ゆっくりいこう

夫と個性の強い三人の子供、そして犬一匹
少しずつ成長していきます。

出会いに感謝!

2011年05月30日 | 発達途上
最近感じてると。
私って出会いに恵まれているって。
10代の頃、個性豊かな仲間たちに出会えました。
青森に引っ越してきてからも、青森に仕事で来られると声をかけてくださって昔話をする機会もあります。

子供ができて、個性的な子供たちの育児に悩んだ時も、小児科の先生や地元の大学の先生、教育センターや相談機関の支援者さん、そして先輩お母さんたちが手を差し伸べて下さる。
いつもどこかに私のSOSをキャッチして下さる方がいる。
有難いことだな~と思います。出会いって素敵です。
先輩お母さんたちがしてくださったように、誰かの力になれる日が来るのかな~?
まだまだ未熟者の私。
コメント

久慈市へドライブ

2011年05月27日 | 発達途上
今日は、とってもいいお天気でした。
所用で久慈市までドライブ、とても気持ちが良かったです。
しかし、国道45号線のから見るJR八戸線、津波に流されて橋脚だけになっているところがあって・・・途中立ち寄った種市漁港には、まだ津波の爪痕が見えました。
地震や津波の怖さを子供たちに伝えていかなければと思いました。

帰宅後は、我が家のわんこのフィラリアの予防薬を頂に動物病院に行ってきました。
一年に1回だけわんこが乗用車に乗る日です。
乗りなれていないので、なかなか乗ってくれませんが、いったん乗るとびびって固まっています(笑)。
降りるときは、早く降りたくてあわててリードに絡まったりします。
一年に一度の大仕事が終わって、頂いてきたお薬をひと月に1個ずつ飲ませるだけ。
ほっとしました。
コメント

代車

2011年05月19日 | 発達途上
最近あまり調子が良くない我が家の軽自動車、昨日から修理工場に入っています。
そして、その代わりにハイブリッド車が我が家にやってきました。
3ナンバーの車なんてしばらく乗っていない私…。
一応旅客以外の大きな車の免許も持っていますが普段は軽自動車オンリー。
久しぶりに緊張です。
明日でハイブリッド車生活は終わり。
やっと運転に慣れたころに、愛車が帰ってきます。
コメント

初出社

2011年05月16日 | 発達途上
自宅待機をしていた次女の初出社でした。
支援センターの職員に付き添っていただいて、入社手続きのお話を聞いて、母はそこで帰ってきました。
ロッカーやシューズボックスの場所、タイムカードの使い方、実習に行ったとはいえ半年以上たっているので、支援をしていただく職員の方と一緒に確認です。
母がいると、どうしても口を出してしまいます。
そうすると、本人と支援者さんとのコミュニケーションがとれない感じ…。
不安そうな表情でしたが…。
どんな表情で玄関を開けるのか?
コメント

緑が見える

2011年05月12日 | 発達途上
今日、ネットの震災後の故郷の写真で見つけたこと。
津波で流された地域にも緑が見える!
草、そして木々の生命力はすごい!
そういえば、奥入瀬川河口近くの津波で海水が来たところにも緑の葉っぱと黄色いかわいらしい花が咲いていました。
命はちゃんと季節を知らせてくれます。
命は勇気を与えてくれます。
今日は、そんな野の植物に感謝です。
コメント

戦いたくないから

2011年05月11日 | 発達途上
今日長男君の学校に行ってきました。
少々お疲れモードの長男君、学校で頑張れるように、家で出来る事、学校で気を配っていただきたいところを少し整理して先生にお願いしてきました。
今年から個別の学習は全くなく、大人数の中で毎日過ごしている彼。
刺激の多い学校生活の中で、少しでも過ごしやすいように先生も心を配ってくださっています。
家では、一人部屋にこもって音楽に浸っている時間が長くなりました。
癒されているのかな~?
コメント

長かったのか、あっという間だったのか…。

2011年05月05日 | 発達途上
結婚式を挙げてから、今日でちょうど20年です。
いろんなことがありました。
変わらないのは、体重ぐらい(変動は結構ありましたが)です。
子どもを産んで、自分の実家から夫の実家に引っ越して、自分たちの家を建てて・・・。
子どもたちは、日に日に大きくなり、いろいろな方のお世話になりながら一緒に育ってきました。
個性的な子供たちですが「みんなちがってみんないい」、それぞれの世界と多数派の定型発達者の橋渡しを覚えたのがつい最近のこと(まだまだ失敗の多い通訳者ですが)。

さて、母親全開、なかなか妻になれない私ですが、これからもよろしく!夫さん。
コメント

里帰り

2011年05月01日 | 発達途上
今日、実家に帰ってきました。
東北自動車道を南下して、仙台北部道路を通って、仙台東部道路に入ってから景色が一変しました。
あったはずの景色が無くて、がれきの平野が広がっていました。
テレビや雑誌で見た光景が広がっていて、泣いちゃいけないと思いつつ涙が止まりませんでした。
幸い津波の被害には遭わなかった実家周辺ですが、地震のために倒壊したり倒壊寸前の建物がいっぱいありました。

青森県に引っ越して20年、帰るたびに故郷の景色は変わっていました。
新しい道路ができて、新しいニュータウンができて、新しいショッピングセンターができて…。
しかし、今日見た景色は、今までの「変化」と全く違うものでした。
東北道を北上する帰り道「自分に何ができるのだろう?」とずっと考えながら運転してきました。
答えはまだ出ません。
コメント