かまがやミモザ通信

誰もが暮らしやすいまち「鎌ケ谷」を目指して…

来年に向けて頑張りました

2021年12月12日 | 会報・レポート

師走です。今年は、秋を感じる時間が少なかったように思います。          
毎日通る道に、11月になっても「朝顔」が咲いていました。
珍しいので、写真に撮った数日後、壁に這う朝顔はきれいに片付けられました。
 市へ申請をし、直売所は11月から「(老人)憩いの家」の委託事業となりました。                                     直売所を開いた直後にも申請をしましたが、野菜販売による収益があるので
委託事業には適さないと却下されました。
今回は、コロナによる社会変化(?)でしょうか、認可されました。                                 この手続きや、常連さんのお一人が逝去されてこと、
木・土曜日の開設等で慌ただしい中、師走となりました。                              高齢者の買い物の利便性について新ためて考えてみました。            
自分で物を選ぶには、判断力・決定力が必要です。
これは生きていくうえで大切なことです。
また、ほしい物を、ほしい時に手にすることは、喜びの一つであるという思いから、
土曜日は野菜に加え、                           
(近くの卸屋業者さんが土曜日の正午近くに届けてくれます。バラ売りです)、    
豆腐(近くの豆腐店がスーパーに納品後届けてくれます。できたて豆乳の味に驚きました)、                                     パン(気前のいいオーナーさんが焼く「ふわふわのパン」。一番人気は「カレーパン」です)
を販売するようにしました。                          
しかし、これらは、買い取り品のため、無駄を少なくしたうえで、購入者が欲しい品を充分並べることが悩みです。                                 
今さらながら、食べ物は、「とれたて」、「できたて」、「つくりたて」を口にできることが
一番美味しく、幸せなことだと思いました。
              
 その他、12月は寄付いただいたネクタイで、小物づくりをする場を設けました。    
ポシェットやメガネケース、アクセサリー作りに関心のある方を対象に、フリースペースを設けました。
友人が材料を広げていつでも希望者のお手伝いをするという場です。                              また、介護保険や介護施設、かかる費用等について知りたいという声が出たので、
包括支援センターの職員さんに来ていただきました。
この機会は、今後参加者が一人であっても、継続していきたいと思っています。
 このようの、慌ただしく、且つ元気に年を越したいと思います。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10月からもう一歩踏みだします

2021年09月25日 | 会報・レポート

つい先日、こんなチラシを出しました。10月から一歩前へ、です。
  
「ご案内」 野菜直売所です
   
これまでの 水曜日 に加え10月2日(土)から土曜日も直売所を開きます
 土曜日は、野菜  と  卵 と パン を販売 します
 卵もパンも、すぐ近くの「鶏卵所」「パン工房」のご協力で、取れたて、出来たてが届きます
 野菜はこれまで同様、 新鮮で安価(100円~200円)です。
    直売所には、買い物ついでに、友人、知人、ご近所同士、
        チョット腰掛けておしゃべりができるスペースがあります。
    場所は、コーポラス内、青果店跡です。1度覗いてみてください。

 第2・4木曜日午後「お困りごと相談所」 開設
 網戸・障子が破れている、蛍光灯がチカチカしている、包丁が切れない
  カーテンレールが外れた 等々 生活の中での「お困りごと」を解決する
     お手伝いをします。               
  勿論、専門の業者でなければ解決しないものもありますが  
             できる限りご相談にのりたいと思います。
  金額は、材料費は実費です。(例えば、障子紙代)
   お手伝いの作業代は、ボランティア価格ですが、内容によりご相談させていただきます。
  第2・4木曜日の午後、直売所をお訪ねください。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2回目コロナワクチン接種の中で

2021年07月24日 | 会報・レポート

  県内における高齢者の2回目コロナワクチン接種状況が新聞に掲載。(2021年7月24日付け朝日新聞)
本市の1回目の摂取率が84.8%、2回目が62.6%となっていました。
6月市議会、7月の市長選挙と相まって、ワクチン予約方法も当初に比べると、驚くほど改善されました。
しかしながら、いずれも「遅いでしょう」という感じです。
高齢で、一人暮らしで、ITに縁のない方には、コロナワクチンの予約から接種に至る手続きは、
不便と不安以外の何物でもなかったと思います。
 「せめて」との思いで知人と2人、接種会場への送迎をしました。           
徒歩10分の接種会場でも、杖をついて歩く高齢者には倍の時間がかかります。
加えて、集団接種会場や総合病院では、広い会場を移動しなくてはなりません。
同行してみると、あちこちで混乱が見られました。
 幸い周りで接種を希望する方々(65才以上)は、取りあえず安心を得たようです。
また、送迎を通して、それぞれの方が日常の中で大切にしていること、
関心を寄せていることの一部を知ることができ、
直売所における交流の場のあり方について今一度考える機会となりました。 
                            
連日の真夏日、オリンピックの開催、下がらない新規感染者数、今年の夏はこれまで以上にあつい!
頑張って乗り越えなくては。
来週から梨農家さんの協力を得て「幸水」の注文を受けることに。
その前に、図々しく試食を要求しました。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワクチン予約は大変です

2021年06月07日 | 会報・レポート


コロナワクチン予約で明け暮れた5月が終わって1週間。まさに、激動の5月でした。
80台で一人暮らし、スマホもパソコンも使えない方にとって、電話が繋がらないストレスは限界に。
それを見て、私も何度か行政へ苦情を言おうと思いましたが・・・。             
 国では、7月中には高齢者の接種を終わらせると言いいますが、
ワクチンがちゃんと出まわっていないことと、
自治体の準備と対応のまずさに住民は振り回されています。          
「電話をしても通じないからもういいわ」という方。               
「良かったら私が予約してみましょうか」というと、語気強く「もういい!」と言う方。
辛くなります。                             
 今頃「広報の号外」や「高齢者の皆様」というお手紙を出しても遅い。         
せめての思いで、直売所の常連さんに
「接種日時が決まったら教えて。送迎するから」と伝えています。
普通の人なら徒歩10~15分程度の所でも足腰の弱った高齢者は倍の時間を要します。
反対にタクシーは近すぎてきてくれないかもしれません。           
こんな時こそ「互助」です。何とかワクチンストレスを乗り切りたい思いです。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自由に買い物したいですね!

2021年05月10日 | 会報・レポート

4月中には、5月の連休中には、と思っていたブログですが、とうとう今頃になってしまいました。                                    
少し早かったのですが、直売所(野菜カフェ)開設2周年のご挨拶を兼ねて
記念品(?)をお配りしました。
いろいろ悩んだ末、知人にお願いして「花炭」を焼いてもらいました。
「松ぼっくり」「ドングリ」「ばら」「竹」「モミジバス」をセットにして、カード入れました。
「花炭」は、消臭、除湿にもなるのでこれからの季節にちょうど良いと思って。(写真)                                
振り返ると、2年間毎週水曜日の午後、直売所(野菜カフェ)開いてきました。
2年間、集いの場の会話から聞こえてきたのは「足」の問題です。                     
高齢者だって「ぶらりと外に出たい」、
「外の空気を吸いたい」、「新しいものにふれたい」のです。
第一買い物はストレス解消になります。でも、足の確保はままなりません。                                      
ここを何とかできないかと、話し合い、調べ、話を聞いたり等々ウロウロしています。
結果、大枠を決めたら、後はその都度考えましょうと言うことになりそうです。
これ以上つめていくと、「やらない」と言うことに行き着きそうなので・・・。                                  
高齢者にコロナワクチンが行き渡った頃には出発したいと思います。
その間、もう少し考えを整理します。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする