ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

「京都観光おもてなし大使」のライターとネコのミモロが、京都の情報や暮らし、グルメなどをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

琵琶湖を一望する箱館山の「コキアパーク」。リフトやロコトレインで園内を巡る楽しさ

2017-08-27 | 国内旅行

琵琶湖の湖北、冬はスキー場になる「コキアパーク」を訪れているミモロ。「ユリのお花、すごくキレイ~」と、ゲレンデや森に咲くたくさんのユリの花を楽しんでいます。

ランチを済ませたミモロは、「ちょっと待っててね~。リフトに乗って、もっと高いところ行ってくるね」とお友達に。
「もう歩くのちょっと疲れちゃったから…ミモロちゃん、ひとりで行ける?」「うん、大丈夫だよ~」と、ミモロは、リフト乗り場へ。
冬は一面雪が積もり、リフトと地面の距離は、それほど感じないはず。
「バーを下ろして~」
ミモロは、バーにしがみつきながら上を目指します。リフトは約50メートル。もう少し乗っていたい気分です。

標高680メートルの見晴らし台に到着。
「わ~いい眺め~。さっきよりもっと遠くまで見える~」としばし琵琶湖の景色を眺めます。

「さぁ、お友達待ってるし、戻らなくちゃ~」と、帰りは、リフトに乗れないので、歩いて山を下ります。
スキーなら一機に滑り下りるところですが、ミモロは、トコトコ・・・。
「お花キレイ~」と、途中で立ち止まったり・・・なかなか降りてきません。

お花畑を歩くのが楽しくてたまらない様子です。

「あ、そうだ~お友達と向こう側のユリ園にいける機関車があった~。もうすぐ出発時間だから、急がなくちゃ~」と突然走り出し、お友達のもとへ急ぎます。
ときどき躓きそうになりながら、走るミモロ。ミモロは、ネコながら、2足歩行なので、実は、あまり早く走れません。「でも、スニーカー履いてるから…」と一生懸命ダッシュ。

「ここだよ~」山のユリ園をゆっくり楽しめる機関車です。
 

「はい、どうぞ乗ってください~。好きな場所に座ってね~」とやさしい係のお姉さん。
「は~い」
ミモロは、一番後ろの車両へ。「出発進行!」機関車の形はしていますが、これはバスのようなもの。園内の道路を進みます。
「キャー楽ちん・・・」車窓の景色は、進むごとに変わって、ミモロは、もう夢中。
お友達も「これならユリの花たくさん楽しめるわね~」と嬉しそう。
「わ~ユリ咲いてる~」

お花のすぐそばを通る機関車。爽やかな風がミモロの体を包みます。

「ここからの眺めは素晴らしいですよ~」と車内アナウンス。
「わ~琵琶湖が光ってる~」

「わ~もう折り返し地点・・・もっと乗ってたいのに~」
乗り物好きのミモロは、ちょっと残念そう。

さぁ、最後にまたゴンドラに乗りますよ。


山のふもとの駐車場へと、山を下るゴンドラ。「楽しかった~ユリのお花、たくさん見られたし、ゴンドラやリフトや機関車にも乗っちゃった~」

冬は、一面銀世界。「スキーに来たいなぁ~」と、ネコなのに雪遊びは大好きなミモロなのでした。


*「コキアパーク」の営業は、今年は、ユリの花の7月1日~8月27日。秋のコキアの時期は、9月16日~10月15日です。
それ以外の時期は、雪が積もるまでスキー場の整備時期となり、スキー場は、昨年は、12月9日~3月26日までオープンしていました。




人気ブログランキング
ブログを見たら、金魚をクリックしてね ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jp まで

コメント   この記事についてブログを書く
« 滋賀県の箱館山の「コキアパ... | トップ | ミモロのおすすめディナー。... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国内旅行」カテゴリの最新記事