家事のスキマにロードバイク!

自転車に乗れなかった私がロードバイクにハマるまでの記録。
今時主婦の非日常的趣味。

キルワニ坂。

2009-01-25 23:47:18 | Weblog
 0勝3敗の坂がある。10%から15%ぐらいとだんだん勾配が上がっていく最後に待ち受ける激坂。通称「河内のフランドル」。短いけど急なのだ。20%はあるだろうか。2回は押して、1回は始めっから逃げた。私だけ・・・と思ってたが、そうでもなかった。先日あのキング三浦監督とキナンの選手のみなさんとご一緒した時にこの坂で、三浦監督が上ってくるみんなに激をとばしておられた。上半身を使え、ヨーロッパではこんな坂が何キロも続くんだぞ、と。やっぱり上れる人たちにとってもキツいらしい。
 上れるはずがないと思い込んでるから最初からあきらめていた。だって、挑戦する気がしない。たぶん、こけたら骨折する。骨折するわけにはいかない。手首の骨折は手話通訳者にとっては致命傷。今日、久しぶりに鍋谷峠へと向かっていたが、河内長野を過ぎたあたりで吹雪いてきて引き返した。滝谷不動を越え、森屋経由で水越手前からグリーンロードへ入る。白木のファミマで休憩してると、「キルワニ坂行こうか?」と。上れた事ないのに、私が以前に暗峠と同じように押して上ってる写真をアップしてから、キルワニ坂って呼ばれだした。上らん訳にはいかんでしょう。そうやな、でも、怖い、肩の調子も、だって今この時点ですでに脚使い過ぎてますし・・・いやいや、言い訳はするまい、ネチネチいい訳するのは女らしくない!しゃあない、腹決めて行ったろ!
 とは言うものの坂の上り口までがキツいのなんのって。後ろへひっくり返りそうやっちゅうねん!やめ!誰や?後ろから引っ張ってんのは。妖怪ひきずり小僧か?あああ~~~~、どうしよ~~~~、嫌やなぁ~~~、なんで言うかな、キル兄ぃは、そーゆーこと。絶対にコケんように横につきっきりで横歩いてくれるって?いやいやいや無理やろ、コケたら支えられへんって~。ビンディングで滑ったら共倒れやん。あ~、もうしんどい。無理やて。キル兄ぃの背中があんなに小さくなって・・・帰ったろかなぁ。
 うわ、ついてもた。この先行ったらいよいよや。ここでキル兄ぃが、「ちょっと路面のコンディション見て来たるわ。」と、先に上って見に行く。ううう~、どうか、ウエットで最も危険な状況で中止になりますように。
 帰って来たキル兄ぃの顔は明るかった。「全然大丈夫や!」チ~ン。
なんで?なんでこんな事になったんか?「ほな、俺先回りして待ってたるから5分程したら上っといで。」「うん。」あ~、行ってもた。
 待つ事5分。私の人生の中でもっとも長かった5分。どうしよ。帰ったろかな。お腹痛くなって来た。まだ1分しかたってないか。実際には3分半で遠くから呼ぶ声が・・・。
 覚悟を決めて走り出す。こうなったら行くしかない。踏み出す。34T×27。ホイールはZERO。自転車はアンカー。完璧やろ。乗るのは私や!上ってみせる!うわ~、キツい。こんなにキツいんか。コンクリートの路面でぐらぐらとハンドルがブレる。横から後ろから「行ける!行ける!そうや!ハンドル引きつけろ!」っと応援してくれるキル兄ぃ。お産の時もこんなんやったなぁ。ホイールの軽さに助けられて回せるところもある。けど、ブレ幅が広いのに道幅が狭い。こんなに急では降りるに降りられない。もう脚にも腕にも力がない。でもペダル踏まなコケる。コケるわけにはいかん、絶対に!「あと、もうちょっとや!よっしゃいける!」ここからが一番キツい。なんとかしてくれ~、上りたい、ブラケットにしがみつくように最後のひと踏みぃ~~~!
 わ~、上れた。全身の力が抜けて道路に四つん這いになった。メットをポンポンたたくキル兄ぃ。「俺、ツールの山岳ステージでやいやい言うてるおっさんみたいやったわ。」やて。ありがとう。
 そんな大層な。と、なんなく上れる人もいるだろう。けど、私の力ではこれが今の限界。そして、ずっと上れなかった私の成長の証。キルワニ坂克服。
 その後は、再びグリーンロードへ入り、平石のトンネルから太子を経由して駒ケ谷まで。臥龍橋を渡ってCLへ。あぁ、ええ練習になった。

54km走って累計610km。
コメント (18)   この記事についてブログを書く
« お寒うございます。 | トップ | お掃除って。 »
最新の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やれば、できる!!! (AKIO!)
2009-01-26 00:56:17
おっつかれさん!やったじゃん!!この調子、この調子!!!
手首 (るみちゃん)
2009-01-26 12:02:58
 ・・・

坂を登って誰が手首骨折ですか?
そんな事するやつぁ~おらんやろぉ~。
祝、登攀! (石田 力)
2009-01-26 12:39:34
キルワニさん、こんにちは。
 登攀、おめでとうございます。
 やぁ~、すごい達成感でしょ 次はぜひ橋本の三谷~丹生津比売神社の峠に挑戦して見てくらはい
やりぃ(^ヘ^)v (まー)
2009-01-26 12:57:39
いきはりましたね~♪ お疲れ様でした。
あそこポラールの傾斜計で26%出てたという話です。^_^;
ってあそこまで行くにもしんどいですよね
おめでとー!! (やん。。)
2009-01-26 18:01:25
アレが登れたっちゅうことは冨士国際ヒルクライムもイケルっちゅうことでんな。
行きましょ行きましょ♪
AKIO!さん> (キルワニ)
2009-01-26 20:10:43
 やったやったぁ~!ほんまに疲れましたよ、肉体的にも、精神的にも。
るみちゃん> (キルワニ)
2009-01-26 20:12:32
 いや~、よう知らんけど、過去に一人だけおったって聞いてるよ。いや~、そんなヤツおらんか。尾ひれの付いた峠伝説かな。ぷぷっ。
石田 力さん> (キルワニ)
2009-01-26 20:15:56
 石田さん、こんばんは。
ありがと~!いや、別に、急坂マニアじゃないんで、次の目標とかないですよぉ~。でも、あるんですよね~各地に有名所の坂が。
まーさん> (キルワニ)
2009-01-26 20:17:45
 26%ですか?!うわ~。ぶるぶるぶる。
そうなんです。あの坂へ行くまでがキツい。疲れて疲れ果てた頃に出てくるのが、あの坂だもんね~。
やん。。さん> (キルワニ)
2009-01-26 20:20:14
 あんでそーゆーきっびしーことゆーかなー。
富士国際は、あの坂がどこまでも続く感じでしょ。あの短い距離やからなんとか行けたんやで。
 ヒルクライムなんか嫌いじゃ、びーびーび~。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事