ダイブマスター(潜水道)兼温泉ソムリエマスター(温泉道)が行く!

仕事は二の次?海と温泉とグルメと映画レビューの日々。色々ありましたが人生楽しまなきゃ損ってことで。メインはTWです。

医療保険考察(フェミニーヌ編)

2007年08月16日 | 子宮筋腫・子宮内膜症・不妊・体外受精



体育会系なので、あまりフェミリたくないのですが私の入ってる保険です。
生存さえしていれば3年ごとに10万弱もらえるんです。

現在のニーズには全くそぐわない超ふる~いアヒルのがん保険
(若い頃に入ったので激安の年間約6000円)入ってますが、
これだけでは不安なので、三十路になった暁に
ボーナスほしさに安易に選択して入った保険です(爆)。
まさか自分が女性疾病なんぞにかかると思わなかったので、
結果的には正解だったわけですが、ぶっちゃけボーナスもらえるなら
「女性疾病を重点的に保障」しなくても全然オッケーでした。

通常の医療保険でももちろん女性疾病は保障されるわけですから
女性の皆様方は、あまりこの謳い文句に騙されないようにして下さいね。

そしてこのフェミニーヌですが、終身型ではなく更新型なので、
更新時にもちろん保険料あがります。
が、そこは弱点なので小さい文字でしか宣伝せず。

なので最初から終身型医療保険に入っておく方がお得な場合もあります。
私は、この2年で2回手術して(筋腫核出&顎嚢胞摘出)、
手術給付金をもらうわけですから保険料大幅アップは免れません。

で、今回の場合女性疾病だったので、通常の疾病より何がお得だったのかということですが、
入院給付金が通常疾病よりもプラス¥3,000になるということです。
今回の場合、通常入院給付金¥7,000+女性疾病上乗¥3,000
なので1万円也。つまり個室差額ベッド代1万は、チャラ。おお!

ちなみに顎の手術(10針)は、休めなかったため無理やり局部麻酔でやって1泊2日入院
(5日以上の入院から通院給付金請求権が発生するため通院は自費)。
その入院費用は3万でおつりがきて、もらった手術給付金15万弱。
何と13万の利益!海外行けますよ!奥さん。
反対に全身麻酔でお腹を15cm切っても同額!
何か損した!気分になるのは私だけ!?

重点的に保障してくれるんじゃなかったんですか?!

顎であれだけもらえたので、すっかりドカン!と出ると思っておりました。

一長一短。うまいこと出来てます。そんな美味しい話ありませんよね。
保険もらえるだけ有難いってもんです。

そして、今回の場合ですがリュープリンですよ。
これが高くて生活苦しいってのに、
入院前治療につき一切保障ナシ!
病理で悪性と出たなら、がん保険の方が使えることになり、
昨今だと外来抗がん剤治療の通院費を保障する商品がメインになってます。

子宮筋腫、子宮内膜症に対する術前治療を保障する医療保険なんてないですよね?

女性の3人に一人がなるらしいです。
保険会社さん、ここにニーズありますよ。

<追伸>

先の現在治療中のDさんですが、保険に入っておらずGnRHが高いので
「保険入っておけば」と後悔されてましたが
「その部分は保障ないから関係無」と言ったところ「なんで!?」でした。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ


コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 実は私も・・・ | トップ | ジム復帰しました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

子宮筋腫・子宮内膜症・不妊・体外受精」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

入院費用 (入院費用)
入院費用について、ご紹介しています。もしよろしければご覧ください
がん保険の終身や注意事項 (がん保険の見直し案内)
がん保険のを選ぶ注意点は、最初はあまり考えなくてもよいかもしれません。多分最初からがん保険の細かい余計な神経使うと、比較もあとあと大変になりそうなので。なので、最初は知人や友人や会社の同僚などから意見を聞くことです。それから、がん保険のアメリカンファミ...