かまくら食育だより

海と里の恵み・健やかで心豊かに暮せる鎌倉のまちから
「食」に関するさまざまを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2015年 4月からの予定

2015年04月01日 | 食育クラブ活動

  
 

 かまくら食育クラブ

  理 念   食をとおして豊かな環境、
                健やかな心身を地域で育むまちづくり

  めざす  1. 自立 自分の食を選ぶ事ができる
       2. 共食・共育 食をとおして繋がることができる
       3. 共生・共存 豊かな環境づくりに参加することができる

  スローガン
       かまくらの食を楽しみ
       かまくらの食をつなぐ
       食をとおして育む心とからだ

  今期は初心に立ち戻り、各クラブ員が今まで勉強して来た事で得意とする分野で
  自由にボランティア活動ができますように、、、。



  2015年度は月担当者を2名で、年5回定例会を行います。

  4/13 10時より 2014年度の活動・会計報告 / 2015年度の活動予定・会費の徴収
      報告会終了後4月の定例会を行います。
     規約の改正等の話し合いもありますので、昨年の総会時にお渡ししました規約書を
     持参下さい。

  7/6 13時より

  10月・1月・3月にそれぞれの担当者により持ち回りで定例会や勉強会を行う予定。

  月担当者は活動内容に適した部屋の予約をして、日程等を新連絡網で会員に知らせる。 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3/9 見近な食材で、、お手当

2015年04月01日 | 今月の活動予定

  長年、見近な食材での自然療法を学ばれたクラブ員さんを講師に
 下の4つの勉強会を開催しました。


 

    

  1. コンニャク湿布
   コンニャクを水から茹で沸騰してからさらに10分茹でた熱々のコンニャクを
   注意しながら乾いたタオルで厚みが均等になるように包み、脾臓・丹田を20~30分程
   温める。お手当は心地よいもの、休まず働いてくれる臓器に
   感謝の気持ちを伝えながら、、。

   自然療法は出して流す事、食べ物の消化は全て脾臓のお世話になり、
   腎臓も血液浄化と老廃物をに出す働きがあり肝臓と助け合いながら
   身体の浄化をしています。
   脾臓は肝臓・腎臓の働きを助け肝臓で作る胆汁や身体を流れる
   リンパの流れを強めて浄化する働きを助けます。
   この胆汁は強力な殺菌力があり全身を守ります。
   
 
  2. 梅生番茶
   梅干し1個に醤油とおろし生姜を少々まぜ、三年番茶を入れてのみます。

   三年以上生育した木から取った葉も枝も加えた番茶に梅干し、
   少量のしょうゆとおろし生姜で疲労回復・下痢 / 胃腸障害・血液を綺麗にする・
   新陳代謝を促進させる働きがあります。


   3. ごぼう味噌
   生のごぼうを皮ごとすりおろし、同量の味噌とおろし生姜を少々混ぜ、
   少量を碗に取り熱湯を注いでお味噌汁のようにして飲んで下さい。
   通常のお味噌汁のお味噌としてもお使いいただいても、、、。
   ごぼう味噌は冷蔵庫で数日から1週間、冷凍もOK!

   胃腸の働きを良くし、便通・利尿も助け、疲労回復にも役立ちます。

  
  4. ホットアップルジュース
   果汁100%のアップルジュースを温め生姜の絞り汁を少量入れ飲んで下さい。

   身体が温まり、緩めリラックス効果があります。

   
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大根の下準備

2015年02月17日 | お料理紹介
 
 

    

 冬は白いお野菜が美味しいですね。
 白菜・大根・蕪、、身体ポカポカ鍋物や煮物、炒めたりスープ、サラダ、酢の物、、
 甘くみずみずしい冬の大根、葉っぱごと1本買って楽しんで下さい、、、。

 大根はお料理ごとに生で使う分量は残し、昆布で下茹でしておきましょう
 冷蔵庫で4-5日、冷凍では1ヶ月は大丈夫。
 干し野菜にしてもいいですね!

 右上から 和風ピクルス・昆布茶サラダ・照り焼きや炒め物用・
 カレースープ用・麻婆大根用など下ごしらえしておくと便利です。

 ● おでん 下茹でしているので煮る時間も少なくてすみます、お好みの材料で、、
 ● カレースープ みじん切りの生姜で玉葱人参等を炒め、挽肉を固まったまま入れて煮ると
  そぼろにならずに肉感が出ます、、カレー粉でも市販のルーでもお好きなお味に、、
 ● 麻婆大根 ニンニクでネギや椎茸(ダシに使用)を炒め挽肉と大根も炒めダシで煮、
  豆板醤・味噌で味付け
 ● 昆布茶サラダ サラダ油かオリーブ油、昆布茶 適量 胡椒・塩・パセリで味付け
 ● 和風ピクルス 酢・だし汁 各100cc 砂糖 大さじ2 塩・黒胡椒・唐辛子・
  月桂樹 ツケ汁を作りつける 玉葱や人参、蕪等も一緒につけても、、、
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大根おもてなし料理のレシピ

2015年02月17日 | お料理紹介
 
 ● 玄米菜飯
 

 材料(2人分)
 玄米ご飯 280g 大根葉 2~3枚 塩 少々

 作り方
 1. 大根葉は茹でて細かく刻み塩で味をつける
 2. 炊きあがった玄米に1をませる

 お雛さまなど特別な日には、玄米なめしを寿司飯にし、
 大根の薄切りを梅酢漬けを上にのせ型押しにたり
 花切り人参をダシで柔らかく煮たものを飾り
 笹などで包み可愛く仕上げて楽しんで下さい。
     
   

 ● 大根葉とお揚げの煮浸し
  

 材料(2人分)
 大根葉 1/3分 油揚げ 1枚 だし200cc しょう油・味醂 各大さじ1

 作り方
 1. 大根葉は下茹でし4センチの長さに切り、
   油揚げは1.5センチに切り味を付けただし汁で煮る
 2. 下茹でした大根葉は食べる直前に加えてひと煮立ちさせる

 ● 大根の皮の金平

 材料
 大根の皮 1/2本分 だし汁に使った干し椎茸と昆布 適量 
 ごま油 大さじ1 味醂・しょう油 各大さじ1 七味唐辛子 適量

 作り方
 1. 大根の皮は厚めに(4-5ミリ)にむき、マッチ棒大の千切り
 2. 戻し椎茸と昆布は薄切りにし1とごま油で炒める
 3. 汁気がなくなったら、味醂としょう油で味付ける
 今回はお子さまと一緒にいただくのでお好みで七味唐辛子をかけてください、
 大人用には味付け前あたりに小口切りの唐辛子を入れて炒めても、、。

 ● 若布と蜜柑のみぞれ和え

 材料
 大根おろし 1カップ 若布 適量 蜜柑 適量 柚子の絞り汁 1/2カップ 塩 少々

 作り方
 1. 大根おろしは布巾などで軽く水切り
 2. 若布は戻して一口大に切り、蜜柑は薄皮をむき半分に切る
 3. ボウルにすべての材料を入れ合える

 ● 大根の照り焼き

 材料(2人分)
 大根(2センチ輪切り) オリーブ油 大さじ1弱 
 合わせ調味量 A 味醂 大さじ2 酒 大さじ1 しょう油 大さじ1弱

 作り方
 1. 大根は皮をむき下茹でする
 2. フライパンにオリーブ油を熱し大根を両面焼く
 3. こんがり焼き入りがついたらAを入れ含ませ煮からめる

  
 
  茸を一緒に炒め茸あん添えや、挽肉などで肉あん添えも美味しいです、、
 
 ● 豆腐の雪汁

 材料(2人分)
 木綿豆腐 1/2丁 大根おろし 1カップ だし汁 1カップ 白味噌 小さじ1 柚子の皮 適量

 作り方
 1. 大根おろしは布巾などで水切り
 2. だし汁に大根おろしを入れ煮立ったら味噌で味付けする
 3. 水切り豆腐を入れ温め、
   雪汁の真ん中に豆腐を盛り柚子の皮の千切りをのせる

 ● みたらし大根団子

 材料(4人分 小さめ24個ぐらい)
 大根おろし 100g 白玉粉 100g ネギ 1/4本 桜えび 大さじ1~2

 作り方
 1. ボウルに材料すべてを入れ耳たぶぐらいの柔らかさに練り、一口大に丸める
 2. 鍋に湯を沸かし1を入れ茹で、浮き上がったら冷水にとる
 3. フライパンにごま油を熱し両面こんがりと焼く
 4. 串に刺しタレをかける

 みたらしのタレ 味醂 大さじ5 を中火でアルコールをとばし、しょう油 大さじ1 と
 水 大さじ2 を加えひと煮立てさせ水溶き片栗粉でとろみをつける
 
 しょう油やきな粉などでも美味しくいただけます

 

 
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鎌倉野菜で おもてなし料理講座 開催しました~。

2015年02月17日 | 食育クラブ活動

 ひなたぼっこ&かまくら食育クラブ主催
 2月9日 10時 ~ 12時 福祉センター2階 調理室にて
 
 ひなたぼっこさんとのコラボ企画、
 昨年の夏のお料理教室から2回目の冬野菜のお料理教室です。

 お子さまのインフルエンザで 6 組が欠席でしたが、
 初めてお子さまを託児されるお母さまも心配しながらも
 大根が美味しくおもてなし料理になることを楽しみながらの2時間、
 お母さまとお子さま一緒にできあがったお料理を美味しく食べていただきました。
 
 大根1本使い切り かんたん懐石膳

 
 
   
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする