* m's small garden * <milky-mamaの小さな庭>

*** 植物育てが運んでくれる小さな幸せ ***

ラベンダードリームとアンジェラそして紫陽花へ

2018-05-15 07:54:20 | ・サハラとラベンダー・ドリーム

昨日、大阪から来たSさんを東京駅で拾って帰宅すると
ラベンダードリームが可愛いお顔で待っていてくれた。


私はこんな小振りの半八重のバラが好きだ。

ラベンダードリームは修景バラと言われていて
大きくなりすぎないツルバラとして育てられる。
ウチのような狭い庭にはうってつけのバラ。


そしてこちらはソンブロイユ。

オールドローズだ。

 

昨日は東京駅の新幹線出口で待ち合わせだったのだけれど
新幹線の出口って言っても何箇所かあるのよね。
スマホで連絡取り合って、無事会えた。

Sさんとは20代の頃からの友達で、子育て仲間、今でいうママ友?
同い年くらいのノリで付き合っていただいていたけれど
6歳も年上で「あれっ?そうだっけ?」だった(笑)。

そしてもう一人、その頃一緒だった仲良しのUさんも相模原から東京駅まで来てくれた。
彼女は私より5歳年上。

かくして60代の女子会が始まった

丸の内の出口のすぐ前なので、新丸ビルに入ってランチ。
おしゃべりに花が咲く。

話題は子供たちのことから健康や健康維持のための取り組み(笑)にいたるまでなんだけど
すぐに30年や40年の時を超えて昔のままに戻れるからすごいよね^^

Sさんは一番年上だけど、スポーツをやっているそうで
姿勢もいいし歩くのもへっちゃら!
近くに大学があって、そこで無料でいろんな講習会や運動をさせてくれるんだって。

「運動の方はね、そこの学生のモルモットやねん」
どういう意味かな?って思ったら、そこの大学の学生が中高年にいろいろ運動させて
その結果を研究の一環にしてるらしい。

いいね、そういう大学が近くにあって。

もう一人のUさんは、ちょっと膝関節が悪くて歩くのが大変そう。
Uさんとはたまに会っているので、私は会うたびに「サプリも必要だよ」とか
「食べるだけじゃ補えないんだよ」とか心配でいろいろ言ってるんだけど
なんたって彼女の方がお姉さんだし
昔から「変な物は体に入れない」という信念を持っているので聞き入れてもらえない。

最近テレビコマーシャルで自分の組織から膝関節のクッション部分を作れるって話してるけど
あれはもう普通に医療現場で使われているんだろうか?と気になる。

彼女は負担を軽減するためにプールでのエクササイズに通っているらしい。

そしてやっぱり運動は大切だなぁ、子供のためにも自分たちが自分のことできるようでいないとね、って
結論に達し、美味しくランチして楽しい時間を過ごした。


門の前にいっぱい咲いたアンジェラも終盤。



ほとんどの蕾が咲ききった。

 

我が家に到着したSさん。
私が思った通り、Sさんはあまり花には興味ないらしく(笑)
バラにも反応が薄い。

だと思ったよ(^m^) 若いころからの付き合いは濃くて、なんとなく好みもわかる。


「わぁ、もう紫陽花が色づいて来たね~」とSさん。

良かったね、キミはSさんに気にいられたみたいだよ^^

 

私の今年のバラの一等賞は

レオナルド・ダ・ヴィンチにあげようかな~、なんて思う。

さて、今日もSさんと一日お楽しみ♪
何をしようかなぁ~

 

ぽちぽちっとよろしくね*
(ctrlキーを押しながらポチすると画面が飛びません。)
  にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

良い一日を~ ばいび~

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八重咲きバイカウツギとブラ... | トップ | 半日陰の庭のアルバ・ラグジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

・サハラとラベンダー・ドリーム」カテゴリの最新記事