「建築家と作る木の家」 produced by みまさか木の家 岡山普及会

岡山の清流「旭川」 その旭川上流に位置する「真庭」で育まれた「美作材」で家を建てよう。

吉備高原都市の家、工事の進捗

2017-12-26 | 工事の途中経過

ベテランの棟梁により順調に工事が進んでいます 

 

 

 ロフトは屋根の形そのまま勾配天井となります

断熱材は高性能なネオマフォームによる外張り断熱

認定低炭素住宅なので外皮性能を計算して厚みを割り出しています

 

 

 

 

LDKの勾配天井がロフトの天井へと延びていきます

3時の休憩タイムに、棟梁、電気屋さん、施工会社タケイの監督内山さんと

造作工事の納まりについて話しをしています

こういう時間も大切ですね

 

 

 

 

玄関周りです

ポーチは大きく屋根を架けて、昔の家のようなノスタルジックなデザインにしました

 

これから外壁工事に入ります

以降は年が明けてから報告いたしますね 

 

無料の設計コンペを始めました 

お気軽に下記 「建築家と作る木の家」 ホームページからどうぞ

年末年始もお問い合わOKですよ 

 

 「建築家と作る木の家」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 倉敷S邸 地鎮祭 | トップ | 倉敷S邸 上棟しました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

工事の途中経過」カテゴリの最新記事