波乱万丈 乳がん転移ライフ!

39歳で乳がん ステージⅢ告知。術後1年経たずに肝臓、骨に転移。そこから始まる長い転移ライフ!

「8回目のピアノ発表会」&「年末あいさつ」~今年も有難うございました。

2017-12-29 22:24:33 | ごあいさつ
☆アッピア夫です。

ついに2017年も暮れようとしていますね。
今年はクリスマスシーズンの時期に、8回目となる息子の「ピアノ発表会」が行われました。

生徒の人数が減ったことから、去年よりコンサート会場ではなくサロン的な会場となり、
保護者としては、去年に引き続きリラックスして演奏を楽しめました。

息子は今年も(多分これからもずっと・・・)最年長でした。
去年は唯一の男子だったのですが、今年は小学校低学年の男子が一人増えていて嬉しかったです。

息子が演奏したのは3曲・・・

1曲目は、モーツァルトの「トルコ行進曲」・・・
この曲は、アッピアがよく家で弾いていたので、練習を聴く度にアッピアを思い起こしていました。

2曲目は、「メリークリスマス」・・・
この曲は「嵐」の二宮君の作詞作曲で、「嵐」のアルバムに収められている一曲ですが、
「こんな曲を創る才能があるんだ・・・」と驚く程の、軽快でポップななかなか良い曲です。
息子も大好きな曲だったので、「クリスマスに相応しい1曲を」と言うことで選曲したようです。

3曲目は、「霧のレイクルイーズ」・・・
この曲は、倉本祐基さんと言うピアニストの作曲で、
かの有名な韓国ドラマ「冬のソナタ」のBGMとして流れている曲です。

なかなか綺麗な旋律の素晴らしい楽曲で、去年のピアノ発表会で先生が弾いてくれた曲ですが、
息子が即座に気に入り今回に是非弾きたいと希望していた曲でした。
難しい曲だと思うのですが、ノーミスで終えたので心の中で「よっしゃ!」と叫んでいました。

自分の子供だけでなく、小さな子が一生懸命大きなピアノと格闘する姿は本当に微笑ましいものですが、
演奏の合間にあった先生の「ちょっとした話」もなかなか楽しかったです。

楽器やピアノの種類の話から始まり、楽器によってはビックリする程高額な楽器もあり、
「幅広く奥深い楽器」の話だったのですが、
最後に「お金がかからず誰でも自由に使える楽器は何でしょう?」と言う問いかけがありました。

答えはもちろん・・・「声」ですね。
自分の身体を使って自由に音楽を奏でることが出来る「声」は素晴らしい楽器の一つ・・・
しかも人それぞれ固有のもので、世界に一つしか存在しない唯一無二の楽器になります。

その固有の楽器を使って楽しむことも音楽の一つ・・・
私は、来年2月に行われる「合唱コンクール」を思い起こしていましたが、
合唱曲も決まり、息子も私も今から楽しみにしています。

また、今年は年明け早々に音楽がらみの楽しみにしているイベントがあるのですが、
それについてはまた年明けに・・・

と言うことで、今年もこちらに訪れていただき有難うございました。
来年も日々の「ちょっとした話」を書いていきますので、よろしくお願いいたします。

皆さま、それぞれに楽しいお正月をお迎えください。

2017年12月29日


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「『スター・ウォーズ/最後... | トップ | 「『蜜蜂と遠雷』リーディン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ごあいさつ」カテゴリの最新記事