蝶の迷宮・再装填奇譚

日記は日常、ヲタ中心
絵は自己満足の趣味描き
一部腐女子向けの表現あり
コメント可能(事前承認)

10月29日

2020-10-29 22:00:00 | 日記



今晩はの時間で御座います今晩は。
本日は何年降りなのか分からないぐらい久し振りなんですけど2次元のキャラ達が出て来る夢を見ました。特に好きな漫画と言う訳じゃ無いんですが夢に出て来るなんて!?と思うぐらい不思議な漫画のキャラ達の登場でした。漫画のタイトルは『暗殺教室』。もちろん殺せんせー!な訳無いでしょ!!私が殺せんせーだったら登場して物の数秒で殺されちゃうわ!夢を見て物の数秒で起床するわ!だからってE組の生徒達じゃ無い。この年齢で生徒だったら可笑し過ぎるでしょう!!E組の生徒と言うより保護者って感じ。私は先生と言う役みたいなんですけど此の中学校って生徒達だけじゃ無く先生も同じだったりする。落ちこぼれの先生はE組に回されるらしいと言うか私が落ちこぼれと言う先生で、でもE組が地球の運命を握って居るなんて知らないと言う感じ。他の先生方々は「E組に行くなんて可哀想に…」とか言うんだけど此方は全く嫌だとは思って無くて、だがE組には簡単に入れなくてE組の校舎の前を彷徨いて居たらビッチ先生が…!!!声にもならないぐらい美しい女性で将に美女と言う言葉は此の人の為に有るんだな~と思いました。ビッチ先生が「あんた、何の用で此処に?」と言われ説明。だけどE組には入れないと言われました(そりゃあ其うだよね)私は必死に説明。ビッチ先生は困って「それじゃカラスマに訊いてみて」って「え、烏間先生に逢えるの?」と心の中は大興奮の私(^^)ビッチ先生の美しさにひっくり返りそうだったのに烏間惟臣に逢ったら心臓飛び出るんじゃね?愛の告白なんてしたらビッチ先生に殺されるんじゃね?兎に角、冷静を装うんだ私!本当に冷静を装うんだ私!
木造の公務室に入ったら烏間惟臣ーーーーーーーと思ったら烏間惟臣に変装した殺せんせー←
月曜日発売の『少年ジャンプ』の烏間惟臣みたいな殺せんせー(^^)思わず吹き出しちゃったよ!!!だってボンレスハムみたいな体のノッペリ顔の烏間惟臣なんだもん!ビッチ先生なんてガクッとして居たよ。そしたらビッチ先生「何でタコがカラスマの代わりに座ってんのよ!!」って此れって国会機密じゃ無いの?バレバレだよバレバレ。「ヌニャ!?私は烏間惟臣ですよ~」「カラスマはどうしたのよ?」「だから私が烏間…」「タコがカラスマな訳無いでしょ!?」もうバレバレやんけバレバレ。E組の生徒の1人が「烏間先生だったらちょっと外出だって言って居たよ」と、えーと誰だっけ?あの生徒。ビッチ先生が溜め息を吐いて「仕方が無いわね~、それじゃカラスマの代わりにタコが此の人の話を訊いてあげて」と。いやいや烏間惟臣に逢えると思ったらタコ、じゃ無くて殺せんせー(苦笑)私も殺せんせーに説明。ちょっとドキドキしちゃったよ!!ある意味アイドルだからねドキドキするよ!!!そしたら殺せんせーが「生徒達は普通の子達と変わりません。その子達と普通に接する事が出来ますか?」と言われ私は「大丈夫です。生徒達は可愛い教え子です。ちゃんと平等に接します」と言ったら殺せんせーはニコッと笑って「採用!!」って。ビッチ先生は「これからは仲間ね!よろしくね」と握手を求められて握手して。何だか夢の中なのに殺伐して無くて良かったです。暫くしてから烏間惟臣に逢ったよ~(*≧∀≦*)格好良かった!!!ビッチ先生が惚れる気持ち分かるわ!!!声は杉田智和様でしたけど(笑)でも私は暗殺には一切関与しないと言う事になって居てE組の生徒達の普通の悩みや話を聴いたり烏間惟臣やビッチ先生の見回りを片付けたりしてE組の先生と言うより公務員みたいな、だけど楽しい時間と言うかあの暗殺教室の世界が味わえてホノボノした夢でした。殺せんせーの暗殺は無いみたいな気がするんだけどちゃんと暗殺しようとして居るんだろうな~と素人目じゃ本当に分からなかったんだけど暗殺教室の世界が其処に在って楽しかったです。生徒達に「先生!」と言われるとキューンしちゃった!可愛いよE組の生徒達!


長くなりましたけど此処で夢から覚めました。ちゃんと暗殺教室の世界が其処に在って暗殺教室の登場人物がちゃんと出て来てとても楽しい夢でした。あんなにホノボノした夢は初めてかも!?夢を見て「うふふふ」と笑っちゃいそうでした。夢なのにいつでも其処に居たいと思っちゃいました。
たぶん暗殺教室の世界は此んな感じなんでしょうね~((o(^∇^)o))
本当に楽しい夢でした。本当に久し振りに見た夢としては覚めないでと思う夢でした。また見たいな暗殺教室の夢。





コメント   この記事についてブログを書く
« 10月28日 | トップ | 10月30日 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事