P.Aリレーション
心をつなぐポーセラーツ
 



見てください!(画像をクリックすると少し大きく見れるはずです)
熊ですよ!クマ!!
先日空港へ向かっている途中に遭遇したクマ運搬車です!
2車線の道路を走行中、突如現れたこの車!
「あれ!クマじゃない?」・・と娘
「えっ!ホントだ!クマ、クマ!」と息子
「ど・どこから来たの?常呂かな?仁頃?かな」
「これって写メじゃない?!」
「早く!早く!」
車内は大騒ぎ
あったんですね~デジカメ!!
思わズアクセルを踏みこむ私
息子が激写ですよ!
興奮しましたよ
だって!クマ出没ですよ
身長は約180cmくらいでしょう
体重だってかなりのものですよね
ハンターに撃ち止められてしまったのでしょうけど
どうやって車に乗せたのでしょうか?
ハンターは何人いたのでしょう?
「まさか生きてはいないよね」
「当たり前だよ」
「どこへいくんだろ」
そんな訳のわからない会話をしながら一路空港へ
今ごろあの熊はどうなったのでしょうね
「熊出没注意!」こんなTシャツ見た事ありませんか?
ホントに出没したのをみたのは初めてのことでした
熊から見れば「ハンター注意!」だったんですね
甥の結婚式の為に帰省した子ども達、姉、姪は
最後にこんなビックリなお土産を持って
飛び立っていきました
・・・そして・・いつもの日常がはじまり・・
またP.A始めますよ~
皆さんに会えるのが楽しみです

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




そろそろ「クリスマス」という言葉が聞かれるような季節になりましたね
まだ早い・・と思われがちですが、
ツリーなどを飾る期間は少なくても一月くらいはあったほうがいいでしょう
ですから、もう作り始めても遅くはないはずです
今日はひと足お先にポーセラーツのクリスマスを一部ご紹介してみましょう
P.Aにもリースやツリーなどが楽しめるオリジナルのものが
あるんですよ
画像はリースですが、aikoさんは両方作る予定です
リースの真ん中にはベルを(ちゃんと音がでます)・・かわいいでしょ?
多分とってもお気に入りのはずですよ
周りのオーナメントはフラット型のものですが、
裏も表も絵付けができますので
ツリーに飾ると多方面から楽しめます
オーナメント自体が小さいものですので
転写紙も小さい柄のものを使用するとなると
細かい作業にはなりますが
出来上がった時にはとってもキュートな
オーナメントになっていきます
aikoさんはお孫ちゃんにクリスマスプレゼントにするそうです
楽しみですね

さてさて、今話題?の双子ではないかという私と妹・・
今度は、母の入院していた病室の患者さんが
私達を同一人物だと思っていたとか・・・
昼間妹がお見舞いに、
夕方私が見舞ったところ
「同じ人だよね?」と母に・・
「他人様から見ると本当ににてるんだね」
母の方が驚いておりました
そういえば、思い出しました
数年前、大型スーパーで私を見かけたという知人が
「昨日買い物にいってたでしょ?」
「昨日は・・行ってないけど・・」
見掛けられたのは妹だったらしいです
(妹はそのスーパーによく行くらしいです)
最近は随分とこのような話を耳にしますね
姉妹には間違いありませんが、
双子ってちょっと不思議な感じですね
3才離れていますけど、
なんだか双子になった気分になっているのは私だけ?
見比べてみてください・・・機会があったら



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




2008,10,21・・・自分の誕生日だということが
わかったのでしょうか
言葉で言っても認識ができない状況ですので
何か単純な方法で父にお祝いを告げたいと考えました
「誕生日」を連想するものは???
やはり「バースデイケーキ」がわかりやすい?
それしか思い浮かばなかったので
探しましたよ・・バースデイケーキの絵が描かれている
「バースデイカード」
ちょっとアニメチックなかわいいものしかありませんでしたけど
「誕生日おめでとう!80歳だよ」
そう書き込んで病室へ・・
「おぉ、来たか」と言っているような顔をして迎えてくれました
父の顔を指差してカードを見せてみたところ
しばらくじーっと見つめて・・・
うなずいたけれど・・・・わかったの?80回目の誕生日だということ
今日という日がいつで何曜日なのかわからない日々を
送っているのですから、多分認識はできなかったでしょう
・・・と想像します
しかたがありませんね
でも皆父の誕生日をそれぞれに祝っていましたからね
昨日母がお赤飯を炊いて
「変な誕生日になっちゃうけど、前祝だね」
そういって父の代わりに二人で食べました
美味しい母の料理を食べられる日が
来ますように・・そんなことを思いながら

さて今日は父と母の入院する病院を見舞い帰宅
P.Aの作品をやっと・・・焼成中です
まだまだかなりの作品たちが順番を待っています
明日もまた窯はフル回転
ついでに・・我が家の食卓窯が寿命を迎えたため
○○電器にて新規購入!ですよ
IH炊飯器ですって
いまどき当たり前?ですか
なにせ10年使いましたから
お役目ご苦労様
あしたから美味しいご飯が炊けそうです
寝不足気味のため、今夜はこれにて




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




実家で過ごしています
明日朝眼の手術を受けるために入院なので
これで両目の水晶体が新しくなり驚くほどキレイに見えるようになるはずです 先週眼帯を外した時に一斉に「うわぁー明るい!」という歓声が上がったそうですよ
曇りガラス越しに見ていた風景が透き通ったガラスに変わったような見えかたになるそうですよ
母もそんな明るい未来?!が楽しみのようです
退院した二日後には孫の婚礼がありまして、キレイに見える目で出席できることが目標でしたから
父が一緒でないのは残念ですけどね
今夜は晴れの日に着る衣装の用意も済ませましたよ
私は着物でいこうと決めました…三人で着物着ようよ〓…という姉の提案に乗ったわけですもちろん母もですよ〓そんな訳で先程母と二人でファッションショーをしてみました
着物もなかなか良いものですね
当日が楽しみです
あくまでも主役さんたちの引き立て役でさりげなくいきましょ〓
こんな話、あんな話…母とたくさん話しをします
父が入院以来たった一人で田舎暮しですから話し相手が時々必要ですよね〓
そんな時間をこれからもたくさん作ってあげようと思います
おやすみなさい

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




一週間でした
母の入退院、P.A講習会、吹奏楽演奏会・・・
仕事もそこそこ忙しく、ディスクワークからお子様(3才から7才)の相手まで
幅広く使って頂いているわけで・・
充実してますよ
そんな中、先日パラボに行く機会があった折に
訪れた場所があったんです
絵画教室を持っている方の作品展が開かれているのを知り、
どうしても行ってみたかったのです
なぜかというと、
8月にNHKギャラリーで父との個展をした際に
立ち寄ってくださった「みはらたくみ」さんという
絵画家さんの教室の作品展だったからです
私はNHKで初めてお会いして話をしているうちに、
みはらさんがポーセラーツで使用する白磁を作る仕事を
していたことがあったり、
妹の義理の兄が陶芸家で、みはらさんと縁があるということが
わかったり、父のことも芸術を通して知っていたり・・
とにかくつながりのある方ですので
父のことを話ができたらと思い尋ねてみたわけなんですけどね
かつて父曰く、「この人はただの絵描きさんじゃないんだ」
という「みはらたくみ」さんのことを
どういう意味で父がそう言ったのか、
絵のことをどうこう評価することなどできようはずのない
私には深すぎる話ですけど
とにかくそんな絵描きさんに会うことができました
父とも倒れる僅か2週間前に会話をしていた訳ですから
とても驚いていられました
みはらさんの生徒さんの中には70歳から80歳くらいの方も
いらっしゃって作品が並んでいましたが、
老いてなお何かに打ち込めること、
生きがいのような楽しみを日常にしていることが素晴らしいことだと
人生80年生きるということはすごいことなんだと
だから倒れてもなお命を頂いている父も本当はすごいことなんだよ、と
言われました
本当にその通りだなぁと思いましたね
人は世の中に役立つ為に生まれてくるんだという教えも
あるのですから、
生かされていることに感謝しなければ・・・とも思います
そういう前向きな「気」というものが人生を長くできる要因であることも
改めて教えていただいたような時間でした
父が倒れて「ご家族も大変ですね」という質問に
「父は、自分が倒れて大変だと思っていると思いますし
介護をすることは確かに大変なことかもしれませんが、
大変だとか、どうしてこうなったのかとか、この先どうすれば・・
とかマイナスな考え方は持っていないのですよ
何でも受け止め方次第でプラスにもマイナスにも
心は動きますから、プラス思考でいきたいですね」
こんなことを私が言ったところ共鳴されていましたね
「あなたは大丈夫ですね」と
そして、こんな余談も・・ピンクと紫は微妙に近い色同志だけれども
ピンクはの色、紫はになる色なんですって
「ピンクでいきましょう!」
結論が出たところでお互いの前途を讃え会いながら??
その場を後にしたところです
また心を元気にして頑張れそうです
+++=+ 
・・・今日は画像がありません・・・焼成時間を確保しなければ・・
次回に続く

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




って言われちゃいました・・母が眼の手術をした病院で
私と3才違いの妹のことです
よく似ているとは言われていますけど、
双子と言われたのは今日が初めてですね
妹と顔を見合わせて「そんなに似てる?私達
更に「いっそのこと双子ってことにしておこうか」なんてね
そういえば先日妹が、卒業した子どもの卒業証明書をもらいに
高校を訪れたときに事務の方(私を知っている方です)が
妹の顔をみて、私の姉と思ったらしいです
妹とはその日初対面だったのですが・・・
ここで訂正しておきますけど、私が姉なんです・・・一応
ちなみに妹の方がビックリしたみたいですよ
そして・・・
父のいる病院では私と兄が夫婦だと思われていたようです
兄妹だと言ったら驚いてました
どうやら私と兄は似ていないようですね

そうそう、今日は母が一時退院して帰りしなに
父を見舞ったのですが、リハビリ中で
車椅子に乗っていました
随分ちゃんと座っていられるようになったなぁという印象を受けました
母に手を握られて嬉しそうでしたよ
そこでも私と妹の顔を見比べているような仕草を
していましたので、もしかしたら
どちらが私か妹か???だったのかもしれませんね
名前を言っても理解できないようなんです
認識できると思われる手段は、
顔だったり、身振り手振りだったり、写真だったり、
絵だったりなんです
言葉をつなげるという作業が困難だということらしいです
でも最近は怒ったりしなくなりました
いつも笑っています
そんな父がなんだか「かわいい」です
明日はどんな顔を見せてくれるでしょうか
・・・今日はもっと書きたい話があるのですが
次回に続けます



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




machikoさんのwedding cup が 仕上がりました
これは、今月末に結婚式を挙げる私の甥とお嫁さんへの
machikoさんからのお祝いなんです
もちろんP.Aの作品です
ペアのカップ、とても良い色合いでしょ?
最近仕入れた新しい転写紙を使ってみたのですが
本当に温かみの出るかわいい転写紙で
P.A仲間の間ではちょっと人気物なんです
白磁のもともとの色によっては微妙に色の出具合が
違ってしあがるのですが、
このカップの色は黄色味のある白磁ですので
やわらかい色に発色されています
おかげさまでこの転写紙の良い部分が
おおいに発揮されているようです
全てをご覧いただけないのは残念ですが、
受取ったカップルだけには
このかわいいデザインと温かいmachikoさんの
心が届けられると思います
ありがとう
あっ、machikoさんもまだ仕上がりを見ていないのでしたね
近日中にお手元に届くはずですので
楽しみにしていてね

さて今日は久しぶりのブログインとなりました
一泊二日で札幌往復したものですから
お天気に恵まれ、紅葉を楽しみながらの
一人ドライブとなりました
帰りは真っ暗闇の道路で鹿さんとすれ違いました
目の前に現れなくて良かったぁ
・・・ということで無事帰宅して日が変わり・・・
今日は母の白内障の手術を終え、
ただ今入院中!
これで両親とも病院にお世話になっているという状況ですね
白内障の手術は片目づつ2週にわたって行なわれることに
なっています
手術は約30分ほどで終了です
ただ、片目を塞がれていますから、
ちょっとの間歩行に気をつけなければいけません
母は腰や膝が弱いので時間が許す限り
そばにいてあげました
病院の夕食は・・・美味しそうでしたよ
その後父のいる病院へ
今日はかなり深い眠りに入っておりましたので
そっと帰ってきました
最近、言葉をかけても反応が弱いのが気になりますけど
怒られることはなくなりましたよ
もうすぐ80歳の誕生日を迎える父・・・
自分の誕生日、覚えているのかな??

今週も盛りだくさんな一週間になりそうです

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日の画像は・・・
天まで届け!ばばさんのブルーバードのコンポートです
今年2月まで介護をしていたお母様のご仏壇にお供えものをする為なんですね
幸せの青い鳥をイメージした転写紙をふんだんに使って
一見賑やかそうに見えますが、
実はとても透明感を出した作品だと思います
このコンポートのほかにもお皿やデミカップなども
お揃いで作りましたね
毎日のお供えをきっと楽しみにしていることでしょうね
ばばさんの優しい思いが伝わるアイテムになりました

さて、話は変わりますが・・・
明日の命の保障がないと言われたとき
あなたは何をしますか?
誰に会いたいですか?
・・・そんなことを考えたことはありますか?
この2.3日の間にそのような環境に置かれた友人に出会いました
手術ができない状況で、もし受けた場合命の保障はないと
告げられた訳ですが、
自分の意思で、ある手術を受ける事にしたそうなんです
その勇気たるやすごいと思うのですが、
手術を受ける前日に、会いたいと・・・
呼ばれたわけです
何かをしてほしいとかではなく
一人でいるのが不安だったのでしょうね
でもそんなときにどんなことを言ってあげたら良いのかは
皆目見当もつかずにただただ世間話をして時を過ごす・・・
そんな時間でしたね
明日はもしかしたらもういないかも知れないと
思った別れ際になんとも言えない感情に苛まれました
自分で入られる最後の日と考えたその日に
会いたいと思ってくれたんだなぁと思ったら
嬉しいような・・でも悲しいような複雑な気持ちに
なったと同時に、
もし自分が逆の立場に立たされたときに
最後に何をして、誰に会いたいか・・・なんて
やっぱり究極の思いを抱くのだろうと想像しますね
瀬戸際に立たされた場合の感情を簡単な言葉で
表すことなどできないことはわかっていますけど
会いたい人・・・いますよ・・私にも
あなたはどう考えますか?

・・・ちなみに、その方の手術は無事済んだという
報告を頂きほっとしているところです
良かった!!



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




dajiさん、焼成したら・・・「赤」でした
「えっ?」「やっぱり!」・・どっちかな?
転写紙の判別がつかなくてごめんなさい
赤か茶のどちらかを隔離しておかなくちゃだめですね
でもこのマグ・・かわいい色に変身してますよ
薔薇も生きてます!
dajiさんの作品は独特の世界を持っていますね
細かい作業がやりにくいはずなのに
定規が必需品で、きちんと測ってイメージ付けするところは
見習うべき!ですね
個性を放した数々の作品たちはきっと
貰い主の手元でdajiさんの温かい心を感じながら
使われているのでしょうね
あっ、もう一つのターコイズブルーのマグも
さわやかな色を発色してステキになっていますから
お楽しみに!

今日は久しぶりに休日を頂き、
身の回りの整理を一気に片付け
午後からはP.Aです

昨日、P.A仲間のAさんが
胸の手術のため札幌の病院へ向かいました
心も体も大変なときにわざわざお電話を下さったのです
「帰ってきたらまたP.Aやりますからよろしくお願いします」って
待ってますからね
焼き上げたコンポートは娘さんからお手元に
Aさんの静かで優しいお人柄がにじみ出た作品になりましたよ
手術のご成功をお祈りしています




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




だったんです
父が倒れてからヨガのレッスンが遠のいていましたので
おかげで体は悲鳴を上げていましたね
やっぱり整体ヨガは体を調整するには最高です
とっても楽になりました
体を伸ばすこと、力を抜くこと・・って精神的にもとっても
良いみたいです
体や心に滞っていたものが解放される感じです
だから元気になれると思います
こういう時間を週に一度でも持てることは幸せですね
毎日がめまぐるしく過ぎていく今日この頃ですが
そういう時の方が時間を有効に使えると思いませんか?
そうなんです、きっと
今日も仕事が終わってヨガへ行くまでの時間に
P.Aの作品を窯に入れて出かけました
明日の朝には色とりどりのマグカップが
ピカピカの顔をして出てくることでしょう
また画像でご紹介したいと思います
お楽しみに!!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ