日本共産党さいたま市南区委員会へようこそ!

平和・民主主義・暮しを壊す逆流に立向かう党、どの分野でも改革と打開の展望を示す変革者の党、国民多数の合意を得てすすむ党。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パレスチナ問題 日本共産党の立場 ― 占領地からの撤退 双方の共存を

2018-05-21 | 国際ニュース・世界情勢

 日本共産党は、パレスチナ問題について1970年代から一貫して次の3点の原則を主張してきました。(1)イスラエルが全ての占領地から撤退すること(2)パレスチナ人に独立国家樹立を含む自決権を完全に保証すること(3)パレスチナ、イスラエル双方が互いの存在を認めて共存を図ること(2国家解決)。

 イスラエルが強行しているパレスチナへの違法な入植地拡大に断固反対を貫くとともに、日本政府に対してはパレスチナを国家として承認するよう求めてきました。

 トランプ米大統領がこれまでの米国政府の立場にも反して、エルサレムをイスラエルの首都と認定し、大使館をエルサレムに移転した(14日)問題では、イスラエル・パレスチナ問題の解決に関する国連の諸決議に反し、問題の公正な解決、中東の平和と安定に逆行する暴挙だとして厳しく非難。大使館移転を前後してパレスチナ人が行った抗議行動への発砲など、イスラエル側による残虐な弾圧に対しても即時中止を訴えてきました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 国会会期末まで残り1カ月 ―... | トップ | 禁止条約を力に世論を今こそ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際ニュース・世界情勢」カテゴリの最新記事