蝶になりたい

いくつになっても、モラトリアム人生。
迷っているうちに、花咲く時期を過ぎてもまだ夢を見る・・・。

しぶとい

2016-12-15 | 華のスロー人

しつっこく、今日のモミジ。
不思議なことを発見。
色付かず(紅葉せず)、枝についたまんま、落葉しない葉っぱが、あちこちにある。

これ、人間界で言えば、わたし?
時期が来ても熟しもせず、干物にもならず、しがみつく人。
しかも、この葉っぱ、何枚も何枚も、お仲間がいる。
しがみつき、おひとりさま軍団?

ひょっとして、枝についたまんま、こと切れているのでは?
見かけは青いが、実は、青い枯れた葉で、すっかり干物なのかも。
このまま来年まで年を越し、新芽の季節にも居座り、やがて、まぶしい新緑の季節を新生葉っぱたちと共に迎えるのだろうか。

無理無理。

素直に落ちる時期に落ちていればいいのに。
色付かなかったから、落ちる時機を失ったのだろう。
これ、モミジの話なのか、わたしの話なのか。
あのモミジは、まさに、わたしである。

モミジは、わたしに語りかける。
わたしが、わたしに語りかける。

モミジよ、モミジよ、モミジさん。
しぶといのが良いとは限らない。
はよ、落ちろ。

関西弁はシャンソンにならず、なんかいつも吉本新喜劇。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ちりぬるをわか | トップ | ひとり、転じて、ひとりごと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

華のスロー人」カテゴリの最新記事