「建築家と作る木の家」 produced by みまさか木の家 岡山普及会

岡山の清流「旭川」 その旭川上流に位置する「真庭」で育まれた「美作材」で家を建てよう。

吉備高原都市の家、足場が取れました

2018-02-26 | 工事の途中経過

先日行いました住宅相談会にお越しいただいたお客様、

ありがとうございました。

相談会以外の日でも、個別に相談も可能ですので、

お問い合わせください。

さて吉備高原都市の家、工事は順調に進んでいます。

 

 

 

高性能な外張り断熱と、開口部がアルミより断熱性の高い

APWという樹脂サッシなので、工事中でも室内は思ったほど

寒くなく、日当たりがいい日は暖かく感じるほどですが、

現場まで行く道中が雪が降ったり、凍結したりと気をつけなくては

なりません

厳寒期には一週間ほど現場をストップする事態に・・・

 

 

 

 

LDKの床はエコワンというガスハイブリット給湯システム 

により温水床暖房を敷設 

足裏から温かいのが心地いいです 

ガスは電気より立ち上がりが早いのも特徴です

 

 

 

 

足場が取れて外観がわかりますね 

どこか懐かしさを感じる切妻屋根 

周囲の環境にも溶け込んでいます

 

ホームページはこちら 

 

 

  「建築家と作る木の家」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 住宅相談会を開催します | トップ | 倉敷の平屋の家、上棟しました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

工事の途中経過」カテゴリの最新記事