蝶の迷宮・再装填奇譚

日記は日常、ヲタ中心
絵は自己満足の趣味描き
一部腐女子向けの表現あり
コメント可能(事前承認)

9月14日

2020-09-14 22:00:00 | 日記



今晩はの時間で御座います今晩は。
本日9月14日は会社退勤後に有隣堂へ行って『週刊少年ジャンプ』41号と『別冊マーガレット』10月号を選んで漫画コーナーを彷徨いて居る時、年配の男性が「探して欲しい漫画が有るんだけれど?」と男性店員を呼んで居た。何の漫画?と思って聞いて居たんですけれど、あとは2人の会話を其のまま書くので読んで下さい。


男性客「すみません!漫画なんですけど探して欲しいんですが…」

男性店員「はい、分かりました!お探しの漫画は何の漫画でしょうか?作者は誰でしょうか?」

男性客「知りません」

男性店員「……え?」

男性客「木曜日だったか金曜日だったかにKADOKAWAの棚に1巻から7巻まで置いてあって1巻から4巻まで買ったんだけどさ、あとは月曜日で良いやと思って帰ったんだけど…」

男性店員「………」

男性客「表紙とか覚えてるんだけど」


表紙だけ覚えて居てどうする!?(笑)


もっと不思議なのは自分が欲しい漫画なのに漫画のタイトルも漫画の作者も知らない事。
普通、自分が欲しい漫画って漫画のタイトルもしくは漫画の作者は知って居るもんだし覚えて居るんだけれどね(-""-;)
どうやって1巻から4巻は買ったんだろう?表紙買い?それとも何かの広告で知った?


5巻から7巻はどうやって買うつもりなんだろう(・・;)


その前に自分が欲しい漫画のタイトルもしくは漫画の作者を知らないってどうなって居るの?(泣笑)
男性客が無事に5巻から7巻まで買えたのか気になるんだけれど変わった人だったな。
もう二度と逢う事が無いだろうけれど、あの年配の男性…(^∇^)







コメント   この記事についてブログを書く
« 週刊少年ジャンプ41号 | トップ | 9月15日 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事