「建築家と作る木の家」 produced by みまさか木の家 岡山普及会

岡山の清流「旭川」 その旭川上流に位置する「真庭」で育まれた「美作材」で家を建てよう。

倉敷S邸 上棟しました

2018-01-14 | 工事の途中経過

認定低炭素住宅の倉敷S邸、上棟しました。

 

 

気温6度というかじかむような寒さの中、大工さん達の手によって

てきぱきと組みあがっていきます。

 

 

屋根の形がうかがえますね。

足場の上に載っかているのは屋根の下地となる野地板の束。

一枚ずつタルキに留めていきます。

 

 

野地板を張り終え、シートで包んで今日の作業は終了。

上棟式というと餅まきというイメージですが、都会ではこの習慣は

られなくなってきました。

そのかわり身内のものだけ集まって建物の四隅から鏡餅ほどの

大きさの餅を投げる四方餅(隅餅ともいう)を行いました。

 

 

 

棟上げは大工さん8人によるチームプレーですが、このあとは大工さん2人が

こつこつと家を作っていきます。

現場の様子はまたアップさせていただきますね。

 

無料の設計コンペを始めました。

お気軽に下記 「建築家と作る木の家」 ホームページから

お問い合わせください。

 

   

  「建築家と作る木の家」

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉備高原都市の家、工事の進捗 | トップ | 桑野の家 地鎮祭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

工事の途中経過」カテゴリの最新記事