いきなり脳腫瘍~病名が聴神経腫瘍→髄膜腫→右脳腫瘍→右小脳橋角部髄膜腫。手術後に東日本大震災、2度目は右顔面神経麻痺~

最初の病気の告知から入院・手術と順繰りに回想…はブログの頭(2012.4.7開始)の方、2018.3の再手術で障害を負う

コロナ激増、季節外れの雪、母の看取り

2020-03-29 09:16:23 | 新型コロナウイルス
在宅で寝ている母は、
しょっちゅう起きてはテレビを点けて、
「また感染者が、増えている。
どうしよう、怖いよ…」
と訴えてくる。
とうとう、私が3日前にK大学病院の、
予約外来に行ったことまで責められた。
確かに、その日の夕方に、
入院患者感染のニュースが流れるという、
バッド・タイミングであったが…
「入院と外来は、離れているんだよね!?」
と、繰り返し聞いてくる。
私の携帯電話が鳴ると、
「誰から?」
と聞くし、外出の行く先も一々聞くし、
私がこどもの頃からそういう人で、
何十回やめてと言っても直らず、
死が近付いても相変わらず、
コロナのせいだけでもないだろうが、
より粘着的になっている。
そこのところも、精神的に、追い詰められる。

コメント   この記事についてブログを書く
« K大学病院脳外科外来③ お付... | トップ | 年度末/在宅勤務検討 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新型コロナウイルス」カテゴリの最新記事