の挨拶をされたときの話の内容も大変元気づけられるものです。

下記URLをクリックしてお読みいただければ載っております。

http://d.hatena.ne.jp/urori4238/20110624/1308891070

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年金学習会から

2011-06-19 | ニュース

             私たちの年金はどうなるのか?

(河崎さんの年金学習会での話をまとめ、支部ニュースに掲載した文です。)

年金制度の現状などもよくわかり、今後の運動へとつなげていかなければならないと思いました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怒りの集会

2011-06-16 | 写真

昨日の県庁前昼休み集会には100名余が集まり、今回の年金0.4%引き下げや介護保険と後期高齢者医療制度の改悪に「怒」のプラカードを高くかかげ抗議の声を響かせました。

集会のあとチンドン屋さんを先頭に県庁前周辺をデモ行進しました。にぎやかな太鼓や鉦の音に道行く人たちが驚きの表情でデモを見送っていました。

 

                                  ( 写真は彦根・愛犬支部ブログより提供頂きました。)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6・7月の行事予定

2011-06-11 | 他団体取組み

                   6・7月の行事予定

    6月3日(金)   グランドゴルフ       リバーヒル大石にて10時集合

    6月15日(水)  県庁前集会

    6月28日(火)  パソコン教室      小林宅にて 10時より

     7月4日(月)   グランドゴルフ     リバーヒル大石にて10時集合

     7月28日(木)   県本部定期大会    草津まちづくりセンター

   瀬田地域でざっくばらん懇談会を予定していますが詳細については後日お知らせします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南大津支部ニュース第23号より

2011-06-11 | ニュース

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知事に請願書提出(年金滋賀NO・256号)

2011-06-11 | ニュース

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

介護保険法改正案について

2011-06-10 | ニュース

2011年度の制度改正に向けた介護保険法改定案が国会で審議されています。すでに衆議院を通過し、参議院で審議されていますが、

大震災の中、重大な問題点を国民に伏せたまま成立させることは許されないと医療・介護関係者が声を上げています。

たくさんある、この法案の問題点のいくつかを検証してみよう。

 問題1

社会保障に対する国の責任を放棄自冶体による介護給付付格差を拡大する「総合事業」(軽度者切り)の突破口を狙う法案である。

介護や通所介護などのサービスを受けられます。しかし新たな仕組みでは、「総合事業」を実施する市町村が要支援者を

保険給付の対象から外し、「総合事業」の対象に移すことが出来ます。保険給付のような全国基準がなく、市町村の

裁量でサービスの切り下げがかのうです。「総合事行」を実施する市町村は少ないと言われますが、将来的には

給付抑制のため広がるかもしれません。何よりも、「被保険者の権利」が崩れることを危惧します。

問題2

 新たな給付削減・利用者負担増が検討されている。低所得者への施設の食事・居住費負担軽減措置の改悪と、多床室でもホテルコス     ト  導入

法令でなく、政省令でこれらを出来る仕組みに変える。今までは、在宅では金銭的に生活困難でも、施設に入ればなんとかなった。

しかし、低所得者は更に施設からも排除されてしまう。

問題3

公費負担を増やさない事を前提にした財政規則の枠組みです、各都道府県の財政安定化基金を取り崩し、介護保険料の軽減等に活用。

地域包括ケア(複合型サービス)と言う新しいサービスを提案するが、それを支えるには財源の確保が必須。

だが、公費でそれを補うきがない。消費税や、保険外事業の充足でサービスを提供する意向を示している

そうなると訪問・通所介護、訪問看護、訪問・通所リハビリテーション、新設の巡回型訪問介護・看護など、すべての在宅サービス

の報酬が、将来的には市町村任せになっていく可能性があります。市町村の財政事情によって報酬が引き下げられかねません。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いわき市災害ボランティアに参加して

2011-06-09 | ニュース

いわき市災害ボランティアに参加して

コメント
この記事をはてなブックマークに追加