ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

ふわふわぬくぬくの毛糸の手あみ。二条城の南エリアにある「イトコバコ」

2017-11-16 | ファッション

「京都も寒くなったね~。そろそろマフラーしなくちゃ~」と、日を追うごとに寒さが迫ってくる京都です。
ある日、ミモロは、二条城の南側のエリア、にある築80年の町家に出かけました。
ここは、「イトコバコ」という手あみの毛糸などがいっぱい揃っているお店です。
  
「こんにちは~」といいながら、格子戸を開けて、中に入ると、そこは別世界。
 「わ~すご~い」
棚一面に、色とりどりの毛糸が並んでいます。
 

「イトコバコ」は、あの手芸糸の「ハマナカ」の直営店。昭和世代の女性なら、だれでも1度は手にしたことがある手芸糸のメーカーです。その本社は京都。以前、ミモロは、本社見学にお邪魔したことがあります。そのときは、夏だったので、まだ毛糸が恋しい季節ではありませんでした。

「あ~ミモロちゃん、遊びに来てくれたの~」と「ハマナカ」のマスコットキャラクターのマナちゃん(白いねこ)とユウくん(黒いねこ)の熱烈歓迎を受けたミモロ。「お久しぶり~元気だった~」と親睦を深めます。


秋も深まり、店内には、手あみの品々が並びます。温かそうなマフラーや帽子などいろいろ。
 
実は、ここに並ぶのは、「ハマナカ」の手あみキットで作ったもの。

インターネットでも手に入る手あみキットで、好きなアイテムが作れる毛糸と編み方の説明書、また編み棒なども注文でき、手にしたらすぐに製作にかかれる、手あみキットなのです。
 
写真のバッグとルームシューズのキットは、2000円台。自分で編む楽しさと達成感は、既製品では得られないもの。

「あの~ミモロ、編み物、あんまりできないの~」と自分で作る自信のないミモロ。「でも大丈夫ですよ~」とお店の方。
 
ここでは、さまざまなワークショップも開催され、またわからない場合は、丁寧に教えてもらえるのです。この日も、ご近所の方が、作品づくりを楽しまれていました。

「じゃ、ちょっとやってみよう~」
「こんな感じかな~」
基本的な編み方を教わり、真剣に作業に励むミモロです。

「いつかこんなの編めたらいいな~」と憧れたのが、モチーフあみのケープ。
 
ベビーの肌にも優しい毛糸を使ったおくるみです。

「これも温かい~」
 
ミモロのように手あみが苦手な人は、すぐに購入できる品もあります。

さすが「ハマナカ」の直営店だけあって、手あみ糸の種類の多さは見事です。なかでもここだけしか置いてないのが、手あみ糸を作る前の原毛ともいうべき太い毛糸。ここから手あみに適した太さの糸をつくるのだそう。
 
その太い糸をそのまま編み込んだクッションなど。「これならミモロでも編めると思う」と目を輝かせるミモロです。
太いので、全くの初心者や子供でも、老眼鏡なしでも編め、また短時間で完成するため、人気だとか。

「ミモロちゃん、それ似合うね~」と、マナちゃんとユウくん。
「そう?温かいよ~」
ベビーシューズを履いたミモロ。「でもちょっと大きいの~」と。

「ミモロちゃん、何か欲しいものある?」とユウくん。「あのね~毛糸のお帽子が欲しいの。お耳がでるヤツ」とミモロ。「じゃ、編んであげるよ~」とユウくん。「ホント!うれしい~」とミモロ。そこでまずは、サイズの採寸を。
「耳の間は、何センチかな?」
とお店の方がミモロの頭を採寸。「あのね~クリスマスまで待っててね」とユウくん。「うん、わ~クリスマスが楽しみ~」と大喜びのミモロです。

温かな毛糸のアイテムが恋しい季節。
 
秋の夜長、完成を思い描きながら編む時間。手あみならではの充実した時間です。

*「イトコバコ」の詳しい情報はホームページから






人気ブログランキング
ブログを見たら、金魚をクリックしてね ミモロより

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミモロのおすすめの紅葉巡り... | トップ | 縁結びの「八重垣」の石があ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ファッション」カテゴリの最新記事