ダイブマスター(潜水道)兼温泉ソムリエマスター(温泉道)が行く!

仕事は二の次?海と温泉とグルメと映画レビューの日々。色々ありましたが人生楽しまなきゃ損ってことで。メインはTWです。

「シッコ」

2007年08月26日 | 映画

2007年(アメリカ)原題「SiCKO」123分

★★★☆☆←独断と偏見による



「ボウリング・フォー・コロンバイン」「華氏911」と来て、「シッコ」。
「sicko」とは、「sick」(病気)のスラングで「あいつビョーキじゃね?」
みたいに軽蔑的に使う単語のようです。
つまり、ムーアは米国の医療制度を指して「ビューキじゃね?」と
言っているのだと思います。

一部の裕福な人だけが受けることが出来る医療制度の様だということは、
聞きかじって知っておりましたが、これほどに弱者切捨が行われているとは、
恐ろしいというよりは、「ぞっとする」と言った方が分かりやすい。
米国には、ACSやアームストロング基金など素晴らしい活動をする団体がある一方で
この弱者切捨制度。日本では、この「陽」の部分ばかりが脚光を浴び、
米国がこんな自体に陥ってるとは思いもしませんでした。
ただ、一方的な視点でのみ表現された作品であるということは考慮して見る
必要があると思います。

まずは、民間の保険会社のあり方がそもそも間違っているように思います。
本来、病気なり、事故なりでケガをした方を助けるために存在するはずが
極端な利益追求のためだけに存在し(会社というものはそうかもしれませんが)
保険加入の可否、加入出来ても保険金支払の可否を査定をする医師に対して
拒否できた件数と金額が会社への貢献度を測る指標となり、
件数に比例して医師にインセンティブ、ポストを与える制度そのものがおかしい。
この制度は、ニクソン時代に考えられた模様。

人道的におかしいと感じた心ある医師が告発しますが、
「社会主義」と片付けられ、相手にもされません。
ヒラリーが「国民皆保険」を唱ても医師会、保険会社、製薬会社等関係団体から
「社会主義」扱いされ、猛烈な批判にさらされます。
最後には、そのヒラリーも関係団体から巨額の政治献金を受け、
口を閉じてしまったようです。
もちろん一番高額の献金を受けているのは、またもブッシュでした。
これを説明するときの映像表現が、実にムーアらしい皮肉っぷりでした。

生損保募集人資格をお持ちの方なら、「保険は、相互扶助の精神」で成り立つとは、
一番最初に習うことですが、米国においては全くその意味を持たない。
相互扶助の精神を守ろうとすると、社会主義と非難されてしまうからです。
米国資本の保険会社は日本にも多く存在しますが、
米国との格差を考えるとよく日本で営業できるなと思えます。

保険会社と病院が繋がってるというのも日本では馴染みないですが、
診察を受ける前に、保険加入の可否、加入しているなら
その保険会社の指定する医療機関かどうかで診察を拒否されてしまいます。
がん難民どころではなく、国民全員難民になりかねない状況です。
ほんとに恐ろしいですね。

冒頭、2本の指を切断した男性が、薬指と人差指で治療金額が違い、
2本直すのは金額的に無理だからと薬指のみ治療するという悲しい現実。
抗がん剤治療や移植が「実験的」だと保険会社に判断され、
治療を受けられなかったり、亡くなってしまった方もいました。
他にも受け入れがたい現実が紹介されてました。

国民皆保険を実践していない先進国は、米国だけだそうですが、
カナダ、フランス、イギリス、かつての敵国キューバですら医療は無料で、
病院には会計課自体が存在しませんでした。
唯一の会計が患者の交通費の支払う部署とは太っ腹。

で、そうなると一体税金いくら取られるの?と気になるところですが、
税金で生活が苦しいわけじゃないという夫婦の説明のみで、
ここはちょっと説明不足だったように思います。
その辺をムーアに徹底取材してもらい「シッコ日本版」やってほしいです。

突撃取材が得意なムーアですが、今回保険会社への取材はなし???
その代わり9.11の犯人が収容されているグアンタナモ刑務所へ行って
「それ以上とは言わない。犯人たちと同じ治療をしてほしい」と直談判。
やけにやつれたなと思ったら、医療問題を扱うということで
自身20kgの減量をして、撮影に臨んだということでした。
顔の皮膚はたるんでましたが、見た目変わらないので気づかなかったです。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ


コメント (14)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
« あ~癒着が心配!(>_<) | トップ | 「ロスト・ハイウェイ」 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見ようかな。 (よぎょ)
2007-08-27 12:45:57
お久しぶりです~。お加減いかがですか?
この映画、気にはなっていました。
「ボウリング…」がとてもよかったので。
保険関係の仕事をちょっとだけかじったことがあるのですが、保険会社にもいろんな事情がありまして、保険金を出せるか出せないか、紙一重のケースもあってなかなか難しいところでした。お客さんみんなに喜んでもらいたいけど、その資金はというと、加入者からの掛け金から出るわけで。他社との競争もあるし、なかなか厳しかったです。

「ボウリング」もそうでしたが、ちょっと一方的な見方の部分も少なくないかもなので、それは念頭に置いて見なくちゃなりませんね。

でもこの人の映画はエンタテインメント性も高くて、難しい問題でも退屈せずに面白く見られていいですよね。
TBありがとうございました (きたむー)
2007-08-27 18:21:51
初めまして。きたむーと申します。
TBありがとうございました。こちらからもさせていただきました。
過去ログを読んだのですが、大変な病気と闘っていらっしゃるのですね。
私も子宮内膜症を2回やったことがあるので、他人事とは思えません。
また遊びに来ますので、今後ともよろしくお願いします。
Unknown (雨のち晴れ)
2007-08-27 22:37:45
よぎょさん

一映画ファンではなく、患者という立場からこの作品を見ますと、本当に身につまされる思いです。
私は、保険会社の立場と患者の立場で見ました。
よぎょさんも保険がらみのお仕事されてたんですね。

保険金査定についての米国保険会社のスタンスは、
いかに払わないかとういことに注力しすぎて、
例えば風邪を引いて誰でも医者にかかると思いますが、
それを申告しなかったとうことで告知義務違反を主張し、保険金を払わないとか、
20代でがんになったら、医学的にあり得ないと保険金払わないとか、
その主張があり得ない!といわざるを得ません。
それがまかり通ってるのがアメリカの医療制度らしいのです。
もちろんこれは極端な例なんでしょうけどね。

「ボウリング・・・」では、マリリン・マンソンのインタビューがありましたが、
今回は、チェゲバラの娘にインタビューしてました。
抑えるところ抑えてます。

議員という立場で見るとどうなるか・・・。
安部内閣よ見てくれ。
Unknown (雨のち晴れ)
2007-08-27 22:41:18
きたむーさん

コメントありがとうございます。
きたむーさんも子宮内膜症患われていたのですね。
保険のありがたみをひしひしと感じていましたところに、「シッコ」です(^^;)。
アメリカだったら、筋腫の手術一体いくらかかったのかとやはり考えてしまいます。
こちらこそ今後とも宜しいお願いします。
はじめまして (最凶)
2007-08-28 10:31:52
はじめまして。
「史上最凶の乳ガン患者」こと最凶と申します。ガンをはじめとした医療についてのメディアのあり方に興味を持っています。
Sickoについてあちこちのぞいていて立ち寄らせていただきました。うちのブログでもレポートしてるのでTBさせていただきます。
Unknown (雨のち晴れ)
2007-08-28 12:31:27
最凶さん

はじめまして。TB&コメント頂きましてありがとうございます。
いつもROMさせてもらっております。
福生にお住まいとのことで、勝手に親近感を持っております。
こちらは、所沢のちょっと手前のぎりぎり東京と申しましょうか(笑)。

「ボウリング・・・」「華氏911」とはまた違った感触を受けましたが、
悲惨な現実が映し出される中、くすっとなってしまう要素が入るところがムーアらしいと思います。
さて新厚労大臣の桝添は、どのように感じるでしょうか。
今後とも宜しくお願いします。
Unknown (ribon5235)
2007-08-28 18:10:14
TBありがとうございます。やはり観てよかったです。私もTBさせてください。ろろしくお願いします。
Unknown (雨のち晴れ)
2007-08-28 20:29:01
ribon5235さん

TB&コメントありがとうございます。
こちらこそ宜しくお願いします!
Unknown (なんでや)
2007-09-04 11:25:58
TBありがとうございました。
また見に来て下さい。
Unknown (雨のち晴れ)
2007-09-04 21:51:03
なんでやさん

コメントありがとうございます。m(_ _)m
今後とも宜しくお願いします。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

24 トラックバック

税金 (何でも情報通)
税金に関する最新情報です。
9.11の先にあるモノ。『シッコ』 (水曜日のシネマ日記)
アメリカの医療システムについての疑問を描いたドキュメンタリー映画です。
シッコ [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★★★★★★★ http://sicko.gyao.jp/ (シッコ 公
『シッコ SiCKO』 (映像と音は言葉にできないけれど)
何だかタイトルのロゴがアメリカでも有名なこの会社のロゴに似ているような気がしましたが...。Sickoとは「こいつらビョ~キだぜ!」てな雰囲気の意味でしょうか?。
映画レビュー「シッコ」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆大企業の悪と政治の罪をあぶりだすムーア得意の戦法だが、かつての毒気は薄め。口に出して言いたくない邦題に苦笑する。【75点】 あまりにも国民に背を向けたアメリカの医療制度の実態を、インタビューや体験談、さらに英・仏・加の制度を比較しながら...
シッコ (ぴよこ日和)
8月26日(日) マイケル・ムーアの最新作「シッコ」を観てきました。 今回のテーマは医療保険。 昔、アメリカはビタミン剤が安いからお土産にもらったとか、アメリカは歯医者が高いとか言う話を聞いた事があります。 「ビタミン剤は安くても、歯医者は高い国」 私の...
【2007-119】シッコ(SICKO) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? ムーア先生、急患です。 保険満足度は 先進国中最下位!! 救急車に事前申請? テロより怖い、 医療問題。
シッコ(SiCKO) (まぁず、なにやってんだか)
8月15日、よみうりホールの「シッコ(SiCKO)」の試写会に行ってきました。 「なんてタイトルをつけたんだ!口にしにくいじゃないか!!」 と思いつつ、好きなマイケル・ムーア監督の映画なので、かなり前から楽しみにしてました。 今回も期待を裏切らない...
シッコ (八ちゃんの日常空間)
これぞエンターテイメントドキュメンタリー
Sicko封切り!突撃レポート・第1弾 (出もの腫れもの処嫌わず)
     [画像]  なんだか「ブロガー同盟を結成します!」のコメント欄が盛り上がってるよーですが、「明日から突撃レポート」なんて予告しちゃったから書かないワケにいかないじゃん。ま、だいたいの人には予想がついてると思うけど、もちろん中身はここでもさんざん...
Sicko封切り!突撃レポート・第2弾 (出もの腫れもの処嫌わず)
[画像]  最凶の行った映画館は、東京と言ってもド田舎にある近所のシネマコンプレックスってヤツ。ピカチュー映画を目当てにしてんのか夏休みの親子連れでにぎわってたけど、Sickoは100人ちょっとしか入れない会場で、画面は巨大液晶だし、客も20人くらいしかいないでや...
Sicko封切り!突撃レポート・第3題 (出もの腫れもの処嫌わず)
[画像]  昨日の朝日の朝刊を見てみたら、おーっと、「Sicko」について5人の評が載ってるじゃーあーりませんか。ま、「暗喩が暗喩が」とトンチンカンなことを言ってる映画監督とやらは置いとくとして、日本の皆保険制度については評価しても、カンジンの医療がすでに崩壊...
シッコ (薔薇・猫・映画・演劇・旅ファン)
 やっぱり面白いマイケル・ムーア!問題提起、取材、行動、見習いたいものです。 私の尊敬する中学の社会科教師、小田実、ムーア、何か雰囲気似ています。 前から米国の医療保険の貧困さとかフランスの子育支援は聞いていたが実際の患者の状況、証言は重い。車で運ばれ...
シッコ (映画のメモ帳+α)
シッコ(2007 アメリカ) 原題   SICKO    監督・脚本・出演 マイケル・ムーア    (ドキュメンタリー映画)  『ボウリング・フォー・コロンバイン』で銃社会、『華氏911』でブッシュ政権の欺瞞を暴きだし、アメリカ社会の病理を描く作風でありながら...
「シッコ」 (かいコ。の気ままに生活)
映画 続いちゃってスミマセン・・更新 すっかり遅れてマス。8/23 試写会で 観てきました。「シッコ」公式サイトマイケル・ムーア 最新作。「米国の医療制度は ビョーキ(Sicko)だ!!」 とユーモアたっぷりに描いてます。アメリカでは医療保険が民営化されてて....
シッコ(2007) ~ムーア先生! アメリカが危篤です!! (EncycRopIdia ~漫画・映画・書評・グルメなどなど)
 あらすじ    '''「GOD BLESS AMERICA!!」'''……アメリカは世界一の大国である。  '''先進国の中で、唯一国民皆保険制度がない'''、という現状はあれど。  とはいえ、...
シッコ SiCKO (エンターテイメント日誌 )
評価:B 映画公式サイトはこちら。 「ボーリング・フォー・コロンバイン」でアカデ
「シッコ」(マイケル・ムーア・監督/製作/脚本) (老人党リアルグループ「護憲+」ブログ)
話題の映画、マイケル・ムーアの「シッコ」を見てきました。 治療を施すか否かを決めるのは保険会社。マイケルは、こんな医療制度がもたらす様々な悲劇・苦しみを、いくつもの具体例をひいて描き出し、アメリカ社会の病理に警鐘をならす一方で、望ましい医療制度の在り方...
映画「シッコ」(2007年、米) (富久亭日乗)
        ★★★★☆         「華氏911」(2004年、米)の監督マイケル・ムーアが、 アメリカの医療保険制度に切り込んだドキュメンタリー。  原題「sicko」は病気、病人を意味するスラングだ。  日本でも、消えた5000万人分の年金記録など、 社...
(今日の映画)シッコ (Kozmic Blues by TM)
シッコ (2007/米) Sicko
★「シッコ」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウ鑑賞は・・・ 本日公開の本作。 ジャッキー・チェンの「ラッシュ・アワー3」は、 目覚まし時計欲しさに前売り券買っちゃったので、平日に見ることにしたので。
「シッコ」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Sicko )間違いなくマイケル・ムーア監督の最良作だ。アメリカの健康保険制度という、身近でかつシビアな題材を選んだことで、8割方は成功したようなものである。米国の医療保険システムの酷さはデンゼル・ワシントン主演の「ジョンQ 最後の決断」でも赤裸...
シッコ Sicko - このままじゃ日本はアメリカと同じ道を突き進むなぁ (海を見ていた)
 たかじんの委員会まで取り上げていたから、知っている人が多いと思うが、今度のムー
シッコ (Sicko) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マイケル・ムーア 主演 マイケル・ムーア 2007年 アメリカ映画 123分 ドキュメンタリー 採点★★★★ 何気に厄介な難病を患っているおかげで、新規で生命保険に加入できない私。今入っている保険を細々と大事にしていくしかないそうで。あ!今、思い出した!10年...