蝶になりたい

いくつになっても、モラトリアム人生。
迷っているうちに、花咲く時期を過ぎてもまだ夢を見る・・・。

オンでオフ。

2017-11-07 | 日々のこと
わたしは、いま、完全にオフ。
来年に向けて充電中である。
充電器に繋いでオンキープだが、オフ、という状態である。

最近、アタマもカラダも老化が一段と進み、新しい自分と向き合っている。
年齢は、老齢としては入り口、まだまだ若い部類、黄金期なのであるが、気持ちは年配、先輩の皆様方の胸中を先取りしている。

新しい、老化した自分には、なにもかも新しく感じて、新米はキョロキョロ、きょときょとする。
以前のように旅行に出かけるにも、トイレへの配慮が色濃く心配性になっているため、行き先や日程を変えざるを得ない雰囲気である。
気の問題でもあるので、今のところ、神経が先走っている感があるが。

なにしろ、新しい自分は、マックス能力は、以前の自分であり、そこからどれだけ減退しているのか、経過観察しなければわからない。

意外に、大して変わらなければいいなあ、と、楽観的に考えている。
ポカミスに関しては、限りなく寛容になっている。
が、夫に指摘されると、ものすごく頭に来る。
自分でも自覚しているが、人に言われると腹が立つ。
いたって、普通の感情動物である。

さて、来春、オン予定となっている。
さらに、来年夏からは、本格的オン。
ああ、しんど。
今の間に、思いっきりサボっておこうと、欲を張っている。
わたしの場合、サボることにかけては、貪欲だ。
といっても、一昨日の遊園地で見た、「ナマケモノ」のように、微動だにしないだけである。

もっと能動的な、積極的な、活動的なサボり方はないものか?
老化した新しいわたしには、とりあえず、ぼーっと、何もしないことしか、考えつかない。
陽だまりの居眠りなんかは、最高であり、至福の時であるのだが、また、別のことを考えつく可能性もある。
それはそれで、楽しみである。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ

コメント