『我が偽りの名の下へ集え、星々』紹介ブログ

カクヨム掲載中、ファミ通文庫より発売予定のライトノベル『我が偽り名の下へ集え、星々』の紹介ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヒルデガルド帝の軍制改革

2017-05-06 | 設定:歴史
ウーラント軍のエイペックス作戦に汎銀河帝国が苦戦したのは、軍の編成や装備品がまちまちで統一が取れていなかった事が最大の原因とされている。当時の帝国軍は指揮命令系統が明確にされておらず、また装備品も各貴族や自治領が自前で調達していたので銃弾の口径やバッテリーの規格が違う事など日常茶飯事であった。また銀河共同体時代後期からシビリアンコントロールを保つため宇宙軍、惑星軍、星間軍、軌道軍の四軍体制が敷かれ、帝制に移行してからも宇宙海軍、惑星陸軍、星間空軍、軌道海兵隊と名称を変えたままで維持されたが、各軍間の連携も全く取れていなかった。階級や権限は軍によってまちまち。戦艦よりも大きな上陸用舟艇があれば、その上陸用舟艇よりも大きな爆撃機が存在するという有様であった。
歴代皇帝はこの状態を看過していたしていたわけでもなかったが、銀河共同体からウーラント軍が分裂した経緯を考えると慎重にならざる得なく、また選帝侯戦争の際には各貴族や自治領から協力を得ていた為、シュトラウス朝になってからもヴァルデマール帝始め歴代皇帝も及び腰であった。
そこに改革のメスを入れたのがヒルデガルド女帝である。急逝したフリードリッヒ帝の後を継いで即位したヒルデガルド女帝は、喪も開けぬうちに軍制改革に乗り出した。
ヒルデガルド女帝が強気に出られたのは国民の圧倒的な支持があったからである。国民から信頼されていたとは言えなかったフリードリッヒ帝であるが、エイペックス作戦の流れを変えた「ラクタンガの隠者」作戦では、自ら囮を引き受け帝国を勝利に導き、そして戦勝祝賀会で倒れ、急逝してからは帝国臣民から救国の英雄と讃えられた。ヒルデガルド女帝はそんな父への支持を引き継いでおり、また自身も大学生になったばかりの18歳で優れた容姿の持ち主であった事も幸いした。さらには旧制度を維持しようとする軍関係者や貴族たちが、ヒルデガルド女帝を「軍や政治の事も分からぬ小娘」と見くびっていた事も有利に働いた。少なくともヒルデガルド女帝は「自分が分かっていない」事はきちんと分かっていたのだ。
事態を憂慮する軍関係者や貴族、そして一般市民からの支持も味方に付け、ヒルデガルド女帝は電撃的に軍の改革を進めた。階級や指揮権限の整理統合。装備品規格の統一。そこに最大の抵抗勢力が現れる。。
ヒルデガルド女帝のこの改革に猛然と反発した星間空軍である。そしてヒルデガルド女帝自身も星間空軍が一番の問題であると認識していた。
海軍の戦艦、空母に相当する能力を持つ兵器を「大型戦闘機」や「空中給油機」として保有。さらに惑星陸軍や軌道海兵隊の許可を得ぬまま天体や軌道上に基地を設営するなど、目に余る行為が多かったからである。ヴァルデマール帝が星間空軍を厚遇したのが原因とされてるが、いずれにせよそのひ孫であるヒルデガルド女帝はそれを横暴と受け止めていた。クーデターさえちらつかせる星間空軍高官に激怒したヒルデガルド女帝は、ついに星間空軍の解体を断行。他三軍もこれを受け入れ、星間空軍は航空隊として宇宙海軍、惑星陸軍、軌道海兵隊へ分割、再配置されたのである。この改革により軍事費は大幅に削減。皇帝を最高指揮官とする軍の指揮命令系統も整備され、ヒルデガルド女帝は息子のマクシミリアン帝と共に「帝国中興の祖」と呼ばれるようになるのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 基本戦術 その2 | トップ | 地球~66年間の沈黙 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

設定:歴史」カテゴリの最新記事