家事のスキマにロードバイク!

自転車に乗れなかった私がロードバイクにハマるまでの記録。
今時主婦の非日常的趣味。

自由とか個人とか。

2020-10-24 23:39:11 | Weblog

夏目漱石は大正3年に学習院の壇上で講義をした。

講義に招かれた自分なんぞは学習院の生徒にとっては物珍しい「目黒の秋刀魚」であると例えて本題に入る。

金も権力もすでに持ち合わせている家柄の生徒たちにとても大事な事を伝えた。

それらの使い方がいかに危険で、人々の自由と主義を奪うことになり得るのか。

自由とは何か。

自身が英国で学んだこと。

英国は自由の国だ、「自由」という事に勘違いなきよう。

義務なき自由はあり得ないと。

国家国家と日常言われても困る、自分は個人主義である。

個人主義である漱石は物事を徹底的に追求し研究した上で納得のいくあり方を見出す。

社会の秩序を乱す事なく暮らし、痛快な言葉で文学を残した。

この講義は49歳で召される3年前に行われている。

 

現代、政治家のたまごたちへの教育者は誰なのかな。

リモートでもYoutubeでもいいけどさぁ。

 

※画像は本文とは関わりのない「お気に入りのグラスの足元」

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加