ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

「矢田寺」、恒例の「カボチャ炊きの接待」。歳月を感じさせる住職の息子さんの成長

2017-12-26 | 祭事・神事・風習

12月23日は、三条寺町にある「矢田寺」で、恒例の「カボチャ炊きの接待」が行われます。毎年、訪れているミモロは、今年はお友達と向かいました。
 
「矢田寺」は、浄土宗のお寺で、奈良の矢田山金剛山寺の別院として、延暦15年(796)に創建されたとも、また、弘仁13年(822)に開山の満慶に小野篁が帰依し、二人によって創建されたとも伝えられています。
「ここも小野篁に関係してるかもしれないんだ~」と、この日は、「小野篁忌厳修」の日だけに、なぜか不思議に小野篁に関係する場所に足が進むミモロでした。

本尊は地蔵尊で、満慶が地獄で出会ったお地蔵さまの姿を彫らせたと言われ、地獄で人々を救うことから「代受苦地蔵」とも呼ばれる、苦しみを代わってくださるありがたいお地蔵さまです。

冬至の翌日にあたる23日。無病息災にご利益があるというカボチャが、本堂にたくさん飾られています。
「これに触ると、無病息災なんだよね~」と大きなカボチャに抱き着くミモロ。


本堂のまえにも大きなカボチャ。そこでミモロは、ご本尊さまに無病息災を祈願します。
  
「鐘も鳴らさなくちゃ~」。夏のお盆の時は、精霊を送るための鐘になります。

朝から、大勢の参拝者が訪れ、ご祈願の後に、カボチャ炊きの接待を受けます。

なんでも150個以上のカボチャを、8個のコンロで朝6時から炊くのだそう。「もうすごく暑くて大変ですよ~」とお寺の方。ここでは、志を納めていただきます。ミモロは、いつも200円納めます。


「はい、カボチャどうぞ~」とミモロにカボチャを渡してくださったのは、このお寺の息子さん。

「え~、もしかしてお寺のお兄ちゃん?」とすらりと背の高いお兄さんを見上げるミモロ。「はい、毎年来てる子ですね~」とミモロのことを覚えてくださっています。
「え~え~あのお兄ちゃんなの?」とミモロは、目を丸くして見つめます。毎年、矢田寺に伺って5年くらいになるでしょうか?初めて会ったのは、まだお兄ちゃんが小学生だった時、今は、中学1年生になりました。
「うそ~ホントにお兄ちゃんなの?」とまだ信じられない感じのミモロ。昨年は、塾に行っていて会えなかったミモロは、2年ぶりの再会です。

初めて会った頃は、まだ幼さが残るかわいい笑顔
 2年前は、少年ぽい表情に。
 
そして今年、身長は、180センチに届きそう。「なんか頭がすごく上の方にある。わ~足長~い」とビックリ。
この2年の成長は、驚くばかり「初めにあったときから、身長2倍になったんじゃないの~」とミモロ。バレー部で活躍しているそう。「お兄ちゃんすご~い!カッコイイ~!」と再会に感激するミモロです。

年月を経ても、大きさの変わらないミモロ「成長ないね~」とポツリ・・・。それも定めですから…。

ミモロにとって、毎年「矢田寺」を訪れるのは、美味しいカボチャをいただくことはもとより、お兄ちゃんに会うのが楽しみでたまらないのでした。「ミモロのこと覚えてくれてるんだもの~」と、ミモロ。ほかのお寺の皆さんも、「いつも来るクマちゃん~、あ、ネコちゃんね」と顔が知られるミモロです。

「美味しいね~いただきま~す」


美味しいカボチャは、お持ち帰りのパック500円も。

「また、来年いらっしゃいね~」とお寺の方に見送られ、「はい、また来ま~す」と挨拶するミモロでした。






人気ブログランキング
ブログを見たら、金魚をクリックしてね よろしく~ミモロより

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「肉の荒井亭」。クリスマス... | トップ | 「北野天満宮」の「終い天神... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

祭事・神事・風習」カテゴリの最新記事