家事のスキマにロードバイク!

自転車に乗れなかった私がロードバイクにハマるまでの記録。
今時主婦の非日常的趣味。

医療通訳におけるある程度の記録。

2020-06-16 23:02:04 | Weblog

滅多なことは言えない、ということでみんな慎重になってますけどね。

一応、私の立場で現状を残しておこうと思うのです。

手話通訳者が医療現場で行う対処法について。

目の前の患者が感染症疑いの場合はN95マスク着用。

感染症以外の外来患者、もしくは入院患者に対する対応。

患者がマスク着用で、なおかつ通訳者の口形が有効的な場合はマスクを取ってフェイスシールド。

患者がマスクを外して話ししたい場合は患者にもフェイスシールドを渡すことを検討中。

 

ここで理想形を感染症専門ナースと考えて見た。

透明のアクリル板を用いた衝立(キャスター付き)を手話通訳者と同行させればフェイスシールドもなしでイケるのでは?

スペースさえあればそれがベストだね。

 

フェイスシールドってなるべくデカい方が感染防止上はいい。

でも手話って、顔に触れる表現がものすごく多いのです。

これで手がガンガン当たりまくって慣れるまでが大変。

って、ことは急に「マスク取るんだったらコレつけて」ってフェイスシールド渡されても患者さんとしてはやりにくいわけね。

 

そんなこんなで結局、遠隔通訳の将来性に期待ですか。

 

23km走って、累計216km。

 

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 晴れましてありがとう。 | トップ | 久々の孫2号来たる。 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マスク色々 ()
2020-06-17 17:37:19
マスクにも色々な用途で出て来ていますね。
夜の街用として目から下だけを隠した色っぽいマスクとか。
最近こちらの地方版テレビでは、障がい者関連用に作られた口形の動きが分かる透明なマスクを披露していました。人生色々、マスクも色々ですね。
燦さん> (キルワニ)
2020-06-18 17:49:18
コメントありがとうございます。
そうですね、透明マスクについては我々の仲間内でも会議の議題として取り上げられました。
その続きが今日の記事になります。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事