蝶になりたい

いくつになっても、モラトリアム人生。
迷っているうちに、花咲く時期を過ぎてもまだ夢を見る・・・。

舞踏会にガラスの靴を履いていくのを忘れた

2018-03-07 | 趣味
今日は嬉しくて嬉しくて、書かずにいられないので書き散らす。
読まれる方は落胆されると思うが。
しかも、すごく些細なこと。
こんな些細なことを喜ぶなんて、わたし、箸が転んでも可笑しいお年頃。

何が嬉しくて興奮しているかというと「パーティで知らない人と踊り、後で知ったが、その人はスゴイ人だった」という、文字にして書くと一行。
お城で催される舞踏会に村娘が参加し、身分を隠した王子様と踊った、というストーリーのようなもの。
後から、外野(SNS)が、「あの人は◯◯なのよ、王子様なのよ」と教えてくれた。

残念なことに、ガラスの靴を履いて行かなかった。
履いて行ったボロ靴を落として来なかった。
王子様に、アピールゼロ。手がかりゼロ。

まあ、村娘は、一夜限りの夢を見たので、それでよい。
王子様は、自分に声を掛けてくれた。
私からの申し出で、途中で二度、中断したのに、気を悪くされず、三度もお誘いしてくれた。
もうそれだけで、いい。

参加者を喜ばせるために、お城(主催者)が手配した、王子様役のダミーかも知れないが、粋な計らいで、いいんじゃない?

王子様と踊った!
目立たない地味な村娘の、私と!

まあ、それだけなんだけど。
とても嬉しかったのだ。
わたしの鼻歌は、「あの人は王子様だよ」とSNS仲間が知らせてくれた昨日の朝から続いている。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 悩みの相談 | トップ | 出来の良い嫁には、もう、な... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
記事、素敵です (裕イサオ)
2018-03-08 02:47:15
スローさんへ
記事、素敵です。スローさんが村娘? げらげら笑っちゃいました。王子様? スローさんのバランス乙女高年(失礼)心こそ、エッセイの神髄だと思います。因みに田舎の王子様の裕センセも「嫌な顔」は「人前では」一切致しません。逆大門未知子。裏も表も年取ると段々なくなってきます。いいことだと私個人は思ってます。表裏のメカニズムが壊れた方がいいと思います。おっ、詩人しそうなので以上です。
明るい村娘! (スロー)
2018-03-08 10:42:36
イサオ 様
もしもし。そこ、笑ってはいけません。
しかも、ゲラゲラは、いけません。
村娘は、目一杯頑張って、祖母のドレスをリメイクし、お城へと出掛けたのです。
裏も面も一緒になると詩人になれるなんて素敵ですね。
裏表同化作戦、修行しようと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

趣味」カテゴリの最新記事