mimi-fuku通信

このブログを通して読み手の皆様のmimiにfukuが届けられることを願っています。

【山代温泉(加賀市)/古総湯(デジタル掛軸)/大田楽(屋内公演)】

2013-08-14 11:00:00 | 街ネタ(写真館)

2013年8月5日。
山代温泉(石川県加賀市)の夏の風物詩となった山代大田楽を見に行った。
今年で18回目となる“大田楽2013”は8月4日と5日の2日間。
今年は“天の気紛れ”か、両日共に狙い撃ちしたかの雨。
特に、
初日の4日は日中の好天が一転し午後8時の開始時間に雷雲と土砂降り。

南から北上した積乱雲が原因で大田楽史上最悪の1日にとなった。
*8月4日と5日の“つぶやき”はカレンダーから5日、6日を日時選択。

大田楽については過去に2~3度観覧しているので行くつもりはなかった。
事情が変わったのは2日目の5日の公演が加賀市文化会館での開催。
野外での通常公演(有料と無料)は人に紛れストーリーを確認することが難しい。
亡くなった狂言師:野村万之丞の傑作物語をホールで観る。
*これは私の小さな願いでもあった。

時代と文明の利器は日程を容易に教えてくれる。
5日の屋内公演は地元の方のツイッターの呟きで知った。

※ ※ ※ ※ ※


1.


2.


3.


4.


5.

5枚の画像は大田楽に連動して企画されたデジタル掛け軸。
大田楽の会場(服部神社)から程近い山代温泉のメイン・スポット。
残念な事に大田楽が荒天により2日目の夜は人影も疎ら、
制作は小松市在住の照明デザイナー:長谷川 章氏。
http://dk.popculture.jp/profile_j.html

次々と変わる建物の表情は観ていて楽しい。
山代温泉古総湯は近年建てられた復刻建造物。
ステンドグラスが金沢の尾山神社を彷彿。
明治の時代の庶民の美的センスと粋(いき)を感じる。
*洗い場はなく、身体を洗う場合は隣接の山代温泉総湯で入浴。
古総湯は湯舟に浸かることと2階での休息がメインの湯治施設だ。

☆デジタル掛け軸は2013年8月16日、17日(夜)にも行われる予定☆
~2013/08/17/pm3:00~ YAMASHIROアートマーケット2013

※ ※ ※ ※ ※



2013年8月5日の山代大田楽は屋内(ホール)で行われた。
*会場の加賀市文化会館は大田楽(野外開催)の駐車場にも使用される。

会場のアナウンスで写真撮影禁止が告げられたので、
演舞終盤の演者の退場のみを撮影をした。
*途中からの入場者はアナウンスを聞いていないので自由に撮影していた。
デジタル時代の情報拡散を考慮すれば撮影許可もありではなかったか?
ただし三脚の禁止とフラッシュの禁止は舞台演出を考えれば当然。

結論を言えば屋内開催は大成功だった。
演出部では入場の華やかさは衣装の確認と演者の多さ。

最初の笙の音色は緊張感があり固唾を飲んで見守った。
幻想的な開始から日本の伝統的踊りの数々は絵巻物。
衣装も京の都から地方に伝承される田楽の装いが融合。
子供達の可愛さや、お決まりの躓きは会場の笑いを誘った。
日本芸能とは関係のないアクロバットや変面(中国)には大きな拍手。
狂言師:野村万之丞さんの気迫が今に伝わる華やかな舞台に共感。
望むべきは縦の線や横の線の不揃いを合せることで完成に近付くだろう。

初めてのホール公演を観た感想を書き綴ったが、
“禍(災い)を転じて福となす”

*願うべきは2日間の野外公演の前夜祭としてのホール公演の常設。

ホール公演を続けることでが年々に高い評価を得れば、
小松市、能美市、金沢市のホールに出張公演も可能だし、
山代温泉の観光をアピールするために、
大都市での大田楽公演も視野に入る。
*ただし内外の高い評価は必須事項。

私はホール公演を見て“その価値”を感じた。


PS:夏の夜毎ごとに出現する田楽演者のストリート演舞。
   観光の目玉としての田楽はアイデアに枚挙がない。

コメント

【光の演出】:ひとひらの花(桜花)を撮る。

2013-04-13 21:00:00 | 街ネタ(写真館)

2013年4月13日。
加賀地方は、前日、前々日の寒さとは一転。
穏やかな一日の午後に近くの公園を独り散歩。

花弁が所々に残る桜の木を鑑賞し、
一片(ひとひら)の花弁(はなびら)を追う。

光と影が一体になって美が生まれる瞬間。
何気ない日常の一期一会に心がはずむ。



※順光(じゅんこう)で桜の雄蕊(おしべ)の影を撮る。



※逆光で花弁の背にある桜の花柄(茎)を透かした。



※雄蕊に焦点(ピント)を合わせ花弁の奥ゆかしさを演出?



※青空に浮ぶ一片の花弁こそ桜花撮影の王道。
 ~色の対比が淡い桜のピンクを引き立てる。



※最後は今一度、順光で撮る一片の花弁を落下した桜花の痕跡で象徴的に…。


満開の桜ばかりが桜の美ではない。
自然が作り出す光の演出は如何なる時もドラマテック。
必ずしも名所名跡に行かずとも桜の楽しみ方は着眼点。

鑑賞眼があれば最後の“ひとひら”まで心うきうき。
視点を変え知識を養い色々なモノを見てみよう。
頑なな視点は発想力を狭くする。

楽しく生きるためのコツ。
それは、
絶えず鑑賞眼(観察力)を養うことだ。


<付録>


※光の影響を受けない角度での桜の撮影。



*逆光を利用して花弁の花脈(?)を写し撮る。

コメント

【満開の桜:露天風呂でお花見】辰口温泉、里山の湯(石川県能美市)

2013-04-06 21:31:00 | 街ネタ(写真館)

2013年4月6日(土曜日)。
低気圧の発達で列島が混乱する春の休日。
4月7日は加賀地方も花散らしの爆弾低気圧。
満開を迎えた僅かな時間を何処で過ごすか?

今年は迷いもなく訪れた石川の名湯:辰口温泉。
2009年7月にオープンした、
辰口温泉2番めの立ち寄り湯は“里山の湯”

温泉好きのmimifukuが何度も尋ねた辰口温泉総湯。
地元の方に教えていただいた“満開の桜”と露天の湯。

今日初めて満開の桜の下で湯船につかった。
残念なことは低気圧の接近で空は白い曇り空。
桜の撮影は擬態の如く冴えはなし(笑)。
古いガラ系携帯の撮影は人気のないのを見計らい…・



男湯と女湯は定期的に交代。
2つの小さな露天の湯はヒノキ造りと岩造り。
今回の入浴は岩造りの露天風呂。

地元の方の話では“夜桜”は仄かなライトで幻想的。
ヒノキ造りの内風呂からも贅沢な桜を楽しめた。
*塀垣の外の桜並木と庭に植えられた1本の桜。



温泉で愛でる桜の世界。
家人もヒノキ露天で桜を堪能。
見慣れているはずの景色も、
満開の桜は格別とご満悦。

桜の時期は短く2箇所の露天を楽しむのは2年がかり?
県内の方はタイミングに合わせて挑戦してください(笑)。

*****

【営業時間】
午前10時~午後10時

【利用料金】
大人(中学生以上)500円
小人(小学生以下)100円
 
【定休日】
毎月第2第4水曜日

【問い合わせ】
〒923-1245
石川県能美市辰口町ヌ3番ー1
能美市温泉交流館 
『辰口温泉総湯・里山の湯』
TEL:0761-51-2183
http://www.city.nomi.ishikawa.jp/toshi/satoyamanoyu.html

 

 

コメント

【宇宙人の親子、トイレに現る!】:コスモアイル羽咋(石川県UFOの里)

2013-01-01 23:00:00 | 街ネタ(写真館)


*宇宙人が執務するコスモアイル羽咋の館長室。



*男性特有の行動は宇宙人も同じ。



*ある日、宇宙人専用のトイレで偶然2人?は出逢った。



*愛は育まれ赤ちゃんを授かる。



*親子で記念写真。



*???、何が故障中?

※※※※※

あけましておめでとうございます。
2013年の1発目は東スポ風。

昨年のテーマは未来を語ろう。
今年のテーマは明るい無責任。

デフレ恐慌からの脱出。
個々の心理から恐れを取り除く。
下を向いていてもね。


よって、
今年も宜しくお願いしてやる(笑)。


*****

画像はコスモアイル羽咋で撮影した館内案内板。
能登を訪ねる時があれば、是非お立ち寄りください。

【宇宙科学博物館:コスモアイル羽咋】
 ▽開館時間:8時30分~17時
 ▽休館日:毎週 火曜日

【住所】
 〒925-0027
 石川県羽咋市鶴多町免田25

 TEL:0767-22-9888
 FAX:0767-22-1947

コメント

石川県発:これが噂のレディー・カガ!加賀美人の“輝き”を堪能せよ。

2012-06-23 20:47:00 | 街ネタ(写真館)

これが噂のレディーカガ”の新着動画。
石川県で話題の加賀温泉郷の新たな試み。

美人どころのさりげない表情は好感。
この映像には“よき日本の姿”がある・・・持ち上げすぎ?

これはこれでイイんじゅない?
地元民が見てもみんなイイ表情出してる。
150秒のロング・バージョンをどうぞ。

*LADY KAGA PV「かがやき」篇 ノーカット(150秒版)
http://www.youtube.com/watch?v=sG7BIUxhBuE

たまには地元地域の、
観光宣伝もしなくっちゃネ!

「加賀温泉にきまっしや」。
って金沢弁やないか。
「加賀温泉にいらっしぇや」。
が加賀弁か?

まっ、いいか。

PS:
レディーカガはレディーガガとして、
かがやきは輝きと加賀焼き(九谷焼)?
この地はダジャレも売りにしてるのか(笑)。

コメント

これが噂の風力発電 in 徳光PA(石川県白山市)。

2012-06-02 15:39:06 | 街ネタ(写真館)



写真が噂の風力発電。
と言っても、
私の地元でのプチ情報。

石川県白山市にある徳光PAで最近稼働した風力発電。
九谷焼を意識した五彩のデザインも曇り空の携帯電話の撮影じゃ色も微妙。
*調べて分かったことは五彩は加賀友禅の加賀五彩で九谷五彩とは異なる。

今日の目的は、
白山市のショッピング・センターから、
新しくできた白山インターチェンジ経由で、
小松ICから自宅までの短いドライブ。
白山IC⇔美川ICの中間点が、
徳光パーキングエリア。

変わった形状のコンパクトな風力発電を見ながら思う“発電の原理は回す”こと。
自転車のライトが自家発電で点灯するように回転運動が発電のメカニズム。
水力、火力、原子力の総ての発電はタービンを回すことが基本原理(だと思う)。

そう思うと従来の扇風機型の巨大な風力発電機に頼らずとも、
小さな物(インテリア感覚)も集めていけば大きな力?
*市町村単位のアイディアで面白発電機を開発・製作できれば…。


そんなこんなを考えると発電に興味がわいてくる。
でも、
太陽発電は回転運動を必要としないよね。
また、
雷が生まれるメカニズムが、
寒気と暖気の衝突だとすれば?

節電の夏。
皆で発電の可能性を考えるのも面白い。

コメント

【金沢市(石川県)】:犀(さい)川・浅野川界隈の桜を撮る。

2012-04-12 00:00:00 | 街ネタ(写真館)

2012年4月10日。
ようやく桜の開花が宣言された金沢市。
4月5日には東京・上野公園が満開!
となる季節に石川県全域では桜の蕾も硬く。

以前にmimi-fuku通信では、、
上野公園の満開から5~8日後には、
京都の桜(ソメイヨシノ)が満開となり、
その約5~8日後に、
大阪造幣局の桜(多種多様な)が見頃を迎える。
と文字にしている。

金沢市の満開も平年は上野公園の満開から、
約7~10日後頃なので今年の満開は15日?
よくTVのニュース(東京発)では、
上野公園の桜が散る頃には桜前線が北上する
と耳にするが、
現実的には東京の開花~満開は全国的にも早く、
九州でも今週に入り満開を迎える地域もあるはずだ。

無駄話が多くなった。

金沢市の桜で見逃せないのが、
犀(さい)川と浅野(あさの)川の桜。
*地元では男川・女川の別称もある。

昨年の4月17日(日曜日)。
自転車を持ち込んで金沢市街を桜散策。
*以前にブログでも文字にしている。
その時に撮影した河川敷きの桜は突き抜ける青空。

今週末(14~15日)も市街は陽当り良好?

もし桜の季節に金沢にお越しの際は、
是非河川敷にも足を運んでください。


*犀川河川敷の桜並木.1。
~遠く(下流)に見える水色の橋が犀川大橋。



*犀川河川敷の桜並木.2.
~1とは別の角度からの撮影で枝を手前に入れてみた。


*犀川河川敷の桜並木.3。
~桜橋付近(上流)の枝垂桜は色づきが華やか。
~桜並木の後ろの桜の通りが金沢市の桜坂。



*近年整備され美しく生まれ変わった西(にし)茶屋街。
~東ほど有名でなく人通りも少ないのが残念だが絵になるスポット。

******


*浅野川河川敷の桜並木。
~奥(下流)に見えるのが浅野川大橋で東茶屋街に近い。


*天神橋近くの大きな桜の木の枝。
~市街から卯辰山に至る橋で卯辰山も桜の名所として名高い。



*平成になって設置された滝の白糸の水芸姿は梅の橋の袂。
~金沢市出身の泉鏡花の戯曲『義血侠血』のヒロインを象った像。


*浅野川で最も趣(おもむき)のある梅の橋。
~橋の東側直傍には徳田秋声記念館が建っている。



*浅野川大橋から近い主計(かずえ)町の桜は中の橋からの撮影。
~主計町もまた花街(お茶屋街)のひとつで近年整備され地名も変更(旧地名を使用)。



*兼六園と並ぶ金沢観光の顔として古くから著名な東(ひがし)茶屋街。
~旅雑誌には必ず掲載される有名な通りは人通りが絶えず別の通りを撮影。

 

コメント

【九段下界隈】:千鳥ヶ淵と靖国神社と武道館の夜桜と花見。

2012-04-08 21:00:00 | 街ネタ(写真館)

3日続きのお花見(in TOKYO)の写真。
昨日、一昨日と携帯電話からのブログ更新。

【上野公園】:池と桜とスカイツリー。
と、
【新宿御苑】:池と桜と高層ビル街。
では、
自宅に帰ってデジカメの写真を追加。
*2件の記事タイトルも少しだけ変更。

今夜の投稿記事は、
2012年4月6日の夜の千鳥ヶ淵界隈の夜桜。
*午後8時40分頃には季節外れの霙(みぞれ)も降った。

夜桜は、
手持ちの古い携帯電話のカメラではまるで撮影できず、
持参の6年前の安価なデジカメ使用は画像が荒い!
*最初に言い訳(笑)。


*千鳥ヶ淵の夜桜、1。



*千鳥ヶ淵の夜桜、2。


*千鳥ヶ淵の夜桜、3(霙が混じる)。


*千鳥ヶ淵の夜桜、4(最も有名な撮影スポット?)。


*千鳥ヶ淵の夜桜、5(整理・整頓されたボートがキレイ)。


*深夜の靖国神社(参道には賑やかに屋台が並ぶ)。


*靖国神社の境内のお花見は立錐の余地なし。
*私も生ビール&焼き鳥&チジミに満悦。


*九段下駅から武道館に至る橋からの夜桜もまた美しい。


*雪洞のない武道館の大きな宝珠(玉葱?)と月光に浮かぶ桜。


 

コメント

【新宿御苑】:池と桜と高層ビル街(NTTビル)。

2012-04-07 16:26:52 | 街ネタ(写真館)

今日も昨日に続き携帯からの更新。
何年ぶりだろう?
2012年4月7日。
新宿御苑に立ち寄った。
広々とした園内に人の波が途切れることはない。
桜の季節は初めての経験。
思いのほか桜が多く1時間では時間が足りない。
桜のスポットもあまりに多い。
特に池の周りに絵になる風景が点在。
風がなければ水鏡も期待できる。
残念ながら滞在時間に風の止む間がなかった。
それと賛否あるだろうけど以前になかったNTTビル。
アメリカ的佇まいが御苑の景色に強い存在感。
いつしか和洋折衷の庭園に様変わり。
ビルをアクセントに写真を撮るのも楽しいよ。

<4月8日:帰宅後に写真を追加>


*多くの花見客で賑わう苑内。


*中の池の橋付近は人並み絶えず。


*風がなければ見事な水鏡?


*なんとなく絵になる銀杏並木(枯木)と桜のコラボ。


*新宿の高層ビル群を下の池から撮る。


*桜の枝を狙うと何かの別な生き物に感じる。

コメント

【上野公園】:池と桜とスカイツリー。

2012-04-06 15:22:27 | 街ネタ(写真館)

2012年4月6日。
只今電車の移動中。
昼休み。
満開の上野公園の桜見物は大急ぎ。
不忍池でピンスポット発見。
携帯電話で思わずパチリ。
週末が見頃です。

<写真の追記:4月8日帰宅後>


*大賑わの上野公園はお花見のメッカ。


*不忍池の水鳥と弁天堂周辺の桜。


*スカイツリーが見えるスポットは少ない。

コメント