波乱万丈 乳がん転移ライフ!

39歳で乳がん ステージⅢ告知。術後1年経たずに肝臓、骨に転移。そこから始まる長い転移ライフ!

アッピアの「七回忌法要」~6年経ってアッピアは「モンシロチョウ」になった・・・?

2019-11-01 21:25:03 | 不思議な出来事
先週末は、アッピアの「七回忌法要」と父の「十三回忌法要」を兼ねて、大阪に帰省しました。

私の父は膵臓癌のため75歳で他界しました。
私は、父が他界する数日前から大阪の病院に泊まり込んでいましたが、仕事であまり長く休むことも出来ず、
一旦こちらの家に戻った翌日の早朝に訃報を受け、アッピアと息子を連れてトンボ帰りすることになりました。

訃報を受けた時には家に戻ったことを後悔しましたが、翌日に予定されていた幼稚園のお遊戯会に
出られなくなって号泣する息子をなだめ、父との思い出話などをして息子の気持ちを落ち着かせながら、
自分の父親に対する思いを整理するためにも必要な過程だったと、新幹線の中で思い直すことが出来ました。

実家には、父親手製のバスケットゴールがあります。
手先が器用で日曜大工的に何でも手作りするのが好きだった父が、孫である息子が生まれてから作ったものです。

孫が成長したらバスケ部だった私とバスケごっこが出来るようにと言う思いで作ってくれたのか、
特にその理由を訊いたことはありませんが、帰省中にまだ幼い息子を抱きかかえてバスケ遊びをする父親の姿と、
キャッキャッと大喜びする息子の姿は今でも目に焼き付いています。

その後息子がバスケ大好き少年となったのも、あのバスケットゴールのお陰かも知れませんね。

父とアッピアの眠るお墓は和歌山にあり、実家で法要を済ませた後、お坊さんの車で移動しお墓参りをしました。
いつも法事の時には、車で家族をお墓まで連れて行ってくれるお坊さんには本当に感謝です。

アッピアの一周忌には、息子がお墓の前で横になる程具合が悪くなったことは以前にも書きましたが、
なぜかいつも不思議なことが起きるのが法要時のお墓参り・・・

今回は、お墓の前でお坊さんがお経を唱えていると、どこからともなく一匹のモンシロチョウが飛んできて、
お墓に供えている花に止まり、お坊さんがお経を終えるとまたスーッとどこかに消えていきました。

モンシロチョウがフワフワと飛ぶ様子は、何とも穏やかで平和な日々の象徴のように思えます。
ただの偶然かも知れませんが、もしかしてあのモンシロチョウは花が大好きだったアッピアの化身・・・?

・・・とすると、アッピアはあれから6年経って「チョウのように穏やかで無垢な存在になった」・・・?
・・・そう思えたらいいやと、見えなくなるまでチョウの飛ぶ姿を目で追っていました。

また、今秋に父とアッピアの法要をすることは息子に伝えていたものの、時期はまだ決まっていなかったため、
金曜日の夜に実家に着いてから、今日帰省したことと明日法要があることを息子にLINEで伝えると、
これが何と偶然にも、息子もホストマザーの実家に車で移動中・・・

カナダは先週末が3連休で、それを利用して初めて実家に泊まりがけで連れて行ってもらったようです。
全く同じタイミングで同じ二泊三日でそれぞれの実家に行くと言う偶然さに、私と息子はお互いに驚きましたが、
これもアッピアが仕組んだちょっとしたサプライズ・・・?

今度息子に連絡する時は、
ホストマザーの実家で「モンシロチョウ」に会わなかったか、訊いてみるつもりです。

2019年11月1日


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


乳がんランキング


コメント   この記事についてブログを書く
« 留学後初めての「保護者会」... | トップ | 新幹線で出会った「不思議な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

不思議な出来事」カテゴリの最新記事