ひろふみのブログ☆

囲碁棋士大橋拓文のオフィシャルブログです。

北海道の話

2015-06-10 21:53:53 | 季節の話題

先日打たれた本因坊戦第3局のため、北海道札幌に行ってきました。

私は現地の大盤解説でしたが、初めての事で少し緊張。

聞き手は地元北海道出身の下坂二段と、関西棋院の吉田美香八段        えっ?

私の記憶が確かなら、吉田美香八段といえば、大先輩だったような

子供の頃女流本因坊戦を並べたような・・・

NHKの囲碁講座、お見合い大作戦を見てたような・・・

そろそろ私もお見合いせいっという神の声か

これはきっとパンフレットの印刷ミスで、きっとぼくが聞き手のはずだ

と思いながら現地へ行きましたが、やっぱり私が解説でした。

さて、対局の方はというと、個々の手、手段はもちろんですが、長考のタイミングが非常に勉強になりました。

普段だとノータイムで打ってしまいそうな局面でも、先の先までイメージするのが大事なんだな、と感じました。

さて、長考したときが勝負所なのは対局者だけではなく、大盤解説陣も同時に勝負所を迎えます。

対局者は限りなく静な時間帯ですが、解説の方はこの時こそ動が必要で、正反対ですが。

そんな時に美香さんのリードがなんと心強かったことか!

ついノリで関西弁をしゃべったらイントネーションを褒められて、妙に自信がつきました。

もしかしたら私は褒められて伸びるタイプかも

これについて書き出すとキリが無くなるのでこの辺で。

対局が行われたホテル「定山渓森の謌」 は温泉が素晴らしく、ご飯も美味しかったです。

北海道へご旅行の方は、是非一度行ってみることをおススメします

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 早朝マラソン練習の話 | トップ | 次回のスペースマンは »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

季節の話題」カテゴリの最新記事