ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

「京都観光おもてなし大使」のライターとネコのミモロが、京都の情報や暮らし、グルメなどをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

「長岡天満宮」は、今、ツツジが見ごろ。圧巻のボリュームにミモロも、感激

2019-04-26 | 寺社仏閣

「ミモロちゃん、いよいよ見ごろになったわよ~」とお友達から連絡を受けたミモロ。
4月25日にの小雨の中、阪急「長岡天神駅」を最寄り駅にする「長岡天満宮」に出かけました。
「うわ~すご~い!」

噂には聞いていたものの、実際に見るのは初めてのミモロ。「いつも季節違ってたから、こんな風に咲くの見たことなかった~」と大感激。

こんもりと茂ったキリシマツツジは、樹齢150年と言われ、高さ2.5mほどの高さの花の赤いベルトが、参道の両脇に続きます。

「すごすぎる~」とただただ感激。小雨のため、それほど人出も多くなく、ゆっくり観賞できました。

「今が見ごろだね~。今週末までってとこかな~」ミモロは、柵の上にのって、ツツジを楽しんでいました。

「キャ~かわいい~写真いいですか?」「はい、どうぞ~」ミモロを見つけた方がカメラを向けます。

「こんなポーズでいいのかな~」と、柵の上でポージングするミモロです。


さぁ、本殿にお詣りしましょ。

「長岡天満宮」は、菅原道真公が、大宰府に左遷される途中に名残を惜しんだ場所。それに由来し創建されました。
 
現在の社殿は、昭和16年に「平安神宮」の社殿を拝領移築したもので、正面の拝殿は、既存の拝殿を増改築したそう。

「ミモロちゃん、ここには、来たことあるの?」とお友達。「うん、前にね、2回くらい来てるよ~。境内広いんだよね~。梅を見に来たと思う…すごく歩いちゃった~」と。敷地は、2万坪余りに及びます。

鳥居のそばにある外周約1キロの「八条が池」は、寛永15年(1638)に八条宮智仁親王によって基礎が築かれた灌漑用のため池です。
「桂離宮を作った方だよね~」とミモロ。そう、よく覚えてましたね~。

池に浮かぶように建つ客室が有名な、創業明治14年の会席料理の「錦水亭」です。
春は筍料理が有名。
 
「あの~こんにちは~」と門をくぐるミモロ。
「本日は、ご予約でいっぱいです」とのこと。「一度過ごしてみたいなぁ~」と憧れているよう。
3月中旬から5月末のたけのこシーズンは、毎日営業。この期間は「たけのこ会席1万2千円~のみ)だそう。
「見るだけにする~」と、ものわかりのいいミモロです。
玄関そばには、藤棚、そして今や珍しい公衆電話ボックスが…
 

八条が池の周囲を散策。池に映るツツジを楽しみます。


「ホント、すごいね~」とツツジのボリュームある姿に圧倒されるミモロ。

「なんかミモロちゃん、赤く見える~」とお友達。
周囲のツツジの赤がミモロの体にも映っているよう。

「今週末までが見ごろだと思うよ~ぜひ、お見逃しなく~」とミモロおすすめです。

ブログを見たら 金魚をクリックしてね どうぞ忘れずにね~ミモロより


人気ブログランキング

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら

コメント   この記事についてブログを書く
« 5月11日まで「京都工芸繊維大... | トップ | 牡丹が見ごろを迎える 長岡... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

寺社仏閣」カテゴリの最新記事