一円相(いちえんそう)

丸、○の事です。
心が何時もまあるくありますように。。。。

白内障の手術が終わって思う事。

2018年10月10日 06時04分00秒 | 日々徒然
やっと両目の手術が終了した。

手術をするとなってからの今まで
色々な人が様々な情報を耳に入れてくれた。

私の掛かった眼科は新しいのでさすがに悪評を言われる人は
いなかった。
が・・・耳に入るそのほとんどが失敗談。

そんな中から良い事柄だけを聞く訳にはいかず
あまり多いと手術自体に対して気持ちが萎える。

そんな中で
良い言も沢山教えて下さり
一番感謝したのは・・・・・

保険金が下りる事。
保険金の事なんて全く考えても見なかった。

日帰りだし・・・・

現役の時とは違い大した保険に入っている訳でもない。

しかし・・・出るようだ。
(ボ~~といてたのは私だけ?)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、なんでこんなに病院、医院が多い?
2代目、3代目も多い・・・・儲かるからか?

その構図は政治家と似てると思う。
地盤、カバンもあるしね。

評判は駆け巡る。
今はネットで書き込み、口コミなんて言うのもあるけど
それを知らない爺婆世代にも
色々な病院の待合室でのお喋りの中で飛び交う情報交換

これが最高のネットワークだ。

その効果なのだろうか私の掛かっている眼科が
あっと言う間に患者が増えパンク状態。

開院当初・・・・閑古鳥が鳴いていた。
通り道にあるので日に5~6回前を通る。

以前は2~3台しか車は止まっていなかった。

私は今まで通っていた眼科で手に負えない新生血管黄斑症に
なり医大に通っていた。

落ち着いて来たので前の眼科に帰ろうか?と悩んだときに
その眼科が遠い事もあり・・・・
若い担当医に
「近くに眼科が出来た」と話した。

彼はその先生に習ったみたいで、いい先生だからそこに行く事を
熱心にすすめた。
余程人格的にいい先生なのだと感じた。

通い出した時も患者は少なく・・・・
穴場だと感じ色々な人にすぐすむよ~と宣伝していた。

先生は気さくで優しい。
診察室からは絶えず笑い声が漏れてくる。

「遠くの名医より近くのヤブ」
主人の持論だけど(本当に失礼だなぁ~~)

「近くの名医だったら言う事ないね」と昨日ポツリと言う。

内科、歯科、整形外科、眼科と私に合う医院を見つけられた。

主人はいまだ・・・・
「近くのヤブ」にブ~ブ~言いながら通っている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 思いとは反対に。 | トップ | pipi・・・・私の考え方。 »