「建築家と作る木の家」 produced by みまさか木の家 岡山普及会

岡山の清流「旭川」 その旭川上流に位置する「真庭」で育まれた「美作材」で家を建てよう。

西日本豪雨から一年、真備の三世帯住宅完成します

2019-07-06 | 工事の途中経過

 

7月6日、西日本豪雨から一年たちました

TVでも特集が組まれ、自然災害の恐ろしさ忘れてはいけないと

思いを新たにしました

仮設生活をされている方は7,200人  真備を捨ててよそに

住もうと思われている方より、真備の地に戻りたいと思われている

方のほうが多いそうです

 

被災された土地に三世帯住宅を建てようと決意されたSさんの家

今月いよいよ完成します

 

 

 

 

一見すると普通の総2階建ての家ですが、世帯ごとにセパレートしながら、

吹抜が重層に交差するという構造をもっています

Sさんご家族と何度も打合せを重ねながら、このプランを考えました

 

 

 

 

2階のLDKは勾配天井により、小屋裏部屋と一体化しています

この場に立つと空間の広がりに圧倒されますよ

柱、梁、天井板は無垢材をあらわし、壁は自然素材の漆喰塗りです

 

8月初めに完成見学会を開催いたします

ブログで告知いたしますので、ぜひともご覧いただきたいと思います

 

 

 

建築家と作る木の家ホームページ  

  

  「建築家と作る木の家」


コメント   この記事についてブログを書く
« 江並の家 上棟 | トップ | 江並の家 完成見学会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

工事の途中経過」カテゴリの最新記事