MINの目

MINの目が見つけた事柄をつれづれなるままに綴ります

ほぼ歩き遍路 33番札所⑫ 2017

2018年07月05日 | お遍路好き(修行・高知)
33番札所 雪蹊寺

龍馬さんに会って、元気をももらったので33番札所に向かって出発です。
散策路を登っていくとそこにはバス停がありました。
何人もの人が待っています。

バスが来るのかな???

調べてみるとあと少しで来るようでした。
S3路線で長浜というところで降りるとすぐでした!
タイミング良くバスに乗れることはそうそう無いので乗ることに♪

いくらお遍路さんにも色々なスタイルがあると言っても
観光の人と紛れて?(浮いてますね)いても観光の人からはジロジロ見られます。。
お遍路は歩くものじゃないの?って思われている気もします。
気のせいか。。。いや後々直球を受けました。。
やっぱりそう思われているのだと思います。

バスの運転手さん的には一つ前のバス停がおすすめのようでした。
降りるときに
「雪蹊寺にいくの?戻ることになるけど・・・」
と丁寧に行き方を教えてくださいました。

ありがとうございます!

少し戻って右に曲がるとすぐに見えてきました。
石柱門を入るとすぐに境内です。
きれいに整地された清々しい境内でした。
霊宝殿には16体の重要文化財の仏像があるようです。
予習不足でお参りだけ見ることが出来ませんでした。
次の機会に!!

お参りしに境内に入ると既にお参りを済ませた焼山寺山越えの友、長崎のご夫婦がいらっじゃいました。
本当にこういう時に一人だけど独りじゃないって思えました。

さらに元気が出た私は次の種間寺まで約7kmを歩くことしました。

石門の向こうに境内が



『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ほぼ歩き遍路 番外⑫(桂浜) | トップ | ほぼ歩き遍路 34番札所⑫ 2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お遍路好き(修行・高知)」カテゴリの最新記事