ゆっくりいこう

夫と個性の強い三人の子供、そして犬一匹
少しずつ成長していきます。

感情の浮き沈み

2018年04月21日 | 発達途上
3月からずーっと感情が不安定状態です。

私自身がずーっと前から感じてきたことが当たってしまった。

診断を受けて休職に至って混乱している当の本人の様子に今更?と冷めた感情で受け止めつつも、
流石に休職となると、私も平常心ではいられない。

困った状況になると一人でさっさと逃げてしまうことや、
本人が気付かない困った行動にちくりと一言いうと、
まるで他人事のように「言うおめが悪い」とジャッジしておしまいにするといういつものパターンに不全感を感じていた私。
感情コントロールの苦手さ…
自分の思いを通せないと怒鳴り声になり暴力で訴えるし、何を話しても無駄…
必要な話が出来ない無力感。
子どもたちの事も、もちろん私自身の話も出来ない生活が27年。
彼の世界には彼自身しかいないのだと諦め…

小中学校の時に診断済みの我が子たちが成人して、親の役目を少しずつ手放して、
やっと自分の事を始めようと思った矢先の出来事。
ずーっと違和感があったけど、外で働いてきてくれるからと…
家族に関心を持たなくても、とりあえず養ってくれているし…
職場で適応しているのなら、私自身の接し方に問題があるのかと悩んだ時期もありました。
そうじゃなかった…

私自身は少しは勉強した障害の事。
子どもたちがいたから予備知識もある。
恥ずかしいことでもこそこそしなきゃいけない事でもない。
でも彼にとって「障害は許されない事」と感じていることは、
子どもたちの進路選択や手帳の申請の時に嫌というほど感じてきた。
それが自分自身に降りかかってきたのだから、混乱しているのも無理はないけど…
今更?とやっぱり思ってしまう。

妊娠初期の新婚旅行、鎌倉の大通りの真ん中で妊婦の私に自分の荷物も全部持たせて
お土産を買う言ってさっさと一人で行ってしまう。
たくさんの荷物を持って追いかける私…あの時から…
いやその前、妊娠を告げた時にまるで他人事のように「オロスシカナイネ」と言い放ったあの時から…
若いから仕方がないと言い聞かせてその場は収めたけど、
小骨のように引っかかっていた…

また向き合わなければいけない現実に、私自身はどうしよう?

そんな一月でした。
どうしよう?
どうにかなる?
何とかする?
無理…
ぐるぐる…グルグル…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入学式!

2018年04月05日 | 発達途上
息子の入学式でした。
昨日の雪で、ドキドキしながらドライブ。
でっかい岩手山と青空が祝ってくれているよう

息子がかっこよく見える
長女の入学式の時は、当の本人が寝坊で参加できなかったけど、今日は大丈夫
お決まりの看板の前での写真撮影もできました。
だんだん親の出る幕はなくなります。
少しのさびしさと、不安と…
大学生活は自由度も上がるけど、責任も伴うから、
「そもそも何がしたくて大学に入ったの?」
「卒業後の進路は?」
などなど、迷子にならないように願うばかり
少しずつ大人になって行きます…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年度♪

2018年04月02日 | 発達途上
4月、何か初々しい季節です。
桜はまだ咲かないけど、花粉症真っただ中だけど、新しい気分になりたい。

50歳を過ぎてADHDと診断されて、しんどいのは分かるけど、私はずーっとしんどかった…
結婚した当初からの違和感、
子どもが生まれてからの違和感。
夫ってな~に?
子どもにとっての父親ってな~に?
そんな?が沢山あったけど、それでも子供たちの問題と一つ一つ向き合うことに必死で、押さえてきた夫に対する今までの「?」
いよいよ向き合うときが来たな~と

家族の中で一番遠くにいた存在。
学校との話し合いをするときもいつも他人の事のように答えていたし、
子どもたちのことを話しても、距離を感じていた…
まして私自身の事なんて…

本当は隣にいてほしかった。
そんな過去の思いが、今になってあふれてきます。

障害だから仕方のない、そう言ってしまえばそれまでだけど…
それは、子どもたちを育てる中、今までたくさん学んできたことだから…
夫もそうじゃないか?なんとなく感じていたし…
今更診断を受けたって言われても…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加