ひろふみのブログ☆

囲碁棋士大橋拓文のオフィシャルブログです。

親愛なるモンテカルロへ

2009-02-11 16:50:07 | 囲碁
嗚呼親愛なるモンテカルロ

君のクレイジーなる切断は

僕の切なる訴えを

強靭な いし を持って

しりぞけた

あなたの思考回路は神出鬼没

立ち居振る舞いは千変万化

その深い呼吸は百戦錬磨

美しい姿は未来永劫

輝き続ける

(最下部に訳あります)

えっと、バレンタインが近いから、恋の詩

ではありません。

実は昨日、世界最強のコンピューター囲碁ソフト
「Crazy Stone」(クレイジーストーン)と対戦してきました。
こちらは、4人のチームで、電通大の研究所に乗り込みました
このソフトは、モンテカルロ法なる方法で着手を決定しているようです。

僕はまず星目(9子)で対戦コミは1目半
これは僕の半目負け。
半目ですが、これはモンテカルロ法は優勢になると半目勝ちを目指して打つためで、完敗でした。
特徴としては、シチョウが苦手なため、そこで序盤は得しました。
しかし、劫の振り代わりの計算は正確なので、中盤に劫を仕掛けましたが、
的確な対応にあい、そこで勝敗が決しました。
終盤は半目勝ちを目指すため緩い手もありますが、全て読みきられました。

続いて9路盤でコミなし。
これも僕(白)の完敗。
ことごとく、勝負手をよみきられ、およそ盤10の形勢になりました。

このままでは帰れない
ということで、9路盤、互先の勝負をすることにしました。
1局目 黒Crazy Stone 白ひろふみ

白18まで白優勢。Crazy Stoneは不利になると勝負手を連発する。
34手以下略 白中押し勝ち ひろふみ1勝 Crazy Stone 0勝

2局目
最後に詳細解説

3局目 黒ひろふみ 白Crazy Stone

白2,4,6は斬新
しかしちょっと疑問?
45手以下略 黒中押し勝ち ひろふみ2勝 Crazy Stone1勝

4局目 黒ひろふみ 白Crazy Stone

6(51)32(53)
白8で24にはねられたら、黒苦戦では?
黒9となれば黒やれそう。
この碁は特にそうだが、不利になったあとのCrazy Stoneは勝負師です
53手完 黒中押し勝ち ひろふみ3勝 Crazy Stone1勝

それでは、最後に2局目の解説。
黒ひろふみ 白Crazy Stone

2(52)13(41)24(50)33(54)38(50)

嗚呼親愛なるモンテカルロ

君のクレイジーなる切断は
(白12、感覚的にも理論的にも最善と思われる。クレイジーどころか絶妙手)

僕の切なる訴えを
(黒11、13は勝負手。黒17にはねでは負けと見た)

強靭な いし を持って
    ↑Stone

しりぞけた

あなたの思考回路は神出鬼没

立ち居振る舞いは千変万化

その深い呼吸は百戦錬磨
↑の3行は白18~白36あたりのこと

美しい姿は未来永劫
(最後は劫を読みきられた。ちなみに劫の語源は未来永劫からです。
 9路盤とはいえプロ互先初負けか歴史に残るか

輝き続ける

UEC杯コンピューター囲碁大会

コンピューター囲碁最前線


ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 反省~「ダンゴ25兄弟」 | トップ | 本の紹介 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (TAUC)
2009-02-12 00:30:55
こちらでは始めまして。
以前、東京都本因坊時の大橋少年と全国大会で対局したことがあるTAUCと申します。
10日は、私の県の選手権者もモンテカルロとの対戦の為上京した模様です。
対局前の分析では、中盤まではかなり差をつめることが出来ても、終盤の逆転は難しいと分析していたようです。
棋譜を拝見させていただきましたが、範囲の狭い9路盤は本当に強いですね。
驚き (迷人)
2009-02-13 11:45:00
コンピュータは将棋ではプロにかなり迫っていますが、囲碁ではまだまだと思っていました。19路ではまだまだなんでしょうが、9路ではかなりの所まで来ているのですね。と言うことは、もっと大型で高速なコンピュータが出来れば、人間は抜かれてしまうのでしょうか。ショック!!
ところで、19路の場合、コンピュータは現在どのくらいのレベルなんですか?大橋さんに何子くらいなんでしょうか?
たしか向井3姉妹のお一人が… (研航)
2009-02-13 19:23:36
昨年、9路互先でコンピュータに負けたと、囲碁将棋ジャーナルで報じられて、当時司会の井澤四段が驚いていた記憶があります…(違っていたらごめんなさい)

…AMIGOの2次会で夫婦で参加して、学生さんと勘違いしてお話いただいたものです。当時は失礼しました。今回は、またみつさんのgoxi記事からトンできました。…
モンテカルロ (ひろふみ)
2009-02-13 21:54:03
TAUCさん
お久しぶりです!^^
そうです。その方たちと一緒に行きました!
9路盤では、かなり早い段階で
精度の高い読みを見せつけてきます。
恐るべし!

迷人さん
19路でも打ちましたが星目では上手が苦しいでしょう。
7子ぐらいが、今のところ丁度いいですが、
5子になるのは、すぐだと感じました。
ただ、大型で高速になれば抜かれてしまうということでもないようです。
囲碁は奥が深いですね♪

研航さん
とんできてくれたんですね^^
ありがとうございます♪
そこまできましたか (八歩)
2009-02-13 22:06:46
王メイエン九段が書いていた「乾杯モンテカルロ」で、九路定先でまけたことを書いておられましたが、ついに、ここまできましたか。
変な手を打つんだろうなと思い込んでいましたが、そうではないですね。こういう人工知能の作った人間は、賢いな、とおもいましたよ。
乾杯 (ひろふみ)
2009-02-16 10:10:30
八歩さん
強いですね。
面白いのは、人間のような思考方法なところです。
例えば、同じ1手目にたいして違う2手目を返してきます!データで碁を打っているわけではないのです!オドロキ!!

コメントを投稿

囲碁」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

第109回新囲碁ボケお題発表 (碁盤を囲んで)
第109回新囲碁ボケお題発表突然ですが、碁とは何か、碁に勝つとは、どういうことなのか、そして、強くなるために必要なこととは何なのか・・...
歴史的一局?に立ち会った (京都でつづる囲碁の品格)
目撃してしまいましたよ。バリバリの若手プロ棋士が...コンピュータに...9路とはいえ、互先で敗北を喫するのを。 ナメてかかったとか、ポカでふギャっといったとか、そういうのじゃないのは現場にいたからよくわかっている。 棋譜をふくめて詳しくはご本人の...
対決CrazyStone1 (nipparatの日記 囲碁 不思議体験 )
☆クレージー・ストーン(CrazyStone) 週刊碁に掲載された世界最強の囲碁ソフト・クレージーストーンに興味を持ち実際に対局したいと考えていたところ、思いがけずきっずファイブの社長またみつさんの仲介で実現することになった。 クレージーストーンはフランスの情報処...