ミモザの花咲く庭から

一期一会に感謝     写真中心のブログです

小鳥

2018-11-20 | 鳥や虫など

このところ毎日電線に来ている小鳥です

時間もちょうど私たち夫婦が遅い朝食の頃・・・

レースのカーテンを開け放ちふと目をやると

いつの間にか来ているのです

離れているのではっきり目が見える訳ではないですが

PCに入れて見ると可愛い目がわかります

鳥の名前はわからないので白い模様のある鳥を検索してみたところ

ジョウビタキ   かな?  と。

小さくて本当に可愛い

うちのピヨちゃん  

そう呼ぶことにしました(笑)

 

先ほど庭仕事から上がって来るとき

また小鳥が来ていました

この一枚だけで逃げられましたが~~

尾っぽが長いしくちばしも鋭い・・・

これは百舌かな?  と  検索

百舌で正解のようですが。。。?

 

寒くなった朝毎のちょっとした楽しみです

コメント

バラの花と手袋

2018-11-19 | 手芸・他

昨日のんパーチメントクラフトのレッスンは

カリキュラムではなく先生の作品が素敵だったので

特別いれていただいたものでした

バラの花、元は専用の紙なのですが

フラージュと言う技法で

ニスのようなものを塗るとかたくなります

これも特別レッスンでした

切り離しの周囲の針目がよく見えず曲がってしまって(涙)

ハズキルーペ買わなくっちゃ!!

 

再度挑戦します

コメント (2)

久し振りに富士山を

2018-11-18 | 夕日、朝日、山

昨日、西空がきれいに染まっていたので

久し振りに夕日のスポットで撮りました

 十日の月です

階段の途中で

 

高尾山~城山~景信山

高尾山と城山

ジェット機が行くのを見て

階段上まで行くのはやめました・・

 

これからの時期の夕暮時はきれいですね

そのうちダイヤモンド富士撮りの方もみえるでしょう

コメント (2)

八丈島  11/11  玉石垣・地熱館など

2018-11-17 | 

地熱館では映像を見ながら地熱発電について学びました

発電施設、今までは東京電力でしたがオリックスに変わるそうです

今までの設備はずべて取り壊すのだとか

全国に地熱発電所は18か所あるそうです

 

 

玉石垣の地区を歩いて一周しました 

大きさの揃った玉石が積み上げられていますが

流人が浜から運んではおむすびをもらったのだとか・・・

ひとつの石のまわりは6個の石で囲まれている

(どうぞ数えてみて下さい)

風を防ぐためこのように石を組み

右手に家を作る方法だそうでです

保存地域になっているため

住人が自由に直せないのだそうです

上の段の玉石が1個落ちています

こんな石が落ちて来て当たったならば大変ですね

石組を直す時は全てに数字など印をして

再度その通りに組みなおしていくのだそうです

玉石は現在拾ってきてはいけない事になっているそうです

ふるさと村と言うことろへ歩いていきます

途中には赤い実をつけた アオノクマタケラン が見られます

お花はとても良い香りがするそうです

八丈島には防空壕がたくさんありそうですが

薮の中ですぐにはわかりそうもありません

この防空壕は奥行きもそう広くなく小さなものでした

そしてなんと!

島木赤彦の歌碑がありました。

赤彦が八丈島に来たこと全く知りませんでした・・・信州人だというのに。

 

途中の民家の猫ちゃん

小さなピンクの花が咲いていました

何の花かな~と思いながら写真を撮って来ました

調べたところ   ウスベニニガナ  ではないかと・・

ここからも八丈小島が望めました

八丈島では最も古い島だそうです

昭和44年以来無人島になっているとのこと

石仏が祀られていて・・

歴史を感じます

 

次は植物園です~

コメント

小春日和

2018-11-17 | 日々のこと

ポカポカと暖かな一日になりました

わずかに風があるようです

 

一昨日は月と火星のツーシヨツトを見上げながら帰りました

句会の帰りだったのですが

家に着いて血圧を測ったら220にもあがっていました!!

すぐ治療院へ駆け込み

遅い時間でしたが治療していただきました

昨日脳外科のMRIでは異常なしとのことでしたので

全身の凝りが原因だろうな・・・と思います

今朝はいつもの110台の血圧に戻っています

凝りには本当に気をつけなくてはと思います。

 

下の画像は昨日の朝の明けの明星

今朝の電線へのお客さん

可愛い目をしています(*^^)v

 

 

50m程離れている農家さんの

皇帝ダリアがきれいです

ズームいっぱいでとらせていただきました

 

 

庭のもみじ 

 

マルバの木の花

 

 

コメント

句会

2018-11-15 | お出かけ

そう言っても投句はしていないのです。

頭数の一人として参加したのですが

勉強になりました

短歌とはまた違った世界ですね

今日の会は長野県高校同窓連の企画によるもので

講師の先生は長野県出身で信州大学の名誉教授

そして俳誌『岳』の主宰でいらっしゃる

宮坂静生先生です

先生は産経新聞俳句欄の選者でもいらっしゃいます

 

 

 

とても分かりやすくお話くださり

すぐ作れそうな気になったりしますが

いやいや

そう簡単なものではなさそうです~

先輩や友人は俳句をされているので

見事な作品でした

 

 

駅までの道で見た皇帝ダリア

きれいに咲いていました

 

帰りに会場前で見たクリスマスツリー

もうそんな時期なのですね

 

 

コメント (4)

八丈島  11/11  黄八丈織元訪問

2018-11-14 | 旅 他

二日目の島内観光です

黄八丈の織元さんで説明を受けました

染められた糸が枠に三色巻かれています

右端が切れてしまっていますが

右から  黄染め(コブナグサ)、樺染め(タブの樹皮)、黒染め(椎の樹皮)

 

スライドが早すぎ・・・メモがおいつきません・・

 

 

 

 

八丈島はひょうたん形をした島で西と東では成りたちが異なります

まず最初に東の三原山が火山で出来上がり

その後西の八丈富士が幾度かの噴火により今のような形となったそうで

その真中が平坦地として町の中心になっているようです

成りたちが違うので植物や岩石などにも違いがあるようです

時間に余裕があれば体験などでコースターを織れたりできるようですが~

機会があれば次回に。。。。ですね

       

手織りですから一反織りあげるのに日にちがかかり(10日~二週間)

製品も高価な訳です

我が家は主人の小銭入れだけ購入しました

(主人の知人ご夫妻は翌日再訪されネクタイを購入されたそうです)

 

コメント (2)

鳩ノ巣小橋~白丸ダムまで

2018-11-14 | 山行

更新途中で旅へ出掛けてしまい中断したのままの奥多摩の続きです

橋の途中からの渓谷 紅葉はほんの始まりの色彩

 

 

橋を渡りきり谷の右岸に付けられた道をゆきます

谷道から見上げた橋

 

雨や放流での増水時は警戒のサイレンが鳴るようです

右は谷川 左は崖です

岩を踏んで行きましょう

黄色に染まった木のあたりダムの放流の水煙

 

ダムに着きました

放流されています

 

 

 

 

魚道は平成になってから造られたそうです

かなりの費用がかかったのでしょうねえ 

 

魚道ですが

この日は見学できない日でしたので上から撮ってきました

 

エメラルドグリーンの白丸湖

早くもイチョウが紅葉しています

白丸湖を右手に見ながら更に進みます

つづきます

コメント

カメラ画像から 11/10

2018-11-13 | 旅 他

初日は午後八丈島入りし、町庁舎でスライドを見ながら

島についての説明などしていただきました

その後一旦ホテル入りして荷物を置き

末吉地区の温泉へ~~

下画像の

左側の道を通っていきました

 

温泉はとてもつるつるして気持ちよかったです

日没の時刻

 

ひ~ろいひ~ろい空だよ

ひ~ろいひ~ろい海だよ

どちらが先か忘れましたがこの広がりが素敵でした

南国の花

ハイビスカスは町の道路際の植え込みに

また家々にもたくさん見られました

 

 

 

そして再びホテルへ戻る車窓には先日UPしました三日月が

 

 

 

いつも月が呼んでくれているようで

このうえなくうれしい八丈島での月でした

 

その夜の宴会が終わってから部屋でつけたTVには

男子フィギアーで一位になった宇野昌磨君が写っていました

 

二番煎じのような記事でごめんなさい

コメント

二日目 八丈島植物園でキョンを見る

2018-11-12 | 旅 他

八丈島観光二日目は雲が多く風も出ていました

広大な植物園の奥の方に

キョン    

と言う動物がいるとの事ですので足を伸ばしました

 

まずは植物園入り口

八丈島を形とられた石組み

手前の三原山(700.9m)と奥の

八丈富士(854.3m)

 

 

 

キョンです

 

 

キョンは森林に棲む原始的な鹿の仲間で

その名はいぬのような鳴き声に由来するといわれているそうです

原産地は中国南部や台湾だそうです

 

三日目の今朝、今の外はこんなで雲が多いです

未明にはものすごい雷光と雷鳴で目が覚めてしまいました

海方向

 

三原山

 

 

コメント (4)