ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

梅の香りが漂う境内。真言宗智山派総本山「智積院」の夕暮れ

2018-02-28 | 寺社仏閣

ある日、ミモロは、「そうだ~お礼詣りに伺わなくちゃ~」と、七条の「京都国立博物館」の近くに位置する真言宗智山派総本山「智積院」に向かいました。
すでに15時過ぎ・・・境内には、人影もまばらです。

ここには、すでに何度もお詣りに伺っているお寺。実は、昨年、ミモロは、お友達の病気平癒のお願いに来たのでした。お寺へのご祈願は、明王殿でのおつとめの時に、お願いごとを書いた護摩札を火加持してくださいます。「そのお友達、今は元気になったんだって~。だからお礼詣りに伺わなくちゃ~」と。

ここに限らず、いろいろな神社仏閣にお願いごとをする人は多いのも。でも、そのお願いが叶ったとき、再びお礼に伺う人は、実は結構少ないのもの。

お願いが叶ったミモロは、以前授与された護摩札を持って、「お礼詣りに来ました~。お願いごと叶えてくださってありがとうございます」と挨拶。そしてそのお礼をお伝えするために、再び護摩札を奉納しました。
「また、火加持をした護摩札をお渡ししますから、後日取りに来てください」といわれました。「は~い」お願いします。

「また、きっとお願いごとすることがあるから、ちゃんとお礼しなくちゃね~」となかなか律儀なミモロなのです。

「なんかすっきりした~」と、境内を歩きます。そう、お礼詣りは、お願いごとのひとつの区切りにぜひしてほしいこと。

「なんかいい香りがする~」ミモロの鼻がクンクンと…。
「あ、梅の花、咲いてる~」いい香りは、咲き始めた梅の花から漂ってきたのです。

境内には、幾本もの梅の木があり、その中でも早咲きのものが、開花しています。


「あ、夕方のおつとめ始まったみたい~」と、ミモロは、ご本尊の不動明王さまのいらっしゃる明王殿へ。
中には入らず、ちょっとだけ開いた正面の扉の前で、読経をじっと聞いているミモロ。
「なんか心が鎮まるね~」と。

境内にある「宿坊 智積院会館」に宿泊すると、金堂での朝のおつとめにも参列できます。
「前に参列したことあるけど、すごく感激した~」と、そのときのことを思い出すミモロです。

「あ、おつとめ終わったんだ~」お堂を出る僧侶たちの姿が…。

さぁ、おうちに帰りましょ。
ミモロは、再び梅に近づいて、その香りを思い切り吸いこんで、春を感じます。
「まだ寒いけど…春が来てるんだよね」

あとしばらくすると、境内には、もっと梅の香りが漂うことでしょう。
「また、来ようね~」はい、そうしましょ・・・

京都で梅の名所はいろいろありますが、ここ「智積院」も梅が多い場所。

朝と夕方・・・人が少ない時間がおすすめです。

智積院」の詳しい情報はホームページで

人気ブログランキング
ブログを見たら、金魚をクリックしてね ミモロより

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 寺町通の「菊屋雑貨店」。オ... | トップ | 京の風物を愛らしい版画紙小... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

寺社仏閣」カテゴリの最新記事