「建築家と作る木の家」 produced by みまさか木の家 岡山普及会

岡山の清流「旭川」 その旭川上流に位置する「真庭」で育まれた「美作材」で家を建てよう。

倉敷の平屋の家、上棟しました

2018-03-05 | 工事の途中経過

 

寒さもやわらぎ、春はすぐそこですね

 

 

 イオンモール倉敷も近い利便性の高い、倉敷市西阿知に平屋の家

上棟しました

これは裏にある細い道から見たところ

シンプルな切妻屋根です

 

 

開発道路という進入路から見たところ

街中では致し方がないですが、クレーンがぎちぎちで、敷地いっぱいに

家が建っているのがわかります

材木の積み下ろしも慎重に

 

 

 

木材は機械で加工するのではなく、大工さんが墨を打ち、手刻みで

加工する伝統工法の家 

施工は伝統工法に精通する総社の畑本建築さん 

屋根勾配を活かした吹抜を見上げたら、力強い木材の架構が

わかります 

手斧で加工した松の丸太梁の長さはなんと6m 

どんな空間になるか、できるのが楽しみですね 

 

お問い合わせもこちらにどうぞ  

  「建築家と作る木の家」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 吉備高原都市の家、足場が取... | トップ | 桑野の家 基礎工事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

工事の途中経過」カテゴリの最新記事