ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

「京都観光おもてなし大使」のライターとネコのミモロが、京都の情報や暮らし、グルメなどをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

ラグビー好きのお友達を案内して「下鴨神社」の「雑太社(さわたしゃ)」へ

2019-01-08 | 京都

お正月に東京からミモロのところにお友達がやってきました。
「どこに行きたい?」とミモロは、お友達に尋ねます。「そうね~。まずは近くの下鴨神社かな~」とお友達。

「いいよ~。もうミモロ、元旦に初詣行ったけど、今日は、蹴鞠はじめの日だから、行ってみよう~」と。二人は、下鴨神社」へ向かいました。

楼門へ続く糺の森には、いろいろな屋台が並び、大勢の参拝者が訪れ、歩くのも大変な状況。
やっと楼門に到着したときは、すでに「蹴鞠初め」が行われていました。
「わ~いっぱいの人~。見えない~」とミモロ。
 
必死に見ようとしますが、とても見物できる状況ではありません。

「ミモロちゃん、もういいよ~雰囲気だけわかったから~」とお友達。見物を諦めて、まずは、本殿に参拝しました。

「こっちなら空いてるよ~」本殿も大勢の参拝者で身動きもむずかしい感じ。そこでみたらし池へ
そこでは、「水占い」をする人たちの姿が。

「ここはね、葵祭の時に、斎王代が禊ぎをするところなんだよ~」とミモロ。
「これが斎王代~伊勢神宮にお仕えする皇女さまなの~」
「こんな雰囲気ね~」
ミモロも斎王代になった気分のよう。

そこで記念撮影をしてから、先ほどの道を途中まで戻ります。
参拝者で混雑する「糺の森」から、流鏑馬などが行われる馬場道を進みます。お正月はそこは臨時駐車場です。

その途中にある社が、「雑太社(さわたしゃ)」です。実は、ラグビー好きのお友達。「わ~ここ参拝したかったの~。前にミモロちゃんのブログで見たことある~」と、目を輝かせます。

「糺の森」は関西ラグビー発祥の地と言われます、明治43年に、旧制第三高等学校と、慶応義塾大学の学生との交流練習が行われたのだそう。それを記念し、石碑なども奉納されました。

さっそくお友達は、熱心に参拝。今年行われる「ラグビー・ワールドカップ」の日本大会での日本チームの活躍を祈りました。
「あ、ここの鈴、ラグビーボールの形したるんだ~」
「え?そう?」とミモロが見上げると、そこには金色に輝くラグビーボール型の鈴が下がっていました。
これは、昨年7月にラグビー関係者から奉納されたもの。

「ミモロちゃん知らなかったの?」とお友達。「うん、前にNZの学生チームが来て「ハカ」を奉納した時には、まだなかったのもの」と、5月に訪れたときには、なかったもの。

その後、何度もこの前を自転車で通りながら、気づかなかったミモロです。

「わ~この絵馬も素敵~」とお友達。こちらもラグビーボールの形です。

これは、「河合神社」に置いてあります。お友達は、奉納せずにお家にお祀りしたいそう。

「ラグビー・ワールドカップ2019」は、2019年9月20日に開幕。20か国のチームが参加し、日本全国の12会場で試合が行われます。

「京都では試合しないの?」とミモロ。そう、残念ながら京都での試合はなく、関西では「東大阪市花園ラグビー場」と「神戸市御崎公園球場」です。

昨年にインターネットなどでチケットの販売が行われ、抽選販売という人気ぶり。
「わ~横浜での決勝戦のチケットって、10万円もするんだ~」驚くミモロ。テレビで観戦しましょうね。

「今年は、ワクワクするイベントもいろいろ行われるんだね~」と、楽しみな1年の始まりです。





ブログを見たら 金魚をクリックしてね ミモロより

人気ブログランキング


ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.nr.jpまで


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« お正月、東山の「ぎゃらりー... | トップ | 「上賀茂神社」でいただく「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

京都」カテゴリの最新記事