『我が偽りの名の下へ集え、星々』紹介ブログ

カクヨム掲載中、ファミ通文庫より発売予定のライトノベル『我が偽り名の下へ集え、星々』の紹介ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

銀河共同体

2017-04-06 | 設定:歴史
2415年に結成された銀河系規模の恒星間統合国家。いわゆる「三国時代」に覇を競った「連邦」「連合」「同盟」三勢力が中心となり、さらにいくつかの小勢力を加えて発足した。初代共同体評議会議長はリョウマ・ミナモト。現在のミナモト公爵家の先祖とされている。
地球を起源とする人類の統一政権樹立を目指したものの、いくつかの小中規模の政治勢力は加盟を拒否。さらに統合後の体制に反対する一部勢力が武装蜂起。最終的に共同体より離脱。ウーラント星域まで逃亡した後、ウーラント軍を結成するなど、その目的を完全に達成することは出来なかった。
比較的安定した時代であったが、人類社会の緩やかな衰退「引き潮の時」には抗えず、第一市民制度を経て、やがて中央集権的な階級社会「汎銀河帝国」へと変容していく。
なおこの世界では、銀河共同体発足の2415年を元年とする「新星紀」紀元が一般的で有る。旧西暦は一部の歴史学者や、旧地球時代との比較以外では余り用いられず、チェーザレ・バイロンが臨時改革委員会を立ち上げた2601年を元年とする「帝国暦」は、当人に帝国建国の意図がなかったのは明らかな為、歴史的な意味合いが希薄であり、帝国の公的行事で使用される程度である。
なおバルトロメウス帝がシュトラウス朝初代皇帝ヴァルデマール神格化の一環として、提唱した「シュトラウス暦」だが、そもそも基準であるヴァルデマール帝の生年からして、大幅に過去へ遡るねつ造が明らかであり、現在(3020年)では一部を除き忘れ去られている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 要塞艦 | トップ | ポテト派とローカスト派 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

設定:歴史」カテゴリの最新記事