猫と亭主とわたし

田舎での黒猫ブラッキー、迷い込んできた三毛猫リリと亭主と花々(薔薇)に囲まれたシンプル&スローライフを書き綴っています。

日常がもどって

2018-05-22 20:57:47 | 身辺雑記
ひさしぶりに夫と散歩にでた。
初夏の街は無風、ところが街路樹の根元の草花が揺らいでいる。
車が通過するたびにその風圧で花弁や葉が揺らいでいる。
病後で心がとりとめもなくさわいでいる。
わたしの揺れ動く心を表しているような揺らぎ。
車がせわしなく行き来していることすら、むげに忌避するものではなかった。
むしろ活動し行き来する車の動き、草花の揺らぎは、わたしが健常者の世界に戻ってきたということだ。
でも一番うれしいことはバラたちがわたしを待っていたことだ。
この二週間のあいだのことをバラに語りかけながら水あげをした。

ブラッキーはわたしが退院するのを待っていたように、静かに天寿をまっとうした。
20年間ありがとう。

   アンジェラ
    

    

   ブルームーン
    

   フレンチレース
    

   スノーグース
    

   ザ・ジェネラス・ガーデナー
    

    

    

   ?
    

    

                           にほんブログ村

    ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく。   
   
 
   
   
 
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« バラは無心に咲いているだけ | トップ | バラの二番花を待つ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とに)
2018-05-23 00:30:18
しばらく花便りがなかったので、今朝、あ!更新されている!といちばんに飛んでまいりました。色々おありだったのね。でもこれから少しずつ元の日々へ戻っていらっしゃいますね。

そして、とても長寿だったブラッキーちゃん。どうぞ安らかに…(寂しくなります)。
とにさん (mima)
2018-05-27 14:55:42
あやうく「廃園」になりかねなかったバラの庭に戻ってきました。
いつもの日常、あいもかわらぬ生活をしみじみと味わっています。
ご心配おかけしました。

ブラッキーがいないなんてまだ信じられません。
散歩からひょっこり帰ってくるような気がしています。
人にべたべたしない猫だったので……。

コメントを投稿

身辺雑記」カテゴリの最新記事