ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

2018ミモロの京都さくら案内。ライトアップの高台寺と圓徳院、円山公園

2018-04-02 | 京都

東京から来ているお友達と、京都の桜をめぐっているミモロ。
満月の日に出かけたのは、東山の円山公園と高台寺エリアです。

昼間にすでに訪れた「円山公園のしだれ桜」。夜ともなると、さらにその美しさには、幻想的な雰囲気も加わり、思わず「わ~すご~い」と声がこぼれてしまいます。

「今年は、しだれ桜、元気だね~」と、ミモロだけでなく、その桜を見た人は、みんな同じ思いを抱いていました。

松明も灯る公園。そこでは、多くの人が、お花見の宴会を楽しみます。
今年は、夜の冷え込みも穏やかで、まさに絶好のお花見日和になりました。

円山公園から、ミモロとお友達は、ねねの道の方向へ。
途中、丸いお月さまの姿が…「すごく京都ぽい景色~」


さて、そこから「高台寺」に進みます。「ライトアップしてるんだって~」と、ミモロはお友達を誘ったのです。
「ほら、キレイ~」
まずは、ピンク色の濃い目な桜がお出迎え。

そして方丈では、お庭でライトアップが行われています。
方丈前庭には、大きなしだれ桜が…暗闇に浮かびあがるその姿に、歓声がこぼれます。



高台寺の境内を歩いたミモロたち。「次にどこ行く?」と桜の道を歩きながら相談。


高台寺のある場所は、山の中腹。そこから京都の町の灯りが見渡せるんです。「あそこ、京都タワーだよ~」とミモロは、お友達に指さして教えます。


ねねの道に石段を降りて来たミモロたち。「あれ、圓徳院もライトアップしてるんだ~」ここは、あまり桜があるお寺ではなく、訪れる人もまばらです。
まずは、南庭へ。
白砂の上に色づいたライトが照らされています。

「う~このタイプのライトアップより、もっと自然な感じのが好きだなぁ~でも、それなりにキレイだね~」と思うミモロです。

ほとんど参拝者のいないお寺の中を、ミモロたちは奥へと進みます。
北庭は国名勝指定のお庭。もともと伏見城の北政所御殿のお庭を移したものと言われる名園です。

ミモロとお友達は、だれもほかに眺める人のいないお庭をじっと見つめます。

「すてきだね~」「そうね~素敵ね~」と言葉少なに…ふたりはじっと動きません。

そこには、目立つ桜の木はありません。小堀遠州が手を加えたというお庭。静寂の中で眺めるひとときは、なんとも贅沢。境内の外は、大勢の観光客や花見客がいるはずなのに、ミモロたちのいる場所には音がありません。

「なんか独占状態だね~ここに来られてよかったね~」とミモロ。「そうね~感激しちゃう~」とお友達。
桜をたくさん見てきた二人ですが・・・実は、桜に替わる感激のものが・・・それは満月。

二人が座るところから、庭の上には、満月が輝いていました。

「お月さま・・・いいねぇ~」と、ミモロたちは、ここではお月見を楽しみました。

「お月さまも独り占めって感じだね~」と。心に残る春の夜になりました。


まだ楽しめる京都の桜・・・そろそろ紅しだれも開花を迎えます。


ブログを見たら、金魚をクリックしてね お忘れなく~ミモロより

人気ブログランキング

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら

all rights are reserved by Sea Hawk Japan.co;,Ltd
コメント