日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

文大統領と北朝鮮代表団 南北統一チームを応援 平昌五輪

2018-02-12 | 歴史の流れは平和外交

【ソウル=栗原千鶴】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と、平昌冬季五輪を機に訪韓中の北朝鮮の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長と金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党中央委員会第1副部長らは10日夜、江陵市内で、アイスホッケー女子南北統一チーム「コリア」の試合を観戦しました。

 文氏と金氏らは、ときには言葉を交わしながら選手の奮闘に拍手を送ったり、席から立ち上がったりして応援しました。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長も同席しました。

 試合後、4人は選手らを激励。記者会見で北朝鮮のチョン・スヒョン選手は、「よくやったと声をかけられた。結果が出せず恥ずかしい」と述べました。またバッハ会長から「勝敗も重要だが、同じ民族が一つの目標のために走ったことが最も重要だと声をかけられた」と話しました。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« きょうの潮流 | トップ | 森友公文書改ざん事件 ― 官... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史の流れは平和外交」カテゴリの最新記事