猫と亭主とわたし

田舎での黒猫ブラッキー、迷い込んできた三毛猫リリと亭主と花々(薔薇)に囲まれたシンプル&スローライフを書き綴っています。

アイスバーグと切バラ

2017-11-23 22:07:25 | わが家で咲くバラたち
作日から降り続いた雨も午後には上がった。
優しい陽の光が窓辺に射しこんでいる。
花瓶に挿したバラの花もまばゆい。
気温が低く切バラも長く楽しませてくれる。

雨上がりの庭は眩しいほど輝いている。
雨に洗われた椿の緑色の葉も生き生きとしている。

日陰の裏庭でアイスバーグがひっそり咲いている。
透明感のある白い花弁は寒々とした雰囲気を漂わせている。

    切バラ 両脇の真紅のバラはリルケの薔薇 真ん中のバラ紫雲 後ろはフレンチレース
     

    窓の外はつるバラアンジェラ
     

     

    アイスバーグ
     

    気温が低くなると蕾は薄いピンクに染まる
     

     

     

     

        ブログランキングに参加しています。                                   
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ← ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく   

           
     

     
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 末枯れの季節 | トップ | 「コメダ」で旧交を温める »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (近江原人+)
2017-11-25 22:28:57
窓辺のバラが絵になってますね~。日照時間が短くなっていく時期だから、こちらでは暖かさを感じられる窓辺は休日の最高の居場所になってます。
寒いですが、もう少しバラを楽しめたらいいですね。
近江原人さん (mima)
2017-11-27 21:09:47
窓辺の日当たりでコーヒーをいただきながら、窓外のバラを愛でる至福の時ですね。

バラはまだ蕾をたくさんつけていますが、バラの木のためにも蕾を摘もうか思案しています。
でも…もう少し楽しみたいですね。

コメントを投稿

わが家で咲くバラたち」カテゴリの最新記事