「建築家と作る木の家」 produced by みまさか木の家 岡山普及会

岡山の清流「旭川」 その旭川上流に位置する「真庭」で育まれた「美作材」で家を建てよう。

吉備高原都市の家、上棟しました

2017-12-03 | 工事の途中経過

高気密高断熱の低炭素住宅、12月1日無事上棟しました。

 

 

 

 

大工さん、レッカーさん、チームプレーでどんどん組みあがっていきます。

それにしてもこの日は風があり寒かった。

岡山市内とは体感温度が5度くらい低いかんじ。

 

 

 

LDKの屋根を支える登り梁を据えているところ。

寒さで手もかじかみます。

 

 

 

 屋根のタルキは30.3㎝ピッチなので、すごい本数になります。

それを1本ずつビス留めしていきます。

また屋根勾配は5寸なので、かなりの急傾斜です。

 

 

 

 

 ここまでくるとLDKのイメージもつかめますね。

屋根勾配を活かした吹抜はロフトのファミリールームとつながります。

 

一日で軸組が出来ました。

ここから先は大工さんがこつこつ工事を進めていきます。

また報告させていただきますね。

 

無料の設計コンペを始めました。

お気軽に下記 「建築家と作る木の家」 ホームページから

お問い合わせください。

 

   

  「建築家と作る木の家」

ジャンル:
きいてきいて
コメント   この記事についてブログを書く
« これから工事が始まる家について | トップ | 倉敷S邸 地鎮祭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

工事の途中経過」カテゴリの最新記事